スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

リオネル・メッシ

キエッリーニがメッシを「彼はフットボールの神」と称賛 ただし… (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

キエッリーニ「メッシはフットボールの神。しかし、4人抜きはセリエAでは不可能だ」

ユベントスのイタリア代表DFジョルジオ・キエッリーニが、6日のUEFAチャンピオンズリーグ決勝で対決するバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを「フットボールの神」とたたえている。スペイン地元紙「AS」が報じている。  

5月30日に行われた国王杯決勝アトレチコ・ビルバオ戦前半20分、右サイドから4人抜きのドリブルで、衝撃的な先制点を決めた。キエッリーニは、そのバルセロナのスーパーエースをあがめるようにこう称した。 「現時点で、彼はフットボールの神だ。スペインの攻撃的なプレーは最高だけれど、我々イタリアでは守備がよ り優れている」  

だが、一方で不屈の闘志を持つストッパーは、「イタリアではああいうゴールはできない」とも語った。相手の長所を消し、ドリブルは、時にファウルで止めるという伝統と鉄則を誇るイタリア。メッシの神業ドリブルは、成功しなかったと強気に語った。

全文はソース元で

引用元 : キエッリーニがメッシを「彼はフットボールの神」と称賛 ただし… (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【キエッリーニ「メッシはフットボールの神。しかし、4人抜きはセリエAでは不可能だ」】の続きを読む

メッシ“和食風ダイエット”で変身 4キロの減量に成功 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

メッシ、絶好調の秘訣は和食!?「米、野菜、魚」を食べ4キロの減量に成功

スペイン1部リーグ、バルセロナのアルゼンチン代表FWメッシが、さらなるキレのあるプレーのために油分を避けた食事に変えているという。31日のエル・ムンド・デポルティボ紙が報じた。  

同紙によるとメッシはイタリア人栄養士のアドバイスにより約4キロの減量に成功。ソースなしで米と野菜、魚といった和食に近い献立に切り替えているという。

全文はソース元で

引用元 : メッシ“和食風ダイエット”で変身 4キロの減量に成功 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

【メッシ、絶好調の秘訣は和食!?「米、野菜、魚」を食べ4キロの減量に成功】の続きを読む

なぜメッシは別格なのか? 世界最高の選手が持つ“圧倒的な個の力“ (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

メッシのような”たくましい個”を持つ選手が日本に生まれないのは育成の問題!?

リオネル・メッシが圧倒的な個の力を持った優れた選手であるということは世界中のサッカーファンが知っていることですが、なぜメッシは圧倒的な個の力を持っているのでしょうか。アルゼンチンや南米のサッカー事情に詳しい亘崇詞さんに解説してもらいました。

(『ジュニアサッカーを応援しよう!Vol.34』より一部抜粋)

メッシの1対1の強さの理由に触れる前に押さえてほしい重要ポイントがあります。ブラジルワールドカップ後に頻繁に「たくましい個」という言葉が言われていますが、まず考えないといけないのは「たくましい」という言葉に込められた意味です。  

この数年の日本サッカーでは、攻守のどんな場面でも数的優位をつくることを強調されてきたように感じますが、攻守において数的優位の状況に頼りすぎてしまうと「たくましい個」をつくるのは難しいのではないかと僕は懸念しています。  

まずは「たくましい個」があることが最も重要なのです。それがあるからこそ、数的優位の状況を作ったときにより有利になれる。その順番を履き違えてはいけないのではないでしょうか。  

僕がボカ・ジュニアーズにいたとき、後にアルゼンチ代表になるサミュエルやテベスといった選手たちは、攻守で1対3のような数的不利の状況でも、1人で守ろうとしたり、1人で突破しようとしたりする「たくましい個」がありました。  

彼らのように、やはり子どものときは攻守において、数的優位をつくることよりも、個人としてたくましくプレーできる選手になることを第一に考えるべきだと思います。

幼少期の頃のメッシは土のグラウンドでもプレーをしていました。土でも、人工芝でも、天然芝でも、そして、アルゼンチンではよく見られる風景ですが、コンクリートの上でも普通にサッカーをしていました。だからこそたくましく育ったのだと思います。
 
この点、日本では未整備のために土でしかプレーをしないまま育ってしまう場合があります。その場合、対応力という点でもたくましく育つのは難しいように感じるのです。
 
前回のワールドカップでもさまざまなピッチ状態に対応しなければ思うようにプレーできない環境下に選手たちは置かれましたが、その状況をストレスに感じることなく、普段どおりにプレーできる選手が「たくましい個」を表現できていました。
 
メッシはどんなピッチ状態でも自分の技術を発揮することができます。そしてその高い技術力をもってしても、さすがにグラウンダーでボールを扱うのは難しい、と判断したときに今度は浮き球のボールを使って対応したりする幅も備えています。

また、メッシは子どもの頃から大人や年上の選手と一緒にプレーすることが当たり前でした。だから同年代の選手と対峙するときよりもスピードを上げたり、ドリブルの切り返しを深くしたりしないとボールを奪われてしまう。それを経験するなかで身につけて実力を伸ばしてきたのです。
 
日本では学年ごとに分かれて練習をするケースも多いので南米とは真逆の環境と言えます。メッシは決してお山の大将ではなく常にチャレンジが必要とされる環境でプレーを積み重ねてきました。それが大きな成長をもたらしたのだと思います。


全文はソース元で

引用元 : なぜメッシは別格なのか? 世界最高の選手が持つ“圧倒的な個の力“ (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【メッシのような”たくましい個”を持つ選手が日本に生まれないのは育成の問題!?】の続きを読む

メッシも選出された!今季コンバートからブレイクした5人のプレイヤー (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

メッシも選出!!今季コンバートでブレイクした5人のプレイヤー

欧州各国のリーグがこの週末に最終節を迎える予定だ。2014/15シーズンを振り返り、ポジションを変更して成功を果たした5人の選手を、スポーツサイト『sportskeeda』が紹介している。

1、アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー所属/24歳/フランス)

サイドハーフ→フォワード 昨シーズンまで所属したレアル・ソシエダではサイドハーフとしてプレイ。今季からアトレティコ・マドリーに移籍し、フォワードとして22得点を挙げる活躍。得点ランキングではロナウド、メッシに続く3位につけている。

2、エムレ・ジャン(リヴァプール所属/21歳/ドイツ)

3、ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント所属/25歳/ガボン)

4、ナビル・フェキル(オリンピック・リヨン/21歳/フランス)

5、リオネル・メッシ(バルセロナ/27歳/アルゼンチン)

センターフォワード→ウイング 「世界で最も偉大な選手として再発見された」と伝えている。好調の理由は昨年夏にウルグアイ代表FWルイス・スアレスが加入したことだという。メッシ、スアレス、ネイマールの南米3トップは今季110ゴール以上を記録している。昨季までセンターフォワードを務めていたメッシは、トップデビューしたころの、ウイングにポジションを変更。今季56ゴール、27アシストを記録している。昨季が41ゴール、アシスト数が14だったことと比べると格段にアシスト数が伸び、フィニッシュだけでなく活躍の幅が広がった。

全文はソース元で

引用元 : メッシも選出された!今季コンバートからブレイクした5人のプレイヤー (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【メッシも選出!!今季コンバートでブレイクした5人のプレイヤー】の続きを読む

C・ロナウドが得点王に王手…メッシ、逆転でのタイトル奪還なるか | サッカーキング

C・ロナウド、45ゴールで得点王に王手!!メッシは4点差をひっくり返せるか??

最終節を残してバルセロナの2年ぶり23度目のリーグ優勝が決まったリーガ・エスパニョーラ。個人タイトルに目を移すと、得点王争いではレアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが王手をかけている。  

今シーズン、開幕から怒濤のゴールラッシュを見せたC・ロナウド。欠場した第2節のレアル・ソシエダ戦を除くと、第12節のエイバル戦までゴールネットを揺らし続け、20得点を記録した。2年連続のタイトル獲得を狙うC・ロナウドは、前節のエスパニョール戦でハットトリックを決め、一気にゴール数を45にまで伸ばしている。  

次点は、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが41得点で追いかける。C・ロナウドとは対照的にスロースタートを切ったメッシだったが、今シーズンは5度のハットトリックを記録。第26節のラージョ・バジェカーノ戦では、わずか12分間でハットトリックを達成した。前節のアトレティコ・マドリード戦では、決勝弾を挙げて優勝を決定づけたメッシ。

しかし、C・ロナウドにハットトリックを決められたため、その差は4ゴールに開いた。タイトル奪還には、最終節で残留争いをするデポルティーボを相手に大量得点が必至となるが、これまで数々の偉業を達成してきたメッシならば、この点差を逆転することも可能かもしれない。

全文はソース元で

引用元 : C・ロナウドが得点王に王手…メッシ、逆転でのタイトル奪還なるか | サッカーキング

【C・ロナウド、45ゴールで得点王に王手!!メッシは4点差をひっくり返せるか??】の続きを読む

ベッケンバウアー氏「メッシがいなかったらバルサは普通のチーム」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

ベッケンバウアー「メッシがいなかったらバルサは普通のチーム」ペップについても言及

バイエルン・ミュンヘンのフランツ・ベッケンバウアー名誉会長は、仏紙『レキップ』のインタビューで12日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグのバルセロナ戦について言及した。  

1stレグで2得点を決めたバルセロナのFWリオネル・メッシに関しては「メッシがいなかったとしたらバルサは普通のチームだ。実際、2年前の準決勝でバルサに圧勝した時は彼が本調子じゃなかった」と称えた。  

しかしドイツの皇帝と呼ばれたベッケンバウアー氏は、現代ではメッシが世界最高と称するも「歴代最高のプレーヤーはペレだ。(1997年に)ニューヨーク・コスモスで共にプレーしたが、彼の様な選手は見たことが無い。あまりにも速いボールタッチで彼の動きが見えなかった」と、元ブラジル代表FWへの尊敬を示した。  

また、ベッケンバウアー氏はバルセロナ戦で3バックを起用したことによってグアルディオラ監督を批判したが「監督が彼であることは幸運。クラブでは皆彼の偉業に驚かされている。個人的には長い間ミュンヘンに残って欲しい」と、同監督の契約延長まで希望した。  


全文はソース元で

引用元 : ベッケンバウアー氏「メッシがいなかったらバルサは普通のチーム」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【ベッケンバウアー「メッシがいなかったらバルサは普通のチーム」ペップについても言及】の続きを読む

マラドーナが2大スターを比較 「メッシとCR7は同じレベルだが…」 - Goal.com

マラドーナ「メッシよりC・ロナウドのほうがより脅威と思われている」データを比較すると・・・

リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドは、どちらが優れているのか、何かと比較される存在だ。世界中のサッカーファン共通の話題について、元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏が『スカイ・スポーツ』で持論を語った。

「メッシとクリスティアーノ、どちらが優れているのかを、得点の数が示しているわけではない。私は2人が同じレベルにあると考えている」

ただし、ゴールを決められるエリアの広さについては、C・ロナウドの方に分があるとみている。

「クリスティアーノはゴール前の『プレデター』だね。敵陣のすべてのエリアからゴールを決めることができる。ゴールキーパーは2人を恐れているけれど、正直に言えば、より恐れているのはクリスティアーノだ。メッシには同レベルのパワーがないから、遠い位置にいればゴールキーパーは怖くない。クリスティアーノは信じられないプロフェッショナルだよ」

全文はソース元で

引用元 : マラドーナが2大スターを比較 「メッシとCR7は同じレベルだが…」 - Goal.com

【マラドーナ「メッシよりC・ロナウドのほうがより脅威と思われている」データを比較すると・・・】の続きを読む

【スペインメディアの論調まとめ】戦術を超越する「エア・メッシ」 (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

もはや「エア・メッシ」 マイケル・ジョーダンと同じ戦術を超越するく神の領域へ

ペップ・グアルディオラの凱旋試合としても注目を集めたバルサ対バイエルン。試合に集中するためにも、キックオフ前にサッカーとは関係のない演出を用意せず、各自がそれぞれ感謝の気持ちを示せばいいと『エル・ムンド・デポルティーボ』紙のジョセップ・マリア・アルテユス記者が書いていたように、カンプ・ノウのファンは無関心とも言える静けさでクラブ史に残る英雄の帰還を見守った。  

ロッベン、リベリをはじめ主力の多くを欠いたペップが、どんな戦術を用意してくるのか。とりわけ、どんなメッシ対策を講じるかがポイントだったが、3バック&マンツーマンで試合をスタートし、それが機能しないと見るや開始15分ほどで4バックに変更。そして後半開始と同時にDFラインを押し上げて攻撃的な姿勢を強めたりするなど、ペップは変幻自在の采配で古巣を苦しめた。  

今シーズン、ここまで巧みにバルサの持ち味を封殺した敵将はなかったと、『エル・パイス』紙のラモン・ベサ記者は改めてその卓越した手腕を称賛している。

親友同士でもあるペップとL・エンリケ両監督によるチェスさながらの駆け引きの均衡を破ったのが、メッシの個人技だったのは示唆的だった。複数のメディアで健筆を振るう名物記者のエミリオ・ペレス・デ・ロサスと前述のラモン・ベサ記者は、決定的な違いを作り出したメッシの活躍は、戦術や采配を超越するのが卓越した個の力だというサッカーの真理を証明するものだと口を揃えた。奇しくも試合前日の記者会見で、「メッシを止める術はない」と語っていたグアルディラオの言葉通りもになった格好だ。
 
そんなメッシの天才性をマルティ・ペラルナウ記者は、かつてのNBAのスーパースター、マイケル・ジョーダンのニックネームに引っ掛けて「エア・メッシ」と表現。未知の領域へと飛翔し続けていると感嘆した。

この勝利でいわば評価を一変させたのがL・エンリケ監督だ。メッシとは口も利かない状態で、統率力が疑問視されていたが、ラモン・ベサ記者は、開幕以来ピッチ内外で問題山積だったチームがここまでこられたのは、妥協を許さない指揮官の姿勢があったからこそだと称揚。シーズン終盤に合わせてコンディションをピークに持ってきたマネジメントも含め、その手腕を称える声が増えている。

構成・文:下村正幸

全文はソース元で

引用元 : 【スペインメディアの論調まとめ】戦術を超越する「エア・メッシ」 (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【もはや「エア・メッシ」 マイケル・ジョーダンと同じ戦術を超越するく神の領域へ】の続きを読む

「最も危険なライバル」…モウリーニョ監督が珍しくメッシを称賛 | サッカーキング

モウリーニョ「メッシは唯一!!彼がいればCLで勝てるしマンマークは不可能だ」

チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、バルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを称え、驚かせている。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が伝えた。  

チェルシーは、10日に行われるプレミアリーグ第36節でリヴァプールをホームに迎えて対戦する。モウリーニョ監督は同試合に向けた会見で、6日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント準決勝ファーストレグのバイエルン戦で、2得点を決めたメッシについてコメントした。

「メッシは唯一だ。いつも違いを生み出す。彼といっしょならば、どんな偉大なチームもチャンピオンズリーグに勝つことができる」  

「メッシは私が相手にした最も危険なライバルだった。彼と対峙する度に、何時間も何時間もどうコレクティブに彼を封じるかを考えていた。もう彼をマンマークすることは不可能だったんだ」

全文はソース元で

引用元 : 「最も危険なライバル」…モウリーニョ監督が珍しくメッシを称賛 | サッカーキング

【モウリーニョ「メッシは唯一!!彼がいればCLで勝てるしマンマークは不可能だ」】の続きを読む

G大阪の宇佐美がCL準決勝のゴールを解説「メッシ、ハンパねーな」 | サッカーキング

宇佐美「すげぇーなメッシ!!ハンパねーな」CLでのプレーに驚嘆

J1で得点王争いを牽引するガンバ大阪の宇佐美貴史が、ヨーロッパ最高峰の舞台、UEFAチャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグで生まれたゴールについて、5月9日(土)深夜に放送する『サッカーアース』で解説した。  

古巣バイエルンがバルセロナに敗れた試合では、リオネル・メッシのゴール場面に着目した。スコアレスで迎えた77分、ダニエウ・アウヴェスが高い位置で奪ったボールをメッシへパス。左足を振り抜き、均衡を破った。  

ゴール映像を見た直後「ハンパねーな」と驚嘆。「メッシは巻いて蹴る方が多い。それを逆手にとってニアに蹴った」と、瞬時の判断と蹴り分けについて冷静に分析した。80分にメッシが2点目を奪ったシーンでは、「すげぇーなメッシ!」の一言。「ボアテングは、すごく対人プレーが強い。その選手をこんなして……。メッシの縦への行き方が、ナチュラルなんですよね。だから、DFは脳がついてこれない」と、何気ないプレーの中でもメッシの凄さが凝縮されていると明らかにした。  

宇佐美は番組内で、UEFAチャンピオンズリーグ準決勝に勝ち進んだユヴェントス、レアル・マドリード、バルセロナ、バイエルンの中から優勝チームを予想。今季J1でゴールを量産するG大阪のエースが選んだクラブは……。宇佐美が出演する『サッカーアース』は、5月9日(土)深夜1時30分から日本テレビで放送する。

全文はソース元で

引用元 : G大阪の宇佐美がCL準決勝のゴールを解説「メッシ、ハンパねーな」 | サッカーキング

【宇佐美「すげぇーなメッシ!!ハンパねーな」CLでのプレーに驚嘆】の続きを読む

このページのトップヘ