スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ブンデスリーガ

ドルト“解体”が止まらない。主将、司令塔、10番、守備の要が退団へ (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース



no title


日本代表FW香川真司が所属するボルシア・ドルトムントの“解体”が止まらない。  

今夏既に主将DFマッツ・フンメルスと司令塔MFイルカイ・ギュンドアンの退団が決定しているドルトムント。フンメルスは宿敵バイエルン・ミュンヘンへ、ギュンドアンはマンチェスター・シティへの移籍が決定している。しかし、さらに2選手の退団が決定的となった。

イタリア『ジャンルカ・ディマルツィオ』は26日、ドルトムントの背番号10番を背負うヘンリク・ムヒタリアンが移籍金3800万ユーロ(約43億円)でマンチェスター・ユナイテッド移籍で基本合意に至ったと報じている。さらには守備の要であるDFネベン・スボティッチは自身のFacbookページにて今年限りでドルトムントを退団する意向を発表した。  

全文はソース元で

引用元 : ドルト“解体”が止まらない。主将、司令塔、10番、守備の要が退団へ (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【クロップのドルトムントは”解体” ムヒタリアン、スボティッチも退団!オーバメヤンも】の続きを読む

ファン選定ブンデス年間ベスト11が決定! 香川が全体4位の得票数でトップ下部門を制す (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

香川真司、ブンデス公式のファン選定の年間ベスト11に選出!全体4位の得票数

ブンデスリーガ公式ツイッターを通じて行われたファン投票によるベストイレブンと最優秀監督が出揃い、リーグ2位に終わったドルトムントからは日本代表MF香川真司をはじめ最多6人が選出された。18年連続で観客動員リーグトップを記録するなど、熱狂的なファンに支えられたドルトムントの人気ぶりがうかがえる結果となった。

このベストイレブン投票では、11のポジションと監督の全12カテゴリーごとに各4選手がノミネートされ、ブンデスリーガ公式ツイッターのドイツ語版と英語版で投票が1日1回ずつ行われた。4日の監督投票からスタートし、16日に全カテゴリーの結果が出揃った。  

最多選出となったのは香川をはじめ、トーマス・トゥヘル監督、DFマッツ・フンメルス、DFウカシュ・ピスチェク、MFヘンリク・ムヒタリアン、MFマルコ・ロイスの6人が選ばれたドルトムントだった。  

トップ下部門の香川は、ドイツ語版、英語版ともに候補者4人のなかで最多得票を獲得。全体の4位となる計1万9616票の支持を集めると、今季20得点を挙げたドイツ代表MFトーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン)らを抑えて堂々受賞を果たした。

最多得票数を獲得したのはレバークーゼンのメキシコ代表FWチチャリートことハビエル・エルナンデスで5万9556票。トゥヘル監督の2万1043票、ロイスの2万590票など2位以下に大きな差をつけた。

 投票による最優秀監督とベストイレブンは以下のとおり。
■監督
トーマス・トゥヘル(ドルトムント) 2万1043票 
■GK
マヌエル・ノイアー(バイエルン) 9171票
■右SB
ウカシュ・ピシュチェク(ドルトムント) 1万3068票
■CB(1)
マッツ・フンメルス(ドルトムント) 1万3892票
■CB(2)
ジェローム・ボアテング(バイエルン) 9407票
■左SB
ダビド・アラバ(バイエルン) 1万6225票
■守備的MF
アルトゥーロ・ビダル(バイエルン) 8497票
■左MF
マルコ・ロイス(ドルトムント) 2万590票
■右MF
ヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムント) 1万1299票
■トップ下
香川真司(ドルトムント) 1万9616票
■FW(1)
ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン) 1万4579票
■FW(2)
ハビエル・エルナンデス(レバークーゼン) 5万9556票

全文はソース元で

引用元 : ファン選定ブンデス年間ベスト11が決定! 香川が全体4位の得票数でトップ下部門を制す (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【香川真司、ブンデス公式のファン選定の年間ベスト11に選出!全体4位の得票数】の続きを読む

香川が2戦連発に絶妙アシスト…ドルトムント、圧巻の5ゴールで3連勝 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【ハイライト動画】香川がまたも先制点の1G1Aの大活躍!ドルトムントが5-1で圧勝【スタッツ】

ブンデスリーガ第32節が4月30日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントとヴォルフスブルクが対戦した。香川は4試合連続で先発出場となった。  

2連勝中の2位ドルトムントが、6試合白星から遠ざかっている10位ヴォルフスブルクをホームに迎えての一戦。今節は、首位を走るバイエルンが勝利すれば、2試合を残してリーグ4連覇が決まる。ドルトムントはわずかな希望を繋ぐため、しっかり勝ち点3を挙げたいところ。先発メンバーには、香川に加えて、バイエルンへの移籍希望を公表した主将マッツ・フンメルスや、マルコ・ロイス、アドリアン・ラモスらが名を連ねた。

ドルトムントが5-1の勝利を収めて、3連勝となった。なお、香川はフル出場。一方のヴォルフスブルクは7試合白星から遠ざかる結果となった。

ドルトムントは次節、5月7日に敵地で日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトと対戦。ヴォルフスブルクは、同日に日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVとのアウェーゲームに臨む。

【スコア】
ドルトムント 5-1 ヴォルフスブルク
【得点者】
1-0 7分 香川真司(ドルトムント)
2-0 9分 アドリアン・ラモス(ドルトムント)
3-0 59分 マルコ・ロイス(ドルトムント)
4-0 77分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
5-0 78分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
5-1 86分 アンドレ・シュールレ(ヴォルフスブルク)

全文はソース元で

引用元 : 香川が2戦連発に絶妙アシスト…ドルトムント、圧巻の5ゴールで3連勝 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】香川がまたも先制点の1G1Aの大活躍!ドルトムントが5-1で圧勝【スタッツ】】の続きを読む

香川が先制弾&17歳プリシッチ2戦連発…ドルトムント、3発快勝で14戦無敗 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【ハイライト動画】香川が先制ゴール、フル出場でドルトムントがシュツットガルトに完勝【スタッツ】

ブンデスリーガ第31節が23日に行われ、シュトゥットガルトと日本代表MF香川真司の所属するドルトムントが対戦した。香川はリーグ戦3試合連続で先発出場となった。  

リーグ戦は今節を含めて残り4試合。後半戦に入って10勝3分けと未だ無敗を維持しているドルトムント(勝ち点71)は、首位バイエルン(勝ち点78)と勝ち点差「7」で2位につけてる。今節は敵地に乗り込んで15位シュトゥットガルトとの一戦。逆転優勝への望みを繋ぐため、しっかり勝ち点3を挙げておきたいところ。  

試合は開始21分にドルトムントの先制で動く。左サイドを突破したヘンリク・ムヒタリアンがグラウンダーのクロスを供給。ファーサイドに走り込んだ香川が、倒れ込みながらも右足で合わせて、ゴールネットを揺らした。香川はリーグ戦2試合ぶりのゴールで、今シーズン8点目となった。

試合はこのまま動かず、ドルトムントが3-0で快勝。2連勝で無敗記録を14試合に伸ばした。なお、香川はフル出場。一方のシュトゥットガルトは3連敗で6試合白星から遠ざかる結果となった。
 
シュトゥットガルトは次節、5月2日にアウェーでブレーメンと対戦。ドルトムントは4月30日にヴォルフスブルクをホームに迎える。

【スコア】
ドルトムント 3-0 シュトゥットガルト
【得点者】
1-0 21分 香川真司(ドルトムント)
2-0 45分 クリスチャン・プリシッチ(ドルトムント)
3-0 56分 ヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムント)


全文はソース元で

引用元 : 香川が先制弾&17歳プリシッチ2戦連発…ドルトムント、3発快勝で14戦無敗 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】香川が先制ゴール、フル出場でドルトムントがシュツットガルトに完勝【スタッツ】】の続きを読む

香川が2点に絡む活躍…ドルトが酒井高フル出場のハンブルガーに3発快勝 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【ハイライト動画】香川が2得点を演出&GK退場誘発の活躍でドルトムントが完勝 酒井高徳フル出場【スタッツ】

ブンデスリーガ第30節が17日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントと同DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVが対戦した。  

ドルトムントは、14日に行われたヨーロッパリーグ準々決勝セカンドレグでリヴァプールに2点差をひっくり返されて逆転負け。公式戦3試合で勝利から遠ざかっており、首位を走るバイエルンに食らいつくためにも勝ち点3が欲しい。先発メンバーにはマッツ・フンメルス、イルカイ・ギュンドアン、香川らが入ったが、ピエール・エメリク・オーバメヤンはベンチスタートとなった。

一方のハンブルガーSVは、チームトップのリーグ戦8得点を挙げているニコライ・ミュラーらが名を連ね、酒井も11試合連続で先発入りを果たしている。

このまま試合は3-0のまま終了。ドルトムントはリーグ戦13試合負けなしとした。一方のハンブルガーSVはリーグ戦2連敗となった。

ドルトムントは17日にDFBポカール準決勝で日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと、23日にブンデスリーガ第31節でシュトゥットガルトとそれぞれ敵地で対戦。ハンブルガーSVは22日にブンデスリーガ第31節でブレーメンをホームに迎える。

【スコア】
ドルトムント 3-0 ハンブルガーSV
【得点者】
1-0 38分 クリスチャン・プリシッチ(ドルトムント)
2-0 44分 アドリアン・ラモス(ドルトムント)
3-0 86分 アドリアン・ラモス(ドルトムント)

全文はソース元で

引用元 : 香川が2点に絡む活躍…ドルトが酒井高フル出場のハンブルガーに3発快勝 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】香川が2得点を演出&GK退場誘発の活躍でドルトムントが完勝 酒井高徳フル出場【スタッツ】】の続きを読む

BVBファン、ダービーの陣容に不満 「なぜBチームを送り込んだ」「ローテーションなんか最低」 (ISM) - Yahoo!ニュース

やはりドルトムントファンは不満!トゥヘルが「2軍」で挑んだダービーに「コケにされた気分」

現地時間10日に行なわれたドイツ・ブンデスリーガで、シャルケとの「ルールダービー」に臨み、2対2で引き分けたドルトムント。試合直後に独誌が行なったアンケートには、「なぜBチームを送り込んだんだ」という憤りのコメントが次々と寄せられた。  

『シュポルト・ビルト』誌(電子版)はこれを受け、Facebookを通じて「フンテラールがシャルケを救い、2対2に終わったダービー、この結果はフェア? みんなの意見は?」と質問。終了直後でファンが興奮していたこともあるのか、Facebookには次々と「ドルトムントBチーム」の文字が踊り、失望の声が漏れた。  

すべての投稿者がどこのファンか明記しているわけではないが、コメント欄には「BVB(ドルトムントの略称)はブンデスリーガをもう諦め、EL(ヨーロッパリーグ)に全力ということか」「何をどうしたらダービーにベストメンバーを出さないなんて選択になるんだよ? コケにされた気分だ」「ローテーションなんか最低だ。優勝争いの楽しみをゼロにしてくれてありがとよ、トゥへル」など、憤りの言葉が並んだ。  

もちろん、「ブンデスリーガよりELに集中すべき」「ローテーションなんだから仕方ない」と、この選択も止むを得ないとの声もあり、「なぜそこまでひどく言われるんだ」と先発メンバーのプレーは悪くなかったと擁護するコメントもある。なお、シャルケファンのなかには「最低! Bチームのドルトムント相手になんで勝てない!」と、自軍の不甲斐なさを嘆く人もちらほら見られた。  

また、「自分はバイエルンファンだが、あれだけドルトムントがメンバーを落としていたのには驚いた。これはシャルケが勝つと思ったけど」「自分はどちらのファンでもないけど、なんでダービーにBチームを起用するのか不思議。まだ勝ち点15が残ってるんだから、ダービーにはトップチームを送ればいいのに」「アトレティコファンだけど、ブンデスと違ってリーガは今が熱いよ。ドルトムントがこれ以上リーグを盛り上げられないのも、Bチームの選手を多く使ったのも、残念だ」と、中立の立場からも、ダービーでは本気のぶつかり合いが見たいとの声が多く寄せられた。


全文はソース元で


引用元 : BVBファン、ダービーの陣容に不満 「なぜBチームを送り込んだ」「ローテーションなんか最低」 (ISM) - Yahoo!ニュース

【やはりドルトムントファンは不満!トゥヘルが「2軍」で挑んだダービーに「コケにされた気分」】の続きを読む


清武はブンデスNo.1のチャンスメーカー。ビダル、X・アロンソら名手をも上回る (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

清武がブンデスNo.1チャンスメーカー!5位に香川、7位に原口と日本人選手が奮闘

ハノーファーの日本代表MF清武弘嗣は、ブンデスリーガでナンバーワンのチャンスメーカーのようだ。大手データサイト『opta』が分析している。 レスター岡崎、コーチが選ぶ最高の補強選手に。

今季は負傷欠場も多く、ここまで16試合の出場に留まっている清武だが、44回のチャンスを生み出している。バイエルン・ミュンヘンのアルトゥーロ・ビダルも同じく44回だが、26試合での数字である。1試合あたりのチャンスメーク数は清武が2.75回であるのに対し、ビダルは1.69回で清武が上回る。  

また、3位はバイエルンのシャビ・アロンソ(24試合で38回)、4位はドルトムントのマルコ・ロイス(22試合で36回)となっており、清武はビッグクラブの名手をも凌ぐ。  

なお、『opta』の統計によれば上位7選手のうち3人が日本人選手となっており、5位はドルトムントの香川真司(23試合で34回)、7位はヘルタ・ベルリンの原口元気(27試合で26回)となっている。  


全文はソース元で


引用元 : 清武はブンデスNo.1のチャンスメーカー。ビダル、X・アロンソら名手をも上回る (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【清武がブンデスNo.1チャンスメーカー!5位に香川、7位に原口と日本人選手が奮闘】の続きを読む

20年東京五輪、日本の“秘密兵器”がドイツ1部で争奪戦 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース


未来の日本代表司令塔候補はブンデスで争奪戦に!金城ジャスティンは東京五輪の最終兵器

「日本の秘密兵器」がドイツで争奪戦の渦中にある。2020年東京五輪世代で現在、ドイツの1860ミュンヘンU19のMF金城ジャスティン俊樹(18)が、ドイツ・ブンデスリーガ1部の複数クラブなどで争奪戦になっていることが5日、分かった。  

U19ブンデスリーガで首位に立つチームの主力ボランチで、すでに飛び級でU21でもプレー。関係者によるとドイツ1部の複数チームに加え、1860ミュンヘンもトップチームに昇格させるプランもある。

「テクニックやパスセンスがあり、ゲームを読める。課題はフィジカル面」と関係者。G大阪の元日本代表MF遠藤のようなプレースタイルで、評価を高めている。  

今秋にはドイツ代表FWトーマス・ミュラー(バイエルン)が契約するルートヴィッヒ・ケーグル氏のエージェント会社「ケーグル&パートナーズ」社と契約を結んだ。  

金城は米国人の父と日本人の母の間に97年に生まれたため、2020年の東京五輪に出場できる資格を持つ。兄はJ3琉球に所属するクリストファー達樹。ハーフのため、米国代表入りの可能性もあり、すでにU―21米国代表のコーチが複数回視察。今後は日米の代表での争奪戦も予想される。  

本人は日本代表入りを希望しているだけに東京五輪の「秘密兵器」の去就に注目が集まる。

全文はソース元で

引用元 : 20年東京五輪、日本の“秘密兵器”がドイツ1部で争奪戦 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

【未来の日本代表”司令塔”候補はブンデスで争奪戦に!金城ジャスティンは東京五輪の最終兵器】の続きを読む

香川の貴重な決勝ゴールでドルトが劇的勝利…バイエルンとの勝ち点差5に | サッカーキング


香川が劇的”救世主弾”でドルトムントを勝利に導く!今季ホーム無敗のヴォルフスに競り勝つ【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】

ブンデスリーガ第15節が5日に行われ、ヴォルフスブルクと日本代表MF香川真司の所属するドルトムントが対戦した。香川は今シーズンのリーグ戦で初のベンチスタートとなった。  

2位のドルトムントが、3位ヴォルフスブルクのホームに乗り込んでの上位対決。勝ち点「32」のドルトムントは、第13節ハンブルガーSV戦でリーグ戦2敗目を喫したものの、前節シュトゥットガルト戦で4-1の快勝を収め、嫌な流れを断ち切った。今節は、勝ち点差「8」で首位のバイエルンが、ボルシアMGに敗れて今シーズン初黒星を喫したため、2連勝を収めてしっかり勝ち点差を詰めておきたいところ。対して、勝ち点「25」のヴォルフスブルクは、ホームで29試合連続無敗をキープ。前節はアウェーでアウクスブルクとスコアレスドローに終わったが、今節は得意のホームで今シーズン8勝目を狙う。  

試合は、ドルトムントが立ち上がりから積極的にプレスをかけて主導権を握るものの、なかなか得点を奪えない。3分、イルカイ・ギュンドアンがペナルティエリア前中央でのFKで直接狙うがクロスバーに直撃。5分には、ヘンリク・ムヒタリアンの右クロスにスヴェン・ベンダーが合わせるが、これもクロスバーに嫌われた。

ヴォルフスブルクは、8日にチャンピオンズリーグ・グループステージ最終節のマンチェスター・U戦をはさみ、リーグ戦次節でDF酒井高徳の所属するハンブルガーSVと対戦。ドルトムントは、10日にヨーロッパリーグ・グループステージ最終節のPAOK戦をはさみ、リーグ戦次節は日本代表MF長谷部誠の所属するフランクフルトをホームに迎える。

【スコア】
ヴォルフスブルク 1-2 ドルトムント

【得点者】
0-1 32分 マルコ・ロイス(ドルトムント)
1-1 90+1分 リカルド・ロドリゲス(PK)(ヴォルフスブルク)
1-2 90+3分 香川真司(ドルトムント)

全文はソース元で

引用元 : 香川の貴重な決勝ゴールでドルトが劇的勝利…バイエルンとの勝ち点差5に | サッカーキング

【香川が劇的”救世主弾”でドルトムントを勝利に導く!今季ホーム無敗のヴォルフスに競り勝つ【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

武藤が今季7点目でマインツ2戦ぶりの勝利…長谷部は終盤まで出場 | サッカーキング


武藤が先制点を奪いマインツがフランクフルトに辛勝 長谷部は先発出場【ハイライト動画】

ブンデスリーガ第14節が28日に行われ、日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツと同MF長谷部誠が所属するフランクフルトが対戦した。武藤はFWで13試合連続の先発出場、長谷部は右サイドバックで5試合連続の先発出場を果たしている。  

前節、マインツはFW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンと対戦し、スコアレスドローに終わった。これで順位を2つ落とし、11位につけている。一方、12位のフランクフルトは前節のレヴァークーゼン戦を1-3で落とし、3試合未勝利。敵地とはいえ、ここで勝ち点3を奪いたいところだ。  

試合は開始早々に動く。6分、マインツはゴール前のユリアン・バウムガルトリンガーが右サイドへ展開すると、パブロ・デ・ブラシスが入れたグラウンダーのクロスを武藤が左足アウトで押し込み、先制ゴールを奪った。武藤にとっては3試合ぶり、今シーズン7ゴール目。また、直近の5試合で5ゴール目となった。  

終盤はフランクフルトが猛攻を仕掛けたが、マインツがなんとか逃げ切り、2-1で2試合ぶりの勝利を収めた。なお、武藤は81分まで出場、長谷部は84分まで出場した。  

次節、マインツは敵地でDF酒井高徳が所属するハンブルガーSVと、フランクフルトはホームでダルムシュタットと対戦する。

【スコア】

マインツ 2-1 フランクフルト

【得点者】

1-0 6分 武藤嘉紀(マインツ)

2-0 42分 ユヌス・マッリ(マインツ)

2-1 62分 ハリス・セフェロヴィッチ(フランクフルト)

全文はソース元で

引用元 : 武藤が今季7点目でマインツ2戦ぶりの勝利…長谷部は終盤まで出場 | サッカーキング

【武藤が先制点を奪いマインツがフランクフルトに辛勝 長谷部は先発出場【タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

このページのトップヘ