スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

イングランド代表

悪夢のEURO16強敗退のイングランド代表14選手を英メディアが酷評 「最悪の夜」「代表の格なし」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


EUROベスト16で敗退のイングランド代表選手を英紙が酷評「代表の格ナシ」

イングランド代表は欧州選手権(EURO)フランス大会の16強で、伏兵アイスランドに1-2でまさかの敗戦を喫した。英公共放送「BBC」では、屈辱を味わったチームを採点し、全員に落第点を与えた。「完全なる悪夢」「とんでもない大会」「代表選手の格なし」などと酷評のオンパレードで、不発のチームを一刀両断にしている。

出場選手はプレー時間の短さから評価なしになったマンチェスター・ユナイテッドFWマーカス・ラッシュフォード以外は、全員が落第点の「4点」で並んだ。そして各選手の寸評では、滅多斬りにされている。

今大会活躍したボランチのMFエリック・ダイアー(トットナム)については、「いいトーナメントだった。4試合に先発した4選手の1人だったが、月曜日はスピードについていけず。ハーフタイムに交代になったが、復活するだろう」と、アイスランド戦では不振により落第点になったが、将来は有望と初めて前向きな評価が書かれていた。
 
大会前から次代のスター候補として期待されていた20歳MFデレ・アリ(トットナム)は、「この試合でインパクトを残せずに苦しんだ。実際のところ、EURO2016でインパクトを残せなかった」とバッサリ。
 
中盤に入った主将のMFウェイン・ルーニー(マンチェスター・ユナイテッド)は「これまでは好プレーを見せていたが、代表で最悪のパフォーマンス。後半ここまで多くのパスミスは見たことがなかった」と厳しく批判している。
 
今大会あまりの不振によってイングランドサポーターからも罵詈雑言を浴びていたFWラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)は、「彼の自信に疑問があるにもかかわらず、驚きの先発復帰だった。ペナルティーを獲得したが、自信なさげに見えた。途中交代に」と、驚きの先発にもある程度応えたと評価されている。

全文はソース元で

引用元 : 悪夢のEURO16強敗退のイングランド代表14選手を英メディアが酷評 「最悪の夜」「代表の格なし」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【EUROベスト16で敗退のイングランド代表選手を英紙が酷評「代表の格ナシ」】の続きを読む

イングランド代表に変化を求めるX・アロンソ「順応していくべき」 | サッカーキング

シャビ・アロンソ「イングランド代表はパスサッカーに順応しなければならない」

バイエルンに所属する元スペイン代表MFシャビ・アロンソが、イギリス紙『タイムズ』のインタビューで、イングランドのサッカー文化について語った。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。  

X・アロンソは、イングランド代表が今こそパスを中心とし組み立てるサッカー文化に変えるべき時だと主張。しかしながら、イングランドのメンタリティはサポーターにしっかりと根付いているため、変えるには時間がかかるだろうと認めている。

「イングランドのフットボールは歴史や伝統的なスタイルのいいところを維持しなければならない。だが同じく、(パスサッカーに)順応するべきだろうね。ただ、文化を変えるには時間がかかる。中盤でパスを3本、4本、5本と回して、決定的なチャンスを作り出す瞬間を待つ。でも、それは『ボールを前に出せ!』と思っているサポーターの望みとは違う」

「リヴァプールのアカデミーの選手のインタビューを覚えている。“君の強みは何?”と質問されて、“僕の強みはタックルだ”と応えていた。それを読んで僕は悲しかった。中盤の選手として悲しいと思った。僕はいいタックルをすることは好きだ。でも、それが強みになってはならない」  

また、同選手は、イングランド代表の中でもマンチェスター・U所属のMFマイケル・キャリックを称賛。「キャリックを見ていると自分のようだと思う。スペイン代表でもプレーができるだろう。マンチェスター・Uでは非常に重要な選手だ。ポール・スコールズと組んでいた時は完璧な機械のようだったことを覚えている。キャリックは常に正しいポジションを取り、スコールズが動き回っていた。特別な仕事をしていた」と語った。  

さらに、X・アロンソは、「代表チームでは、キャリックがマンチェスター・Uで行なっている重要な役割を担っていない。チームを向上させるためには、彼が重要な選手になれるのに、そうではない」とコメント。批判されることの多いキャリックがイングランド代表で正しく使われていないと主張している。  

全文はソース元で

引用元 : イングランド代表に変化を求めるX・アロンソ「順応していくべき」 | サッカーキング

【シャビ・アロンソ「イングランド代表はパスサッカーに順応しなければならない」】の続きを読む

ウェイン・ルーニーが伝説のチャールトン越え! イングランド代表の通算最多得点記録を更新! (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

ウェイン・ルーニーがイングランド代表最多得点記録を50ゴールに更新!チャールトンも祝福【ハイライト動画あり】

ウェイン・ルーニーがイングランド代表の通算得点記録を塗り替えた。  

9月8日にホームのウェンブリー・スタジアムで行なわれたEURO2016予選のスイス戦(2-0)で、ルーニーは84分にPKを決めて代表通算50得点とし、5日の同予選・サンマリノ戦(6-0)で肩を並べていたボビー・チャールトンの歴代最多得点記録の49得点を上回った。

イングランド代表の歴代最多出場記録は、往年の名GKピーター・シルトンの125試合で、29歳で107試合に出場しているルーニーはその記録更新も視野に入る。

イングランドは前述のサンマリノ戦の勝利でEURO2016本大会出場を決めている。

【イングランド代表歴代得点ランキング】
50得点
ウェイン・ルーニー
(107試合)
49得点
ボビー・チャールトン
(106試合)
48得点
ガリー・リネカー
(80試合)
44得点
ジミー・グリーブス
(57試合)
40得点
マイケル・オーウェン
(89試合)
30得点
ナット・ロフトハウス
(33試合)
アラン・シアラー
(63試合)
トム・フィニー
(76試合)
29得点
ヴィヴィアン・ウッドワード
(76試合)
29得点
フランク・ランパード
(106試合)


全文はソース元で

引用元 : ウェイン・ルーニーが伝説のチャールトン越え! イングランド代表の通算最多得点記録を更新! (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【ウェイン・ルーニー、イングランド代表最多得点記録を50ゴールに更新!チャールトンも祝福【ハイライト動画あり】】の続きを読む

“エドモントンの悲劇”英紙「考えられる限り最も悲痛な結末」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

なでしこにオウンゴールで敗退の英代表 英紙は「最も悲痛な結末」と大きく報道

[7.1 女子W杯準決勝 日本2-1イングランド エドモントン]  

イングランド女子代表は1日、日本女子代表(なでしこジャパン)と女子W杯の準決勝を戦い、1-2で敗れた。イングランドは4日にドイツ女子代表と3位決定戦を戦う。  

イングランドにとってはこれ以上ない悲劇的な敗戦になった。1-1で迎えた後半アディショナルタイム2分、MF川澄奈穂美の上げたクロスボールをDFローラ・バセットがカットする。しかしこのクリアボールは無情にもクロスバーを叩いてゴールラインを越えたところで着地した。  

この“エドモントンの悲劇”とも言うべき事実を、イングランドメディアも電子版で大きく伝えている。『メトロ』は「考えられる限り最も悲痛な結末」と見出しを付け、『ガーディアン』は「オウンゴールでイングランドの夢が終了した」、『テレグラフ』は「最後のキックのオウンゴールでイングランドが傷心」と記している。

全文はソース元で

引用元 : “エドモントンの悲劇”英紙「考えられる限り最も悲痛な結末」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【なでしこにオウンゴールで敗退の英代表 英紙は「最も悲痛な結末」と大きく報道】の続きを読む

元イングランド代表DFファーディナンドが現役引退を発表 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

リオ・ファーディナンドが現役引退を発表「他の選手をテレビで見る時が来た」

QPRの元イングランド代表DFリオ・ファーディナンドが30日、今季限りで現役を引退することを発表した。  

ファーディナンドは英メディア『BTスポーツ』の取材に「今シーズンでスパイクを脱ぐ。自宅に戻り、他の選手がプレーするのをテレビで見るときが来たんだ」と答え、今季限りでの引退を明らかにした。
 
36歳の元イングランド代表DFは昨年10月に英国のテレビ番組で今季限りでの引退を示唆していた。今月1日には、妻のレベッカさんが乳がんのため34歳の若さで死去。悲しみに暮れる中、ピッチを離れる決断を下した。

全文はソース元で

引用元 : 元イングランド代表DFファーディナンドが現役引退を発表 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【リオ・ファーディナンドが現役引退を発表「他の選手をテレビで見る時が来た」】の続きを読む

イングランド、2018年W杯をボイコットか。FIFA会長辞任を要求 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

イングランド、ロシアW杯のボイコットの可能性!!FIFAブラッター会長辞任を要求

イングランドサッカー協会(FA)のグレッグ・ダイク会長が29日、イングランドが2018年ワールドカップをボイコットする可能性を示唆した。英紙『デイリー・ミラー』が報じている。  

ダイク会長は28日に国際サッカー連盟(FIFA)ゼップ・ブラッター会長に対して「辞任すべき」と語っていた。加えて本日同氏は「欧州サッカー連盟(UEFA)は撤退することができると語った。ブラッター会長が再選されれば、それについて検討されるべきだろう」と語り、ボイコットの可能性を示唆している。

全文はソース元で

引用元 : イングランド、2018年W杯をボイコットか。FIFA会長辞任を要求 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【イングランド、ロシアW杯のボイコットの可能性!!FIFAブラッター会長辞任を要求】の続きを読む

イングランド代表監督、ジェラードとランパードのコーチ陣入りを希望 | サッカーキング

ジェラードとランパードのイングランド代表のコーチ陣入りを希望!!ホジソン監督が2人を称賛する

イングランド代表を率いるロイ・ホジソン監督は、今シーズン限りでプレミアリーグを去る、リヴァプール所属のMFスティーヴン・ジェラードとマンチェスター・C所属のMFフランク・ランパードに、現役引退後の同代表コーチ陣入りを希望している。イギリスメディア『スカイスポーツ』が22日に報じた。  

両選手が現役引退後にイングランド代表でコーチを務める可能性を問われたホジソン監督は、「おそらくイエスだ」と答えるも、「だがその前に、彼らが(引退して)戻ってきた時、リヴァプールとチェルシーがまず迎え入れるだろうね。確信しているよ」とコメント。両選手の引退後は長年所属したクラブが迎えると見込んでいる。  

しかし、「彼らがイングランド代表のコーチ陣にはなれないと、誰が言ったんだ?彼らは間違いなくイングランドのことを知っている。両選手とも代表で100試合は出場していて、彼らはプレーの能力だけではなく、リーダシップのクオリティーも高い」と語ると、「2人とも(監督やコーチとしての)能力は持っている。イングランドサッカー界への彼らの貢献は驚くべきものだよ」とコメントし、両選手が将来イングランド代表にコーチや監督として復帰することを望んでいる。  

さらに同監督は、長年代表でプレーしてきたジェラードとランパードを次のように称賛している。

「私が率いるイングランド代表でも、彼らの貢献は素晴らしい物だった。選手としてだけではなくリーダーとして、さらに人柄も素晴らしかった。心の底から彼らには感謝しているよ」

「他の選手にとって、彼らは手本となる選手だった。良い選手だという事実で、彼らは自然と権威をもっていた。だた、彼らは若手選手を刺激するために、それを正しく使っていたね」

「彼らの貢献には十分感謝を仕切れないほどだ。彼らがアメリカでの冒険を楽しめることを祈っている。彼らは、1人の人間としても、リーダーとしても、より強くなって帰ってくるだろうね」

「これから私たちは、彼らが残してきた恩威を目の当たりにするだろう。彼らの大きな貢献なくして、イングランドサッカー界の将来を想像できないよ」

全文はソース元で

引用元 : イングランド代表監督、ジェラードとランパードのコーチ陣入りを希望 | サッカーキング

【ジェラードとランパードのイングランド代表のコーチ陣入りを希望!!ホジソン監督が2人を称賛する】の続きを読む

【イングランド代表メンバー】9部のレンガ職人から代表へ、FWオースティンが初招集 (ISM) - Yahoo!ニュース

イングランド代表に”元レンガ職人”だったオースティンが選出!!シンデレラ・ストーリーに

イングランド代表のロイ・ホジソン監督は現地時間21日(以下現地時間)、来月の国際親善試合とEURO2016予選に臨む代表メンバー24名を発表。6年前はレンガ職人だったQPRのFWチャーリー・オースティン(25)が初招集を受けた。  

現在QPRに所属するオースティンだが、6年前の2009年はレンガ職人として働き、その傍らでサッカーをするという生活を送っていた。朝6時に起床し建築現場に赴いてフルタイムで働き、終業後にプールタウン(9部)でパートタイムの選手としてプレーしていた。  

しかし、そこから着実にステップアップした同選手は、今季プレミアリーグで得点ランク4位、イングランド人の選手としては2位の17ゴールを記録。マンチェスターC、チェルシー、アーセナルといった強豪からもゴールを奪い、大きなインパクトを残している。ダニエル・スターリッジ(リヴァプール)が負傷中、ハリー・ケインら若手がU-21代表に招集されるなど、FW陣が駒不足となっているイングランド代表において、フル代表のユニフォームに袖を通すまで、あと一歩というところまで上り詰めた。  

ホジソン監督は「イングランド代表でのプレーが、今でもすべての意欲あるサッカー選手にとって、夢であると考えたい。もし今回の選考がその役に立つのであれば、とても有益なことだと私は思う」

「オースティンが優秀な選手だということは分かっているが、そのほかにも、人間性も素晴らしいとの評判を耳にしている」とコメントした。  

なお、28歳のヴァーディも4季前はノンリーグでプレーしていた選手。今季はレスターで大半を控えとして過ごしていたが、残留争いが佳境に入った終盤戦で際立った活躍を披露。ここ8試合で6勝を挙げて残留を決めたチームで、確かな存在感を示していた。

イングランドは6月7日にアイルランドと国際親善試合を行なったのち、14日にスロベニアとの敵地でのEURO2016予選に臨む。(STATS-AP)

=以下、イングランド代表メンバー=

GK
ロバート・グリーン(QPR)
ジョー・ハート(マンチェスターC)
トム・ヒートン(バーンリー)
DF
ライアン・バートランド(サウザンプトン)
ギャリー・ケーヒル(チェルシー)
ナサニエル・クライン(サウザンプトン)
キーラン・ギブス(アーセナル)
フィル・ジャジエルカ(エヴァートン)
フィル・ジョーンズ(マンチェスターU)
クリス・スモーリング(マンチェスターU)
MF
ロス・バークリー(エヴァートン)
ファビアン・デルフ(アストンヴィラ)
ジョーダン・ヘンダーソン(リヴァプール)
アダム・ララーナ(リヴァプール)
ライアン・メイソン(トッテナム)
ジェイムズ・ミルナー(マンチェスターC)
ラヒーム・スターリング(リヴァプール)
アンドロス・タウンゼント(トッテナム)
テオ・ウォルコット(アーセナル)
ジャック・ウィルシャー(アーセナル)
FW
チャーリー・オースティン(QPR)
ウェイン・ルーニー(マンチェスターU)
ジェイミー・ヴァーディ(レスター)
ダニー・ウェルベック(アーセナル)


全文はソース元で

引用元 : 【イングランド代表メンバー】9部のレンガ職人から代表へ、FWオースティンが初招集 (ISM) - Yahoo!ニュース

【イングランド代表に”元レンガ職人”だったオースティンが選出!!シンデレラ・ストーリーに】の続きを読む

英3部クラブが元マンUのスコールズ氏に監督就任オファー (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

2-26,15 sco

イングランド3部リーグ所属のオールドハム・アスレチックが元マンチェスター・ユナイテッドのレジェンド、ポール・スコールズ氏に監督就任オファーの準備があるようだ。25日の英紙『マンチェスター・イブニングニュース』が伝えている。  

オールドハムは、リー・ジョンソン監督が同リーグのバーンズリーFCに移籍。現在監督不在となり、そのポストが空いている。

監督を探すオールドハムは、同クラブのファンと公言しているスコールズ氏に目を付けたようだ。  

スコールズ氏は2011年に現役を引退し、ユナイテッドのアシスタントコーチとなった。しかし、サー・アレックス・ファーガソン元監督の説得により半年後に現役復帰。2013年5月に改めて現役を退いた。  現在はフリーの状態であり、本人も監督として働きたいという希望を持っている。

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150226-00010005-footballc-socc

【元マンUのスコールズに英3部クラブが監督就任のオファー】の続きを読む

観客動員減少のウェンブリー、ルーニーの記録達成には8万人が駆けつける? | フットボールチャンネル | サッカー情報満載!

11-7,14 eng

イングランド代表は今月15日にホームでスロベニアとのEURO2016予選、18日にはフレンドリーマッチでスコットランド代表と対戦する。  

最近の日本では代表戦ともなれば毎試合のようにチケットが完売。普段サッカーを見ない層までも巻き込む一大コンテンツとなっている。  一方、”サッカーの母国”とも言われるイングランドでは先のブラジル・ワールドカップで敗退。こうした近年の芳しくない成績の影響で、代表戦の観客動員は減少傾向にあった。  

9月にウェンブリー・スタジアムで行われたW杯後初の試合、ノルウェー戦の観客は4万181人。これは最大9万人を動員するこの超巨大スタジアムでの代表戦史上最低の記録となった。  

しかし、その暗いムードにも光が差し始めている。15日のスロベニア戦のチケット売上は好調。4日付の英紙『インディペンデント』によれば、この試合には8万にを超える観客がウェンブリーに来場する見込みだという。

全文はソース元で


引用元 : http://www.footballchannel.jp/2014/11/06/post54551/

【イングランド代表戦の観客動員数が減少・・・。しかし、ブラジルW杯後の好調、ルーニーの記録達成でウェンブリーに光が◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ