スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

プレミアリーグ

プレミア勢がCLで勝てない理由はどこにある? (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

プレミア勢がCL・ELで勝てないのは”日程”のせい!リネカー、ポチェッティーノが語る

プレミアリーグ勢がチャンピオンズリーグで勝つためには何が必要なのか。スター選手をかき集めれば良いのか、世界のトレンドを取り込む努力をすれば良いのか。もちろん欧州の舞台で勝てていない現状を打開するために努力は必要だ。しかし、解説者として活動する元イングランド代表のゲイリー・リネカー氏は、何よりも優先して変えるポイントがあると述べている。

『デイリー・ミラー』によると、同氏が改善を求めたのはプレミアリーグの日程だ。プレミアリーグは毎年年末にかけて殺人的なスケジュールが組まれており、今季も12月26日、28日、1月2日にリーグ戦が予定されている。 同氏はこの時期に疲労を溜めてしまうと考えており、欧州の他クラブに比べて後半戦で失速するケースが多いと述べている。

「ボクシング・デー、元旦はいいだろう。ただ、なぜ土曜日(28日)に試合を入れるんだ? カップ戦のリマッチも問題だ。我々は狂気ともいえるスケジュールで死んでしまうんだよ」

「我々はスペインやドイツよりも熱心に働いている。他のリーグは冬に休みを取っている。昨季のチェルシーを見れば分かるはずだ。PSGよりも良いチームだったのに、敗れた。選手の足は死んでいたよ」

全文はソース元で

引用元 : プレミア勢がCLで勝てない理由はどこにある? (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【プレミア勢がCL・ELで勝てないのは”日程”のせい!リネカー、ポチェッティーノが語る】の続きを読む

「プレミアにワールドクラスはいない」ドイツの英雄が切り捨てる (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

ベッケンバウアー「プレミアリーグにワールドクラスの選手はいない」誰でも獲得できるわけじゃないと辛辣

ヴォルフスブルクからケビン・デ・ブライネ、バイエルンからバスティアン・シュバインシュタイガー、ホッフェンハイムからロベルト・フィルミーノと、今夏のプレミアリーグの補強は凄まじかった。2016年からは放映権料も跳ね上がるため、さらに動きは活発になっていくかもしれない。

しかしバイエルンの英雄であるフランツ・ベッケンバウアー氏は、プレミアリーグにワールドクラスの選手はいないと切り捨てた。バイエルンもそうだが、ドイツは今夏に各クラブのエース級をプレミアリーグに取られている。その恨みもあってか、プレミアリーグに厳しい指摘をしている。

「彼らは誰でも獲得出来るわけじゃない。クリスティアーノ・ロナウド、メッシ、イブラヒモビッチ、そして我々のミュラーとね。ドイツにはいるけど、プレミアリーグにワールドクラスの選手はいないよ」

スター選手の多さで強さが決まるわけではないが、大型補強を行ったはずのプレミア勢はチャンピオンズリーグで苦戦している。

全文はソース元で

引用元 : 「プレミアにワールドクラスはいない」ドイツの英雄が切り捨てる (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【ベッケンバウアー「プレミアリーグにワールドクラスの選手はいない」誰でも獲得できるわけじゃないと辛辣】の続きを読む

昨季のプレミア・ベストイレブンが不調? 英紙が11選手を批評 | サッカーキング

昨季のプレミアリーグ・ベストイレブンが軒並み不調?英紙が批評

インターナショナルマッチウィークということで代表戦の話題も多い中、イギリス紙『デイリー・メール』が気になる情報を発信している。それは昨シーズンのプレミアリーグにおけるベストイレブンが不調ということだ。  同紙が指摘しているのはPFA年間ベストイレブンである。これはPFA(プロフットボール選手協会)のメンバーによる投票で選出されるものだ。

2014-15 PFA年間ベストイレブン
▼GK
ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U)
▼DF
ブラニスラフ・イヴァノヴィッチ(チェルシー)
ガリー・ケーヒル(チェルシー)
ジョン・テリー(チェルシー)
ライアン・バートランド(サウサンプトン)
▼MF
アレクシス・サンチェス(アーセナル)
ネマニャ・マティッチ(チェルシー)
フィリペ・コウチーニョ(リヴァプール)
エデン・アザール(チェルシー)
▼FW
ジエゴ・コスタ(チェルシー)
ハリー・ケイン(トッテナム)

メンバーを見てわかる通り、優勝したチェルシーからの選出が多い。また、全選手が今シーズンも同じクラブに所属しているのが特徴的だ。では、『デイリー・メール』紙が何故彼らを不調としているのか、個別の論評をご紹介していこう。

■ジョン・テリー
 
2014-15シーズンのプレミアリーグにおけるベストDFと称賛され、テリーに国際舞台から引退を撤回し、イングランドへ戻るようにという世論もあった。最も屈強なセンターバックの片方となり、ブルーズをタイトルに導いた。しかし、今シーズンのチェルシーはわずか4試合ですでに9つのゴールを許しており、その多くがテリーのミスによるものだという辛辣な批判に晒されている。チェルシーのキャプテンは敗れたマンチェスター・C戦において前半で下げられており、ウェスト・ブロムウィッチ(WBA)戦ではサロモン・ロンドンを倒して一発レッドとなっている。

■ブラニスラフ・イヴァノヴィッチ
 
昨シーズンはみんな“ミスター頼りになる男”、と思っただろう。昨シーズンのイヴァノヴィッチはプレミアリーグで最高の右サイドバックだった。守備はソリッドな一方で、不意に出現すると重要なゴールを決めた。しかし、開幕してからの4試合で平凡に見えるチェルシーのDF陣において、もしかしたらこのセルビア人は最も大きな弱点となっているかもしれない。31歳のイヴァノヴィッチはジェフェルソン・モンテーロ、ラヒーム・スターリング、カラム・マクマナマンのような選手たちに苦しめられている。

■ネマニャ・マティッチ
 
昨シーズンのタイトル制覇においてこのMFが影響を及ぼしたと言っても過言ではないだろう。4バックの前での彼の守備は素晴らしく、モウリーニョ監督の規律の取れたプレースタイルの象徴だった。しかし、今シーズンの序盤、チェルシーの本来は強固な中盤を通り抜け、簡単に沈黙させる方法を対戦相手たちは見つけてしまっている。相方のセスク・ファブレガスがまずい出だしのため、マティッチが助けられていないと言われるに違いないけれども。

■エデン・アザール
 
アザールは昨シーズン、他を圧倒するパフォーマンスを披露した。彼のゴールとアシストはこの5年で初となるチェルシーの王座獲得において鍵となる役割を果たした。アザールのパフォーマンスが彼をPFAプレーヤーオブザイヤーへと導いた。しかし、この24歳は、今シーズンの最初の4試合では並外れた才能の幻影を見ているようである。モウリーニョ監督は決してアザールを“流石”とは思っていないだろう。また、日曜日の夜にはベルギー代表監督のマルク・ヴィルモッツにも批判されている。

■アレクシス・サンチェス
 
昨年の夏にバルセロナからやってきたが、このチリ人はプレミアリーグにきわめて自然に溶け込んだ。サンチェスが見せる全ての動きが完璧にプレミアリーグにフィット。彼は傑出したシーズンを楽しみ、リーグで16ゴールを奪った。しかし、今回は全くのスロースタートだ。サンチェスは今シーズン未だグーナーのためにゴールを決めておらず、得点を決めるための数多くのチャンスを逸している。チリで行われたコパ・アメリカによってトレーニングに戻るのが遅れたが、今もフィジカルコンディションのピークに達していることは注目すべきである。

■ジエゴ・コスタ
 
ブラジル生まれのスペイン代表は2014-15シーズンの前半、目を見張らせるようなプレーでチェルシーを上位に導き、プレミアリーグで自らを確立した。昨シーズンはリーグ戦わずか4試合ですでに7ゴールを奪ったのだ。1年が経過した現在、今シーズンも同じ数の試合をこなしたが、ジエゴ・コスタはわずか1ゴールのみ。チェルシーでのキャリアはまだ序盤だが、まるでプレミアリーグの守備にいじめられているようであり、同じ選手(=ジエゴ・コスタ)のイミテーションのように見える。もちろん、スペインのユニフォームでも彼は批判に直面している。

■ハリー・ケイン
 
それは2014-15シーズンのストーリーだった。ケインのイングランドフットボールにおける台頭はスパーズのストライカーがプレミアリーグで21ゴールを奪ったのと同じくらいの早さだった。今夏、イングランドU-21代表への招集は、トッテナムのストライカー不足と共に、燃え尽き症候群になる恐れを抱かせた。今シーズンの序盤、ケインはゴール前で苦しんでおり、ホワイトハートレーンでエヴァートンの守備から逃げたのは彼の優柔不断さの典型である。

以上が『デイリー・メール』紙による昨シーズンの「PFA年間ベストイレブン」に対する今シーズンの評価だ。



全文はソース元で

引用元 : 昨季のプレミア・ベストイレブンが不調? 英紙が11選手を批評 | サッカーキング

【昨季のプレミアリーグ・ベストイレブンが軒並み不調?英紙が批評】の続きを読む

イングランド復帰の可能性があったモイーズ 「夏にプレミアからオファーがあった」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

やっぱりモイーズは大人気!プレミアリーグから複数のオファーがあった

レアル・ソシエダを率いるデイビッド・モイーズ監督は、現在もプレミアリーグで評価されているようだ。オフに複数のクラブから就任のオファーがあったことを、本人が明かしている。

そんなモイーズ監督に、プレミアリーグ復帰の可能性があったという。スペイン『El Diario Vasco』のインタビューに答えたモイーズ監督は、いくつかのオファーを受けながらも、ソシエダでの指揮を続けることを決断したと語っている。

「夏にプレミアリーグの多くのクラブからオファーを受けた。でも、ここに残ることに決めたんだ。このクラブのプロジェクトと、私がよく知っている選手たちのことを信じているからね」

「ソシエダのファンは素晴らしい。彼らは、我々が常に上位を争うクラブに加わろうとしていることを知っている。ここでの経験を本当に楽しんでいるよ。クラブとの関係も良く、とても幸せだ」

全文はソース元で

引用元 : イングランド復帰の可能性があったモイーズ 「夏にプレミアからオファーがあった」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【やっぱりモイーズは大人気!プレミアリーグから複数のオファーがあった】の続きを読む

先発岡崎がプレミア初ゴール…レスターが接戦を制して開幕2連勝 | サッカーキング

岡崎がゴラッソ!プレミア初ゴール、1起点の大活躍でレスターの勝利に貢献【スタッツ・ハイライト動画】

via:@LCFC

プレミアリーグ第2節が15日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターはウェストハムと対戦した。岡崎は2試合連続で先発出場している。  

レスターは8日に行われたプレミアリーグ開幕戦のサンダーランド戦で4-2の勝利を収め、新シーズンを白星でスタートさせた。2戦目の相手は同じく開幕戦のアーセナル戦で白星を挙げたウェストハム。これまでの相性はあまり良くなく、直近の5試合の成績は1勝1分け3敗で、昨シーズンは連敗を喫している。先発メンバーには“人種差別発言”で物議をかもしたイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディらが名を連ね、ヴァーディと岡崎の2トップが予想されている。  

試合は開始からホームのウェストハムが攻めこむ。3分、ペナルティエリア左横でFKを獲得すると、ディミトリ・パイェのクロスからディアフラ・サコとウェズ・モーガンが競り合った。ボールはゴール方向へ向かったが、クロスバーの上に外れた。

82分、レスターはマーレズを下げてクリスティアン・フクスを投入して更に守りを固める。ここでウェストハムにアクシデント発生。後半アディショナルタイム2分に右CKを獲得すると、相手ゴール前に上がっていたGKアドリアンがこぼれ球を蹴ろうとした際にヴァーディを蹴ってしまい、一発退場を宣告される。交代枠を使いきっていたウェストハムは、右SBのジェンキンソンがGKを務めた。
 
このまま逃げ切ったレスターが2-1でウェストハムを下し、開幕2連勝を飾った。なお、岡崎は62分までプレーしている。
 
次節、レスターはトッテナムと、ウェストハムはボーンマスとそれぞれホームで対戦する。

【スコア】
ウェストハム 1-2 レスター
【得点者】
0-1 27分 岡崎慎司(レスター)
0-2 38分 リヤド・マーレズ(レスター)
1-2 55分 ディミトリ・パイェ(ウェストハム)

全文はソース元で

引用元 : 先発岡崎がプレミア初ゴール…レスターが接戦を制して開幕2連勝 | サッカーキング

【岡崎がゴラッソ!プレミア初ゴール、1起点の大活躍でレスターの勝利に貢献【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

プレミア開幕、OGによるファーストゴールは史上初 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

あまりに不運!プレミアリーグ、開幕戦初得点がオウンゴールは史上初【ハイライト動画】

8日に行われたプレミアリーグの開幕戦で、マンチェスター・ユナイテッドがホームでトッテナムを1-0で下し、白星発進を決めた。  

ルーニーにシュートを打たせまいと防ぎに行ったDFカイル・ウォーカーが自陣ゴールに蹴り込んでしまい、ユナイテッドが先制に成功した。  

『BBC』によると、プレミアリーグのファーストゴールがオウンゴールだったのは、1992年から始まったプレミアリーグ史上初のことだという。公式サイトによると、ルイス・ファン・ハール監督は「難しい試合だった。最初にチャンスを作ったのは相手で、クリスティアン・エリクセンが決定機を迎えた。もし決まっていたら違う展開になっていたかもしれないので、今日はラッキーだった」と試合を振り返っている。

全文はソース元で

引用元 : プレミア開幕、OGによるファーストゴールは史上初 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【あまりに不運!プレミアリーグ、開幕戦初得点がオウンゴールは史上初【ハイライト動画】】の続きを読む

プレミアデビューの岡崎がフル出場、存在感発揮で開幕戦白星に貢献 | サッカーキング

岡崎、スタメンフル出場で奮闘しレスターの開幕戦勝利に貢献!【スタッツ・ハイライト動画】

2015-16シーズンのプレミアリーグ開幕戦が8日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターは、ホームでサンダーランドと対戦した。  

今夏、「プレミアリーグでプレーすることは夢でした」とマインツからレスターへ移籍した岡崎が、2トップの右FWで先発出場。早速、プレミアリーグデビューを飾った。  

昨シーズン、残留争いを繰り広げた両チームの戦いは、レスターが圧倒する。試合が動いたのは11分、レスターが左サイドでFKのチャンスを得る。クロスボールをペナルティエリア内左のジェイミー・ヴァーディが打点の高いヘディングで触ると、ボールは右ポストの内側を叩き、そのままゴールへと吸い込まれた。早い時間帯にレスターが先制する。

対するサンダーランドも食らいつく。66分、カウンター攻撃を仕掛けると、最後はスティーヴン・フレッチャーがロベルト・フートとの空中戦を制し、ヘディングシュートを叩き込んだ。
 
2点差に詰め寄られながらも、逃げ切ったレスター。開幕戦を白星で飾った。夢のピッチに立った岡崎はフル出場。ゴールはおあずけになったが、果敢な仕掛けや身体を張ったプレーを見せて存在感を発揮した。次節、レスターはアウェーでウエストハムと、サンダーランドはホームでノリッジとそれぞれ対戦する。

【スコア】
レスター 4-2 サンダーランド
【得点者】
1-0 11分 ジェイミー・ヴァーディ(レスター)
2-0 18分 リヤド・マーレズ(レスター)
3-0 25分 リヤド・マーレズ(レスター)(PK)
3-1 60分 ジャーメイン・デフォー(サンダーランド)
4-1 66分 マーク・オルブライトン(レスター)
4-2 71分 スティーヴン・フレッチャー(サンダーランド)


全文はソース元で

引用元 : プレミアデビューの岡崎がフル出場、存在感発揮で開幕戦白星に貢献 | サッカーキング

【岡崎、得点なしもフル出場で大活躍!レスターの開幕戦勝利に貢献!【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

移籍金高騰が止まらない! プレミアクラブの今夏放出資金が950億円に達する (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

プレミアリーグ、今夏の放出資金は950億円!高騰を続ける移籍市場

英『BBC』は3日、今夏の移籍市場でプレミアリーグのクラブが選手獲得に費やした移籍金の総額が5億ポンド(約950億円)に達したことを発表した。市場が閉まる8月31日まで3週間以上を残しているにも関わらず、昨夏の3億3500万ポンド(約630億円)を超えてしまった形だ。移籍金の高騰は留まることを知らない。

経済アナリストのロブ・ウィルソン氏はこの背景に放映権料の高騰と、それに伴う各クラブの収入増加があると見ている。現在でも平均して各クラブに3200万ポンド(約60億円)の放映権収入があり、それが下位クラブでも各国代表クラスの選手を獲得することを可能にしている。

更に16/17シーズンからは新たな放映権料の契約が結ばれ、3シーズンで現在の30億ポンド(約5700億円)から51億ポンド(約9700億円)に放映収入がアップする見込みだ。世界中で視聴されるプレミアリーグのブランド力は絶大なものだ。

全文はソース元で

引用元 : 移籍金高騰が止まらない! プレミアクラブの今夏放出資金が950億円に達する (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【止まらないプレミアリーグの移籍金高騰!今夏の放出資金は既に950億円!】の続きを読む

プレミアの隠れた移籍市場の主役とは ストーク・シティが電撃補強連発 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

今夏のストーク・シティの補強が凄い!これがプレミアリーグの力か

ストーク・シティが移籍市場で積極的な動きを見せ、プレミアの移籍市場の隠れた主役となっている。昨季はバルセロナ出身のFWボージャン・クルキッチや元マンチェスター・ユナイテッドのFWマメ・ディウフ、元チェルシーMFビクター・モーゼスらテクニックとスピードを武器とする選手を多くチームに加えた。マーク・ヒューズ監督のもと、これまで元イングランド代表FWクラウチら長身選手を多く並べるロングボール一辺倒の戦い方から脱却したチームは、昨季リーグ戦9位と躍進した。    

立役者の一人でもある守護神GKアスミル・ベゴヴィッチはチェルシー移籍が濃厚だが、すでに後任候補としてアストン・ビラを退団していた元アイルランド代表GKシェイ・ギブンと2年契約を結び、着実な補強を行った。    

さらに同日、チェルシーからオランダ人MFマルコ・ファン・ヒンケルを1年間の期限付き移籍で獲得したことも発表。昨季はACミランに期限付き移籍していた司令塔は、セビージャへ旅立ったフランス人MFスティーブン・エヌゾンジの穴埋めが期待される。2013年夏にオランダのフィテッセからロンドンへとやって来たファン・ヒンケルだが、加入直後に負傷で離脱するなと、チェルシーでは出番に恵まれなかった。    

英衛星放送「スカイ・スポーツ」によれば、リバプールを退団した元イングランド代表DFグレン・ジョンソンも、ストークでメディカルチェックを行っており、加入目前となっている。実力者が続々とブリタニア(ストークの本拠地)に集結している。

全文はソース元で

引用元 : プレミアの隠れた移籍市場の主役とは ストーク・シティが電撃補強連発 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【今夏のストーク・シティの補強が凄い!これがプレミアリーグの力か】の続きを読む

S・ラモスは過大評価? キャラガー氏:「イングランドではそういう感覚がある」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

S・ラモスは過大評価されている!イングランドでの風潮を語るギャラガー

元リヴァプールのジェイミー・キャラガー氏は、マンチェスター・ユナイテッド移籍が噂されるレアル・マドリーDFセルヒオ・ラモスの能力を疑問視する声があることを認めている。

「S・ラモスは近年のヨーロッパで最高峰のCBだ。マンチェスター・ユナイテッドはヨーロッパ最高のDFで、リーダーでもある選手を獲得しようとしている」

「しかし、彼はプレミアリーグの審判に気を付けなければいけない。彼がプレミアに来るのであれば、審判団は彼の関係書類に目を通すだろう」

一方、キャラガー氏はS・ラモスの活躍を疑う者もいると述べた。

「イングランドでは、S・ラモスが過大評価されているという感覚がある」

「私はそれに同意しないけれどね。彼の保持するタイトル数、これだけ長い間レアル・マドリーでプレーしていることが彼の能力を証明している。マドリーというクラブ、スペインという国でプレーする重圧は計り知れない」

全文はソース元で

引用元 : S・ラモスは過大評価? キャラガー氏:「イングランドではそういう感覚がある」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【S・ラモスは過大評価されている!イングランドでの風潮を語るキャラガー】の続きを読む

このページのトップヘ