スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

リオネル・メッシ

メッシの代表引退はアディダスが阻止? スポンサーとしては大きな痛手 (Forbes JAPAN) - Yahoo!ニュース


アディダス、メッシの代表引退を許さず!?ナイキに奪われてはいけない

アルゼンチン代表のFWリオネル・メッシ(29)が代表引退を表明した。だが、本当に実現するだろうか──?スポンサーであるアディダスが何も言わなければ、本人の意思どおりになるかもしれない。だが、同社は2022年までの契約でアルゼンチン代表チームのスポンサーとなっているだけでなく、メッシ個人とも年間1,000万ドル(約10億円)相当のスポンサー契約を結んでいる。

この時点でアルゼンチン代表から引退すれば、メッシは今夏開催のリオデジャネイロ五輪に出場しないことになる。FIFAワールドカップ(W杯)の2018年ロシア大会、2022年カタール大会にも出場しないということだ。アディダスにとっては、ブランド露出の絶好の機会を大きく失うことになる。

スポーツマーケティングに関するリサーチとコンサルティングを専門とするレピュコム(Repucom)によると、アディダスは20年以上にわたり、UEFA(欧州サッカー連盟)が開催する欧州選手権(ユーロ、EURO)の出場チームに装備一式を提供してきた。今年は全24チームのうち37%にあたる9チームが、アディダスが手掛けたユニフォームで試合に臨んでいる。 その他のスポンサーをみると、ナイキが6チーム(25%)、プーマが5チーム(21%)、その他が4チーム(17%)となっている。

さらに、アディダスは1996年大会以降、最も多くのチームとスポンサー契約を締結。過去5大会で優勝したチームすべてのスポンサーとなっており、それが同社のサッカーチームのスポンサーとしての地位を固めることにつながってきた。

全文はソース元で

引用元 : メッシの代表引退はアディダスが阻止? スポンサーとしては大きな痛手 (Forbes JAPAN) - Yahoo!ニュース

【アディダス、メッシの代表引退を許さず!?ナイキに奪われてはいけない】の続きを読む

メッシの代表引退表明、母国の英雄と大統領が撤回を求める (AFP=時事) - Yahoo!ニュース


 メッシの代表引退発言に大慌て!アルゼンチン大統領、マラドーナも撤回を求める事態に

【AFP=時事】サッカー元アルゼンチン代表のレジェンド、ディエゴ・マラドーナ(Diego Maradona)氏が27日、代表引退を表明したリオネル・メッシ(Lionel Messi)に思いとどまるよう訴えた。

マラドーナ氏はアルゼンチン紙ラ・ナシオン(La Nacion)に対して「メッシは代表にとどまらなければならない。今後もプレーし続けるのだから、とどまるべきだ」とコメント。そして2018年に開催されるW杯ロシア大会(2018 World Cup)で「彼は世界チャンピオンになれる」と語った。  

マラドーナ氏は「人々はメッシが去らなければならないと言うが、アルゼンチンのサッカーがどうして悲惨な状況に陥っているのかについて、現実から目をそらしているだけだ」と語った。  

代表引退を表明したメッシに対しては、アルゼンチンのマウリシオ・マクリ(Mauricio Macri)大統領も撤回に向けて説得に乗り出しており、広報担当者はAFPに対し、「大統領はメッシと連絡を取り、代表チームでのパフォーマンスを誇りに思っていると伝え、批判を無視するよう求めた」と明かしている。【翻訳編集】 AFPBB News

全文はソース元で

引用元 : メッシの代表引退表明、母国の英雄と大統領が撤回を求める (AFP=時事) - Yahoo!ニュース

【メッシの代表引退発言に大慌て!アルゼンチン大統領、マラドーナも撤回を求める事態に】の続きを読む

メッシがまたも偉業達成…通算121アシストでリーガ史上最多記録を更新 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

メッシ、ゴール記録に続き、121アシストのリーガ史上最多記録を更新

バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、新たなリーグ記録を更新した。22日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。  

バルセロナは、20日に敵地で行われたリーガ・エスパニョーラ第34節デポルティーボ戦に、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの4ゴール3アシストなどで8-0と大勝。この試合で、メッシはスアレスの2得点をお膳立てし、今シーズンのアシスト数を11に伸ばしている。  

メッシのリーグ戦通算アシスト数は121に到達し、リーガ・エスパニョーラで史上最多となった。レアル・マドリードなどで活躍した元スペイン代表MFミチェル氏が持っていた120アシストのリーグ記録を更新した。なお、今シーズンのリーガ・エスパニョーラで最もアシストを記録しているのはスアレスで、14アシストとなっている。  


全文はソース元で

引用元 : メッシがまたも偉業達成…通算121アシストでリーガ史上最多記録を更新 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【メッシ、ゴール記録に続き、121アシストのリーガ史上最多記録を更新】の続きを読む

マンCがメッシ獲得に意欲…週給約1億5000万円の条件を用意か | サッカーキング


メッシがマンC移籍か!?異例の年俸74億円でプレミア行きへ

マンチェスター・Cが、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの獲得と、バイエルンを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督の招へいを視野に入れているようだ。イギリス紙の『サン』や『インデペンデント』など複数メディアが27日付で報じた。  

英会話を始めるなど、来夏でのプレミアリーグ行きが話題となっている28歳のメッシ。同選手は現在バルセロナから週給50万ポンド(約9200万円)をもらっているが、マンチェスター・Cはメッシに週給80万ポンド(約1億4800万円)、年棒4000万ポンド(約73億8600万円)を支払う用意があるという。

『サン』紙は、来夏の移籍に向けて、メッシの代理人とマンチェスター・Cが初めて話し合いを行ったと報道。同選手の契約解除金は2億5000万ポンド(約462億円)に上るが、マンチェスター・Cは現実的な移籍金額として1億2000万ポンド(約222億円)を掲示しているという。

7月に欧州サッカー連盟(UEFA)からのファイナンシャル・フェアプレーの制裁が解除された同クラブは、高額な年棒や移籍金などを支払う資金があると目されている。

全文はソース元で

引用元 : マンCがメッシ獲得に意欲…週給約1億5000万円の条件を用意か | サッカーキング

【メッシがマンC移籍か!?異例の年俸74億円でプレミア行きへ】の続きを読む

C・ロナウドが断言 「バロンドールはメッシ」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


C・ロナウド「今回のバロンドールはメッシが勝つと思う」

レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、昨季の自らのパフォーマンスを「人生最高」と胸を張る一方で、来年1月に選出されるFIFAバロンドール賞(世界年間最優秀選手賞)はバルセロナのアルゼンチン代表MFリオネル・メッシが受賞すると認めている。14日放送予定の英BBC「ジョナサン・ロス・ショー」で語ったもの。

チューリッヒのFIFA本部で選出されるバロンドールで、ロナウドは4度目の受賞候補に選出されている。昨季はキャリア最高の公式戦54試合61ゴールという異次元の数字を叩き出した。それでも、世界最高の栄誉を二分してきた運命のライバルには及ばないと、潔く認めている。ロナウドの出演した番組の一部内容が事前告知で放送されている。

「正直に言うと、今年はメッシが勝つと思う。なぜなら、どんなタイトルを獲得したかが、票を左右するからだ。競争に勝った。チャンピオンズリーグ(CL)にも勝った。おそらく自分は、キャリア最高のシーズンを送った。それは良かった。欧州で最高の得点者となったが、それもすべて投票による。難しいよ。正直に言うと、気にしていないんだ。何度も言っているけれど、(バロンドールを)3度も獲得できるなんて思ってもみなかったんだ」  

過去7年間、メッシとロナウドがバロンドールの栄誉を分け合っているが、ロナウドはメッシを「ライバル」と呼ぶつもりはないという。

「自分にライバルはいない。普通の関係なんだ。8年間、FIFAの晴れ舞台を分け合っている。誰も成し遂げたことがない。自分たちだけなんだ。それはいいこと。彼とも、いい関係が築いている。彼はあるクラブでプレーしていて、自分は違うクラブでプレーしている。彼は最高の栄誉を手にしているし、僕もそう。いい関係なんだ。地元の友だちではないけれど、お互いをリスペクトしているんだ」

全文はソース元で

引用元 : C・ロナウドが断言 「バロンドールはメッシ」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【C・ロナウド「今回のバロンドールはメッシが勝つと思う」】の続きを読む

メッシがアーセナル移籍を検討? 要求額は驚きの週給1億2000万円 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


メッシ、アーセナル移籍を検討!?週給1億2000万円を要求

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが脱税疑惑の影響で、バルサ離脱時にはロンドンに拠点を置くアーセナルへの移籍を希望する一方で、週給60万ポンド(約1億2000万円)という驚愕の条件を要求していると、地元メディアが伝えている。英地元紙「デイリー・スター」が報じている。

最新のレポートによると、FIFAバロンドール(世界年間最優秀選手賞)を4度獲得した名手は、脱税問題で出廷を命じられるなど、スペインでの生活から別れを告げることも検討しているという。マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、チェルシー、アーセナルという資金力を誇るビッグクラブが新天地候補に挙がる中、バルセロナ退団時にはスーパースターはロンドンに拠点を移し、アーセナルが有力な移籍先とレポートされている。  

だが、メッシ獲得時の条件面は青天井だ。税引き後の年俸は1800万ポンド(約33億円)を要求しており、税引き前の週給は1億2000万円という条件を提示する必要があるという。  

全文はソース元で

引用元 : メッシがアーセナル移籍を検討? 要求額は驚きの週給1億2000万円 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【メッシ、アーセナル移籍を検討!?週給1億2000万円を要求】の続きを読む

天下のC・ロナウドが見せた意外な一面「世界最高の選手はメッシ」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


C・ロナウドがついに認める「メッシが世界最高の選手だろう。だけど・・・」

レアル・マドリードのFWクリスティアーノ・ロナウドが、長年に渡ってライバル関係にあるバルセロナのFWリオネル・メッシが世界最高の選手であることを認めたと、スペイン紙「アス」が報じている。

凄まじい得点力、華麗なテクニック、ピッチ上での圧倒的な存在感、そしてレアルとバルセロナという宿敵のエース同士という立場から、両者はこれまで幾度となく「どちらが世界最高か?」と比較をされてきた。

こうした議論に対し、ロナウドは同紙のインタビューで「おそらくメッシが世界最高の選手だ」と、最大のライバルが自らよりも上の存在であることを認める、意外な一面を見せた。その一方で、自身の哲学を貫き通すコメントも残している。

「それでも僕の頭の中では、常に自分が最高の選手だと言い聞かせている。本来、全選手がそうあるべきだと思うんだ。僕は、そうやって多くのことを成し遂げてきた」  ロナウドは昨季リーグ得点王に輝くも、メッシ率いるバルサに3冠を許した。この2人の世界最高のライバル関係は、今後もしばらく続くことになりそうだ。

全文はソース元で

引用元 : 天下のC・ロナウドが見せた意外な一面「世界最高の選手はメッシ」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【C・ロナウドがついに認める「メッシが世界最高の選手だろう。だけど・・・」】の続きを読む

メッシ、ロナウドに次ぐ世界No.3は誰?英メディアが候補者7名を選出!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151031-00010000-theworld-socc

【メッシ、ロナウドの次の世界No.3の選手は誰だ!?ネイマール、ベイル、アザール・・・】の続きを読む

バッジオ氏「メッシと一緒にプレーしたかった」 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

ロベルト・バッジョ「メッシと今の時代に一緒にプレーしたかった」バロテッリも気遣う

イタリアの至宝、ロベルト・バッジオ氏(48)が、19日の伊紙コリエレ・デロ・スポルトのインタビューでバルセロナのアルゼンチン代表FWメッシとともにプレーしたかったと語った。

同氏は世界最高の選手がメッシだと主張した。

「メッシはゴールを入れると決めたら、必ず決める」とコメント。さらに「私は彼と一緒にプレーしたかった。むしろ今の時代に、一緒にプレーしたかった。現在なら新しい規則やテレビ放送があることで、私はファウルもそれほど受けなかっただろうし、故障もそれほど多くなかっただろう」と話した。  

また、今夏にACミランに復帰したイタリア代表FWバロテリについて「私は個人的に彼と少し話したい。彼にとってはほぼ最後のチャンスをつかめるところにいる。今飛躍しなければ、難しい。そうなれば後は後悔するだけになるだろう」

全文はソース元で

引用元 : バッジオ氏「メッシと一緒にプレーしたかった」 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

【ロベルト・バッジョ「メッシと今の時代に一緒にプレーしたかった」バロテッリも気遣う】の続きを読む

スアレスのゴール後、歓喜の輪に加わらず…メッシが見せた気遣いとは | サッカーキング

メッシがCLのローマ戦で見せた相手DFへの気遣いが話題に【動画あり】

チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節、バルセロナはローマを相手に1-1で引き分け、ドローでのスタートとなった。  

さて、この試合の先制ゴールの場面でバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが見せた行動が秘かに話題になっている。  

クロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチのクロスをスアレスが頭で合わせると、バルセロナの選手たちがゴールを決めたスアレスのもとに一目散に駆けつけた。そんななか、メッシは一人その輪に加わることなくゴールとは逆方向へ歩いて行く。向かった先はローマのフランス代表DFリュカ・ディニュのもとであった。ゴール直前、ボックス内で接触していたメッシとディニュ。  

メッシはゴールを祝うより先に、足を踏んで倒してしまったディニュの様子を心配していたのだ。ボールを見ているなかでの衝突で、故意に踏んだわけではないようだが、メッシが見せたさりげない気遣いであった。ディニュはこの後もプレーを続け無事フル出場している。

全文はソース元で

引用元 : スアレスのゴール後、歓喜の輪に加わらず…メッシが見せた気遣いとは | サッカーキング

【メッシがCLのローマ戦で見せた相手DFへの気遣いが話題に【動画あり】】の続きを読む

このページのトップヘ