スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ドイツ代表

ドルトムントに大打撃! 香川の相棒ロイスが全治6カ月の重傷と判明、年内復帰は絶望か (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


ロイス、全治6ヶ月の重症で今年が終了!香川の肩にドルトムントの未来が

EUROメンバーも落選した“悲劇の天才” 独紙が内転筋の腱断裂と報じる 負傷により欧州選手権(EURO)のメンバー登録から漏れたドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイスは内転筋の腱断裂による重傷であることが判明。6カ月の長期離脱も予測されるなど、ドルトムントに大打撃となっている。独紙「ビルト」が報じた。

ロイスは5月21日に行われたバイエルン・ミュンヘンとのDFBポカール決勝で負傷。EUROまでの回復が見込めず、ヨアヒム・レーブ監督は苦渋の決断の末にロイスをメンバー外とした。14年ブラジル・ワールドカップでも負傷の影響で落選となっていた27歳は、ドルトムントで今季まで同僚だったMFイルカイ・ギュンドアンとともに無念のメジャートーナメント連続欠場となった。  

そのロイスの苦難は長期化しそうだ。負傷は内転筋の腱断裂という重傷で、ケルンスポーツ大学のインゴ・フロブーゼ教授によれば、通常これだけの負傷の場合は「休養期間は6カ月が現実的」とのこと。ロイスは来季の開幕はおろか、2016年中の復帰も困難な状況だという。

彼らの放出に加えて残留確実と見られるロイスが長期離脱となれば、来季は今季とまるで異なったチームでの始動が求められる。2年目を迎えるトーマス・トゥヘル体制のチーム、そしてロイスらと好連携を見せてきた日本代表MF香川真司にとっても、厳しいシーズンの幕開けとなりそうだ。

全文はソース元で

引用元 : ドルトムントに大打撃! 香川の相棒ロイスが全治6カ月の重傷と判明、年内復帰は絶望か (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ロイス、全治6ヶ月の重症で今年が終了!香川の肩にドルトムントの未来が】の続きを読む

バイエルンは0! ここ5年間で最も多くのドイツ代表を輩出したクラブは? (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

バイエルン、ここ5年間でドイツ代表の輩出は「0」!最も多くデビューさせているのは・・・

しかし『キッカー』によると、ここ5年間バイエルンはドイツ代表選手を輩出していない。ここでいう「輩出」とはデビューさせたという意味だ。また、ここでは初めてドイツ代表デビューした際に所属していたクラブを対象としているので、今の所属クラブとは違っている選手も多数存在する。レンタル移籍をしている場合でも、所属元ではなく、プレイしていたクラブを表記している。

では、最も多く代表選手を輩出しているのはどこのクラブだろうか。

・ヴォルフスブルク(1名):MFマクシミリアン・アーノルド(2014)

・シュツットガルト(1名):DFアントニオ・リュディガー(2014)

・ケルン(1名):DFヨナス・ヘクター(2014)

・ハノーファー(1名): GKロン=ロベルト・ツィーラー(2011)

・フランクフルト(1名):MFセバスティアン・ユンク(2012)

・アウグスブルク(1名):MFアンドレ・ハーン(2014)

・ホッフェンハイム(2名):FWケヴィン・フォラント(2014)、MFセバスティアン・ルディ(2014)

・マインツ(3名):FWアンドレ・シュールレ(2010)、MFルイス・ホルトビー(2010)、FWニコライ・ミュラー(2013)

・ボルシアMG(4名):MFマルコ・ロイス(2011)、GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲン(2012)、MFクリストフ・クラマー(2014)、MFパトリック・ヘアマン(2014)

・レヴァークーゼン(4名):MFラース・ベンダー(2011)、MFシドニー・サム(2013)、MFフィリップ・ヴォルシャイト(2013)、FWカリム・ベララビ(2014)

・フライブルク(4名):FWマックス・クルーゼ(2013)、DFマティアス・ギンター(2014)、DFクリスティアン・ギュンター(2014)、DFオリヴァー・ゾルク(2014)

・シャルケ(5名):DFベネディクト・ヘーヴェデス(2011)、MFユリアン・ドラクスラー(2012)、MFロマン・ノイシュテッター(2012)、MFレオン・ゴレツカ(2014)、MFマックス・マイヤー(2014)

・ドルトムント(6名):MFマリオ・ゲッツェ(2010)、DFマルセル・シュメルツァー(2010)、MFスヴェン・ベンダー(2011)、MFイルカイ・ギュンドアン(2011)、GKロマン・ヴァイデンフェラー(2013)、DFエリック・ドゥルム(2014)

ここ5年間では、ドルトムント、シャルケ、さらには中堅クラブのフライブルクがドイツ代表選手を多く輩出しているという結果になった。

全文はソース元で

引用元 : バイエルンは0! ここ5年間で最も多くのドイツ代表を輩出したクラブは? (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【バイエルン、ここ5年間でドイツ代表の輩出は「0」!最も多くデビューさせているのは・・・】の続きを読む

混迷する世界王者。「ドイツの時代」は早くも終焉か… (webスポルティーバ) - Yahoo!ニュース

サッカー世界王者ドイツ代表の”時代”は早くも終焉!?

一年前のブラジルW杯で、優勝カップを高々と掲げるドイツ代表を見て、世界中の誰もが「これからは”ドイツの時代”になる」と、想像したのではないだろうか。

ユーロ予選で見えてきた「2015年ヨーロッパ新勢力図」  2000年から本格的に始まったドイツサッカーの再建計画。その成果がようやく実を結んで、ドイツは4度目のW杯制覇を遂げた。しかも、ブラジル相手に7-1で勝つなど、その強さは群を抜いていた。そのうえ、次世代を担う若いタレントたちが続々と登場していることを思えば、当分の間、ドイツが世界の頂点に君臨し続けるのではないか、と考えるのも当然だろう。  

ところが、2014年9月から始まったユーロ2016予選では、ブラジルW杯のときには予想もできなかった事態が待ち構えていた。

ここまでのユーロ予選の成績は、4勝1分け1敗の勝ち点13。首位の座をポーランドに譲って、目下グループ2位に甘んじている。また、6月10日にはホームでアメリカ代表との親善試合を消化したが、ここでも1-2と逆転負け。一年前の強さが嘘のように、ドイツ代表は今、停滞している。
 
いったい、ドイツ代表に何が起こっているのか? こうした状況に陥ったのは、主にふたつの理由が考えられる。
 
ひとつは、W杯後、主力選手に故障者が続出していることだ。この一年を振り返ってみると、シーズンを通してパフォーマンスを維持できていた主力選手は、FWミュラー(バイエルン)、MFクロース(レアル・マドリード/スペイン)、GKノイアー(バイエルン)くらいのもの。逆に、MFシュバインシュタイガー(バイエルン)をはじめ、MFロイス(ドルトムント)、MFエジル(アーセナル/イングランド)、MFケディラ(レアル・マドリード/スペイン→ユベントス/イタリア)、DFフンメルス(ドルトムント)、DFヘヴェデス(シャルケ)……と、故障に悩まされた選手は、その名を挙げればきりがない。
 

W杯優勝の立役者である選手たちが、それだけ戦列を離れてしまっては、若手でその穴を埋めるにもさすがに無理がある。その結果、レーヴ監督のチーム作りもままならず、それがそのままチームの成績にも大きな影響を及ばしたことは間違いない。
 ふたつ目は、DFラーム(バイエルン)、FWクローゼ(ラツィオ/イタリア)、DFメルテザッカー(アーセナル/イングランド)と、チームの主軸だった3人のベテランが代表を引退したこと。とりわけ、主将として長年チームを引っ張ってきたラームと、得点源だったクローゼが抜けた穴は大きく、故障者が続出したこと以上に深刻な問題と言える。

しかしW杯後、クローゼの後釜として1トップに起用されているFWゲッツェ(バイエルン)は、レーヴ監督が志向するサッカーには合っていない。W杯決勝のアルゼンチン戦でゴールを決めた国内きってのスター選手だが、ドリブルやパスなど抜群のテクニックが売りで、前で簡単にさばくようなタイプではない。そのため、彼のところにボールが入ると、どうしても攻撃に時間を要してしまうのだ。

それに、ゲッツェはクローゼのような純粋なストライカーではない。チャンスメイクはできても、ゴール前の潰れ役になったり、泥臭いゴールを決めたりといった、クローゼが得意とするプレイはできない。おかげで、ドイツらしい攻撃の形、リズムというものが確立できず、得点が減少している。
 
ならば、ゲッツェは2列目に回して、他の選手を1トップに起用すればいいのだが、その人材もドイツには不足している。誰もが、帯に短し襷(たすき)に長しといったところだ。
 
2列目の真ん中やサイドアタッカー、そしてボランチ、センターバック、GKには、他国がうらやむような豪華なタレントをふんだんにそろえるドイツ。だが、世界を制したサッカーを実践するには、やはりサイドバックと1トップが肝。それらを務める適任者が決まらない限り、負傷者たちが復帰しても、ドイツの苦戦は続くかもしれない。
 
唯一の希望は、現在開催されているユーロU-21(U-21欧州選手権)に出場しているメンバーが、今夏から合流し、代表チームが再編成されること。U-21代表には優秀な選手が多く、そこから1トップやサイドバックを埋められる人材が発掘できれば、問題は改善に向かうのではないだろうか。

鈴木良平●解説

全文はソース元で

引用元 : 混迷する世界王者。「ドイツの時代」は早くも終焉か… (webスポルティーバ) - Yahoo!ニュース

【サッカー世界王者ドイツ代表の”時代”は早くも終焉!?】の続きを読む

ドルトムントMFギュンドアン、“親友”香川真司は「一緒にいて楽しいし、大好き」 | サッカーキング

ギュンドアン、ニコ生で”牛丼”を食べる!!香川とは「一緒にいて楽しい、大好き」

ドルトムントに所属するドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが、平日12時からニコニコ生放送で放送している『サッカーキング ハーフ・タイム』に生出演した。  

クラブでは日本代表MF香川真司と仲が良いことで知られているギュンドアンだが、「たくさん遊んでいるよ。最初にドルトムントへ移籍してきた時、同じアパートに住んでいたんだ。いつも一緒に夕食を食べに行ったりしていたよ。マンチェスター・ユナイテッドへ移籍した後も連絡を取っていたし、今では友情という一言では語れない、親友だと思っている。一緒にいてすごく楽しいし、大好きだよ」と、その親密度をうかがわせ、「昨日も一昨日も会ったよ(笑)」と来日後、すでに交流があったことを明かした。  

放送内で、現代のプレーヤーに求められる理想の選手像を聞かれ、「理想的な選手はいないと思う。いろいろな選手がいるからサッカーはこんなに楽しい試合になるんだ。サッカー選手になるのは大変だけど、なり方は人それぞれ。若くしてプロになる選手もいれば、大人になってからプロになる人もいる。色々な人がいるからスポーツは素敵なものなんだと思う」と、自身の見解を語ったギュンドアン。

全文はソース元で

引用元 : ドルトムントMFギュンドアン、“親友”香川真司は「一緒にいて楽しいし、大好き」 | サッカーキング

【ギュンドアン、ニコ生で”牛丼”を食べる!!香川とは「一緒にいて楽しい、大好き」】の続きを読む

キーパー大国ドイツのハイレベルすぎる選手層…CL優勝GKがU-21代表でも控えに | サッカーキング

”キーパー大国”ドイツのハイレベルすぎるポジション争い CL優勝のバルサGKはU-21でも控え

「現代最高のGKは誰か?」と問われれば、見る人によって様々な答えが挙がるに違いない。だが、その回答をリスト化すれば、かなりの割合で「マヌエル・ノイアー」の名前が含まれるだろう。2014年度のFIFAバロンドール最終候補にも名を連ねた29歳のノイアーは、世界的に見ても頭ひとつ抜きん出た存在となっている。  

もっとも、そのノイアーですら、いつまでもドイツ代表の「背番号1」が安泰なわけではない。17日に開幕するU-21欧州選手権(チェコ)で、ドイツU-21代表の守護神の座を争っている2人の名前を見てほしい。マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)と、ベルント・レノ(レヴァークーゼン)。他の国であればA代表の正GKを争えるだけの実力者が、U-21代表でしのぎを削っているのだ。  

メンヒェングラードバッハ出身のテア・シュテーゲンは4歳で地元のボルシアMGに入団した。トップデビューは2011年4月、わずか18歳の時。シーズン終盤戦で、チームは降格の危機にあるという難しい状況の中、落ち着いたプレーで1部残留に貢献すると、2012年の欧州選手権前には代表候補として初招集された。2012年の欧州選手権、そして昨年のワールドカップこそ最終メンバー入りを逃したとはいえ、昨年夏には1200万ユーロでバルセロナに移籍し、キャリアを大きくステップアップさせた。チャンピオンズリーグと国王杯で決勝の舞台に立ち、加入1年目にして3冠に貢献した活躍は記憶に新しい。  

一方のレノは、2011-12シーズン開幕直後にドイツ代表GKレネ・アドラーが負傷したため、シュトゥットガルトからレンタルで移籍。ブンデスリーガデビューを飾ると、そのまま正GKに定着してアドラーをハンブルガーSVへと追いやった。レヴァークーゼンはそのシーズン、レンタル加入からわずか4カ月の時点で、レノを完全移籍させている。19歳のGKに費やした移籍金は800万ユーロ。彼の才能がいかに高く評価されたかがうかがえる数字だ。  

U-21欧州選手権予選では、これまでどおりレノが1番を、テア・シュテーゲンが12番をつけたものの、予選出場はレノが2試合、テア・シュテーゲンが6試合。予選最終戦となったウクライナとのプレーオフでも、ゴールを守ったのはテア・シュテーゲンだった。すると、この状況に不満を募らせたレノが「なぜ出してもらえないのか分からない」と、バルセロナでカップ戦要員となっているライバルに反発していることを『ビルト』紙が伝えた。そう、この2人は往年のオリヴァー・カーンとイェンス・レーマンのごとく、あからさまに互いをライバル視する宿敵でもある。

全文はソース元で

引用元 : キーパー大国ドイツのハイレベルすぎる選手層…CL優勝GKがU-21代表でも控えに | サッカーキング

【”キーパー大国”ドイツのハイレベルすぎるポジション争い CL優勝のバルサGKはU-21でも控え】の続きを読む

レアルのクロース、今季パス3000本以上で成功率はなんと92%! | サッカーキング

レアルのクロース、今季パス3000本以上で成功率は脅威の92%!!

今シーズン、レアル・マドリードへ加入すると瞬く間に中盤に欠かせぬ戦力となったドイツ代表MFトニ・クロース。スポーツデータ供給会社である『Opta』が、クロースについてあるデータを発表した。

■トニ・クロースのパス成績

出場試合:52
1試合の平均パス本数:68
1試合の平均パス成功数:62
1試合の平均パス失敗数:4
パス成功率:92%
アシスト数:13

『Opta』の集計によると、クロースは今シーズン3000本以上のパスを通しているリーガで唯一の選手だという。ただし、リーガに限らず全てのコンペティションの合計数なので、当然試合数が多いビッグクラブが有利にはなる。とはいえ、この数字は並の数字ではないはず。

全文はソース元で

引用元 : レアルのクロース、今季パス3000本以上で成功率はなんと92%! | サッカーキング

【レアルのクロース、今季パス3000本以上で成功率は脅威の92%!!】の続きを読む

GKノイアー、ついにサイドからスローインを入れる…ユーロ2016予選 | サッカーキング

3-31,15 neu

バイエルン所属のドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが、ユーロ2016予選のグルジア戦でサイドラインからスローインを投げていた、とイギリス紙の『メトロ』が30日に報じた。  

バロンドールの最終候補3人に残り、2014年ブラジル・ワールドカップでドイツ代表を優勝に導いた立役者であるノイアーは、世界最高のGKと誰もが認める選手である。

29日のグルジア戦でドイツ代表としてプレーしていたノイアーは、次のレベルまで進んだようだ。ボールがサイドラインを割った際、ノイアーはハーフウェーライン近くまで駆け上がり、通常はサイドバックがすることになっているスローインを自ら入れて、その積極性を見せつけた。  なお、ドイツ代表はグルジア代表に2-0で勝利している。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/euro/20150331/297119.html

【ノイアー、遂にサイドからのスローインを入れる EURO2016予選のグルジア戦で[動画あり]】の続きを読む

レアルMFクロース、ノイアーら抑えドイツ代表の年間最優秀選手に | サッカーキング

1-10,15 ger

DFB(ドイツサッカー連盟)は9日、ファン投票による2014年のドイツ代表年間最優秀選手にレアル・マドリード所属のMFトニ・クロースが選ばれたことを発表した。  

クロースは昨夏に行われたブラジル・ワールドカップで全7試合に出場し、ドイツ代表の優勝に貢献した。年間最優秀選手に選出されたことを受け、同選手は「僕に投票してくれた全ての人に感謝している。もちろん、チームの皆にも感謝を伝えたい」とコメントを残した。  

また、クロースは「バイエルンで2冠を成し遂げ、ワールドカップで優勝した。そして、レアル・マドリードへ移籍して、UEFAスーパーカップとクラブ・ワールドカップを制した。素晴らしい1年だったよ」と2014年を振り返っていた。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20150110/269143.html

【レアルMFクロースがノイアーを抑えドイツ代表年間最優秀選手に】の続きを読む

W杯を制したドイツ代表の舞台裏に迫った映画の公式映像が公開に!なぜかミュラーは女装(動画あり) | Football Web Magazine 『Qoly』

dae8af02-fcb9-4c9d-92ec-d5b2b5183556

2014年W杯を圧倒的な力で制覇したドイツ代表。2006年以降、主要国際舞台で絶えず上位進出を果たす彼らの原動力は一体何なのだろうか?そんな疑問をお持ちの方にオススメな映画がいよいよ公開される。

ドイツサッカー連盟は現地時間29日、2014年W杯を戦ったチームの舞台裏に迫る映画、『DIE MANNSCHAFT』の公式トレイラー映像を公開した。

"Die Mannschaft"は、日本語で「チーム」を意味する。ドイツ代表のスローガンでもあり、代表チームのユニフォームやプレゼンテーションスーツの首元には"Die National Mannschaft"という文字が刻まれている。チームにとって、それだけ重要な言葉であるというわけだ。

今回公開された映像の中での一番のツッコミ所は、映像終盤で登場するなぜか女装したトーマス・ミュラー。真相は公開されてからのお楽しみだが、ファンの注意をひく要素としてはバッチリのよう。

映画は11月13日から公開される。

全文はソース元で


引用元 : http://qoly.jp/2014/10/30/die-mannschaft-official-trailer

【【動画】女装したドイツ代表ミュラー!?ブラジルW杯を制した裏側に迫った映画が近日公開に◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

ドイツ、メルテザッカーも代表引退 - Goal.com

8-16,14 ger

アーセナルDFペア・メルテザッカーが15日、ドイツ代表引退を発表した。

29歳のメルテザッカーは2004年にドイツ代表にデビュー。104キャップを記録している。ブラジル・ワールドカップ(W杯)優勝を最後に、代表のユニフォームを脱ぐことになった。

「代表で10年過ごしたこと、5つの大会に出場したこと、104キャップを記録したこと、そしてブラジルW杯で優勝できたこと、これらを誇りに思っている。素晴らしい終わり方だ。代表を引退し、次の世代のために立ち去る時期が訪れたんだ」

「これまでの時間については、ありがたい気持ちで一杯だ。これからはクラブと僕の家族に全力を注ぐことを楽しみに思っている」

また、ヨアヒム・レーブ監督はメルテザッカーの代表引退について、次のように述べた。

「ペアが代表でプレーしていたこの10年間、常に彼に頼ることができた。ここ数年で信じられないほど成長し、ブラジルではチームを引っ張る非常に大切なリーダーの一人でもあった」

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/123/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84/2014/08/16/5037396/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%B6%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%82%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E5%BC%95%E9%80%80?ICID=HP_BN_4

【【引退】アーセナルDFメルテザッカーがドイツ代表を引退!!クローゼ、ラームに続いて3人目◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ