スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

日本代表

シンガポール人、日本ユニで応援し自国民から非難。「本田が好きだから」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース


日本代表戦、シンガポール人が日本のユニ着用で非難も「本田が好きだから抵抗ない」

現地時間の12日に行なわれたワールドカップ・アジア予選シンガポール代表対日本代表の一戦で、シンガポール人ファンの意外な行動が話題を呼んでいる。14日、シンガポール『ザ・ニューペーパー』が報じている。  

ホームで日本を迎えたシンガポール代表だが、複数のシンガポール国民のファンが対戦相手である日本代表ユニフォームを着用してスタジアムで応援したのだ。これにはシンガポール国民から非難が挙がっている。  

24歳の女性であるカイルイさんは「日本の文化が好き」と日本への愛着を語る。それでも、「バランスを取れるように(シンガポール代表ユニフォームの)赤いバッグを持ってきた」と語った。  

一方で、日本のスター選手のファンもいたようで、ダリラさんはミランに所属する本田圭佑の熱烈なファンとのこと。「(日本のユニフォームを着用することに)抵抗はないわ。心の中ではシンガポールを応援しています」と語った。

「シンガポール側で日本代表ユニフォームを着用することは少し背信者のようでしたが、他の人もやっていたからいいんじゃないかしら」

全文はソース元で

引用元 : シンガポール人、日本ユニで応援し自国民から非難。「本田が好きだから」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【日本代表戦、シンガポール人が日本のユニ着用で非難も「本田が好きだから抵抗ない」】の続きを読む

ハリルJ カンボジア戦へ“大胆采配”先発最大8人入れ替えも (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース


日本代表、カンボジア戦は先発8人入れ替えの大幅変更か

日本代表が17日のカンボジア戦でターンオーバー制を敷く。試合会場で冒頭15分を除いて非公開で行われた15日の戦術練習で主力組が12日のシンガポール戦から大幅に変更されたことが判明した。 【

構造上の問題で非公開が困難な会場だったが、この日は情報漏えいを警戒して約30人の警備員を配置する厳戒態勢。それでも関係者の話を総合すると岡崎、香川、宇佐美、原口、遠藤、山口、藤春らがテストされたもようで、最大8人前後が入れ替わる可能性がある。  

ハリルホジッチ監督はこれまでに「リスクはあるが、カンボジア戦ではできるだけ多くの選手を使いたい」と説明。 

トップ下で2試合ぶりの先発復帰が濃厚な香川は「今はいろいろなことを試している時期。次はメンバーが代わると思うけど、攻撃のイメージを共有できれば必ず点は取れる」と訴えた。

全文はソース元で

引用元 : ハリルJ カンボジア戦へ“大胆采配”先発最大8人入れ替えも (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

【日本代表、カンボジア戦は先発8人入れ替えの大幅変更か】の続きを読む

快勝の立役者…金崎と柏木の活躍に満足のハリル「私は正しかった」 | サッカーキング


ハリル、金崎と柏木の活躍に満足「私は正しかった」カンボジア戦は「1人、2人トライしたい」

日本代表は、12日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア2次予選でシンガポール代表とアウェーで対戦。前半に金崎夢生と本田圭佑、後半には吉田麻也が得点し、3-0で勝利を収めた。  

スコアレスドローに終わった6月の“リベンジ”を果たしたヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「勝ててうれしく思う。そして選手を祝福したい。前半はかなりよかった。野心とアグレッシブさを見せることができたし、いくつかの美しいアクションもあった」と前半の出来には満足している様子。  

現在は「より良い解決策を探している最中」だと語るハリルホジッチ監督。この日、活躍を見せた金崎やMF柏木陽介については「長い時間をかけて追跡してきた。そして私は彼らに、表現する場を与えていた。この2人(金崎と柏木)は素晴らしい試合をしたので、私は(自分の判断が)正しかったと思っている」と今回の起用が狙い通り機能したと振り返った。  

カンボジア戦でも、新しい選手を起用することを示唆し、「私の頭のなかでは(来年)3月の準備も考えていて、また1人か2人、トライしたい選手がいる。そして最終予選のときは、グループはもっと小さくなっていると思う。人数がだんだん限られてくるわけだが、できるだけ良いチームを探さないといけない」と最終予選に向けて代表の候補者を絞っている段階だと説明した。  

全文はソース元で

引用元 : 快勝の立役者…金崎と柏木の活躍に満足のハリル「私は正しかった」 | サッカーキング

【ハリル、金崎と柏木の活躍に満足「私は正しかった」カンボジア戦は「1人、2人トライしたい」】の続きを読む

“リベンジ”達成も3ゴールに不満のハリル「もう少し点が取れた」 | サッカーキング


 

ハリル、もっとゴールを要求「もうちょっと点を取るべき」シンガポール戦も得点力不足を指摘

日本代表は、12日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア2次予選でシンガポール代表と対戦し、3-0で勝利を収めた。  

「まずは選手におめでとうと言いたいです」と、リベンジ達成を果たした選手たちを称えたが、「我々はもう少し点が取れたと思います」と苦言を呈した。

「ディフェンスに関してしっかりボールを奪えてよかったと思います。オフェンスに関しても美しいアクションはあったが、慌てたことと少し運も悪かった」と振り返ると、「こういう試合はもうちょっと(点を)取るべきだと思います」と、3ゴールに不満感を示した。

全文はソース元で

引用元 : “リベンジ”達成も3ゴールに不満のハリル「もう少し点が取れた」 | サッカーキング

【ハリル、もっとゴールを要求「もうちょっと点を取るべき」シンガポール戦も得点力不足を指摘】の続きを読む

「ここにメッシ2世がいた!」久保建英がフランス相手に決めたゴールに伊メディア興奮! (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース


伊メディア「久保建英はメッシ2世だ」フランス相手に見せたドリブルシュートに興奮【ハイライト動画】

バルセロナから日本へ戻ってきても、久保建英(14)は別格のままだ。

久保はフランスで開催されたヴァル・ドゥ・マルヌU-16大会に日本代表選手として出場。14歳の久保にとって周りはほとんどが先輩であり、外国人選手は体も大きい。その中でも久保のテクニックは異彩を放ち、フランス戦では細かいタッチのドリブルから中へ切れ込んで左足シュートを決めてみせた。体の大きいフランス人DFが縦に横にと翻弄される姿はまさにバルセロナFWリオネル・メッシを思わせる。

このプレイを伊『ガゼッタ・デロ・スポルト』は動画で紹介。「ここにメッシ2世がいた」と久保のプレイを称えた。同メディアは久保のスラロームがメッシに似ていると伝えており、左足のドリブルからシュートへと繋げる流れはメッシそのものだ。


全文はソース元で

引用元 : 「ここにメッシ2世がいた!」久保建英がフランス相手に決めたゴールに伊メディア興奮! (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【伊メディア「久保建英はメッシ2世だ」フランス相手に見せたドリブルシュートに興奮【ハイライト動画】】の続きを読む

ハリルジャパン、3発快勝で首位再浮上…金崎代表初ゴール&本田4戦連発 | サッカーキング


 

日本が3ゴール完封で首位浮上!金崎&本田&吉田がゴール【スタッツ・ハイライト動画】

2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選が12日に行われ、日本代表は敵地でシンガポール代表と対戦した。  

日本は10月に行われた同予選のシリア代表戦で3-0の勝利を収めた。消化試合数が1試合少ないためグループEの2位につけるが、この試合で勝点3を獲得すれば再び首位に立つ。一方、3勝1分け1敗で3位のシンガポールは、2予選突破に向けてスコアレスドローで終えた6月の同一カードの再現を狙う。  

この日から新しいユニフォームを身にまとった日本の先発メンバーは、GK西川周作、右からDF酒井宏樹、DF吉田麻也、DF森重真人、DF長友佑都、ボランチにMF長谷部誠とMF柏木陽介。トップ下にMF清武弘嗣が入り、前線は右からFW本田圭佑、FW金崎夢生、FW武藤嘉紀が名を連ねている。柏木と金崎はヴァイッド・ハリルホジッチ監督体制下で初の先発出場となった。

日本は87分に右CKを獲得。柏木のクロスから吉田がヘディングシュートを放ったが、ここは一度クリアされる。しかし、こぼれ球を宇佐美がボレーで狙うと、ゴール前の吉田がコースを変えてゴールイン。日本がリードを3点に広げた。
 
このままリードを保った日本が3-0で勝利を収めた。日本は暫定首位に立っていたシリアを抜き、首位に再浮上している。
 
日本代表は17日に敵地でカンボジア代表と対戦する。

【スコア】
シンガポール代表 0-3 日本代表
【得点者】
0-1 20分 金崎夢生(日本代表)
0-2 26分 本田圭佑(日本代表)
0-3 87分 吉田麻也(日本代表)

全文はソース元で

引用元 : ハリルジャパン、3発快勝で首位再浮上…金崎代表初ゴール&本田4戦連発 | サッカーキング

【日本が3ゴール完封で首位浮上!金崎&本田&吉田がゴール【スタッツ・ハイライト動画】】の続きを読む

熾烈を極める攻撃陣のポジション争い…武藤&清武らがスタメン入りか | サッカーキング


 

no title

2018年ロシアワールドカップアジア2次予選・シンガポール戦がいよいよ明日12日に迫ってきた。試合前日の11日は昼過ぎから日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督とシンガポール代表のベルント・シュタンゲ監督が記者会見を実施。夕方から決戦の地となるナショナル・スタジアムでそれぞれのチームが公式練習を行った。  

17時半少し前からトレーニングを開始した日本は、この日も冒頭15分のみのメディア公開。指揮官は3分間の屋外ミーティングで選手たちの士気を今一度、高めた。昨年10月のブラジル戦の際は砂場のようなピッチコンディションが問題視されたが、今回はだいぶ改善されたようだ。それでも「ちょっと激しくプレーすると悪くなるところはある」と長友佑都(インテル)が言うように、懸念材料はある。その芝生に加え、気温30度、湿度70%の高温多湿の気象条件もあり、明日は難易度の高いゲームを強いられるだろう。  

こうした悪条件下でも日本が勝ち点3を義務付けられているのは変わらない。指揮官は「選手のコンディションを見ながら今晩か明日の朝にスタメンを決める」と語っていたが、ベースの部分は大きくは動かさないだろう。GK西川周作(浦和レッズ)、酒井宏樹(ハノーファー)、槙野智章(浦和)、吉田麻也(サウサンプトン)、長友佑都(インテル)の最終ライン、ボランチの長谷部誠(フランクフルト)、右FW本田圭佑(ミラン)、左FW原口元気(ヘルタ・ベルリン)といったところは確実に先発に名を連ねるはずだ。

全文はソース元で

引用元 : 熾烈を極める攻撃陣のポジション争い…武藤&清武らがスタメン入りか | サッカーキング

【日本代表、シンガポール戦スタメン予想 香川は温存か?【アンケート実施】】の続きを読む

【日本代表/編集長の視点】本田と宇佐美の選出は妥当なのか。代表の場に指定席はいらない (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース


本田と宇佐美は選出するな!日本代表には指定席はいらない

11月に行なわれるシンガポール戦とカンボジア戦のメンバーに、なぜ本田は選ばれたのか。  

確かに今回のワールドカップ・アジア2次予選の活躍ぶりを振り返れば、本田は不可欠な戦力だ。9月3日のカンボジア戦では思い切りの良いミドルから先制弾を叩き込み、10月8日のシリアとのアウェーゲームではPKで決勝点を決めるなど、勝負どころで大きな仕事をしている。  

加えて、現代表メンバーのなかでは誰よりもボールが収まり、攻撃の起点になっている。チュニジアやイラクとの親善試合でもさすがの存在感を示しているのだから、冒頭の疑問は単なる“クレーム”に過ぎないと批判されても致し方ない。  

とはいえ、見逃せないのはハリルホジッチ監督のコメントだ。11月5日のメンバー発表会見で、指揮官ははっきりとこう言った。 「(就任)1年目はできるだけ新しい選手を見たい。レベルとパフォーマンスが良くなければ、A代表には入れない」  

その選出基準に照らし合わせると、本田の招集には疑問符が付く。  

ちなみに、今季の出場時間は少ないが、インテルの長友はここにきてマンチーニ監督の信頼を得つつある。

ハリルホジッチ監督に言わせれば、本田より優れたアタッカーが見つからなかったということになるのだろう。確かにそうかもしれないが、となると「1年目はできるだけ新しい選手を見たい」という部分がぶれてくる。
 
今回の会見でハリルホジッチ監督は「私の頭の中には35人の選手がいる」と話していた。ならば本田を外して、“そのなか”で未招集もしくは代表歴が浅いアタッカー(例えば広島の浅野)を呼ぶべきだったのではないか。
 
11月の連戦は、10月のシリア戦に比べて明らかにハードルは低い。ホームで引き分けたシンガポールとの戦力差もだいぶ大きく、本田ひとり欠けてもさして問題ではないだろう。
そもそも、ミランで燻る本田に頼っている現状が健全ではない。やはり金崎のようにクラブで結果を出している選手が呼ばれてこそ代表チームと言えるだろう。

結果という点では、宇佐美の選出にも首を傾げてしまう。公式戦では9月26日の柏戦を最後に8試合もゴールから見放されており、先のナビスコカップ決勝では鹿島の守備陣に抑え込まれていた。明らかに疲労の色が濃くなってきているのだから、このタイミングで休ませる手もあった。
 
ドルトムントで常時出場している香川に対して「休むことも必要だ」とコメントしたハリルホジッチ監督が、自らの発言を否定するかのように、疲労困憊に映る宇佐美を招聘した真意をいまひとつ測りかねる。その才能に指揮官が惚れ込んでいるのは確かだが、仮にそれだけで招集しているとしたら競争など生まれない。

なにも、本田や宇佐美が代表に不要と主張しているわけではない。前者は試合勘、後者はコンディションに不安を抱えていそうな今回に限っては、選ばなくてもよかったとそう言いたいだけだ。代表にシビアな競争意識を植え付けるためにも、“特別扱い”に見える選考は避けるべきだろう。
 
「岡崎は少し疲れている」(ハリルホジッチ監督)のなら、代わりに武藤をCFに先発起用してもいい。

代表の場に指定席はいらない。アジア2次予選を進行中というタイミングでなら、柏木を招集して柴崎を外すような決断がもっとあっていいはずだ。競争なくして、ロシア・ワールドカップへの道は開けない。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

全文はソース元で

引用元 : 【日本代表/編集長の視点】本田と宇佐美の選出は妥当なのか。代表の場に指定席はいらない (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【本田と宇佐美は選出するな!日本代表には指定席はいらない】の続きを読む

【日本代表】香川にゴールを期待するのはナンセンス。ドルトムントでのプレーを検証し、背番号10の活かし方を探る (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース


 

日本代表で香川にゴールを期待するのは間違っている!!ドルトムントでのプレーから10番の活かしかたは?

11月8日に行なわれたドルトムント対シャルケのルールダービーで、香川は先制ゴールを挙げ、3-2の勝利に貢献した。ヘディングで決めたこと自体も珍しいが、その内容も、相手DFに競り勝って頭で叩き込むという、香川らしからぬパワフルなゴールだった。

「香川、最近調子いいね」  

しかし、この評価は、半分正しく、半分は間違っている。  

昨季の後半戦、少なくとも今年1月のアジアカップの時点で、すでに香川のコンディションは上向き、プレーの質も高かった。そして今季は、トゥヘル監督が指揮するドルトムントの戦術にバッチリかみ合い、好調が“絶好調”になった。そんな状況である。  

首を傾げるのは、「香川はゴールを決めてナンボ」と思い込むひとだろう。だが、それはもう過去の話。すでに香川の評価軸は変わった。  

ドルトムントでは、ゴールゲッターではなく、状況をガラッと一変させるパサー、魔法使いとして新境地を切り開いた。ブンデスリーガ12試合で3ゴールという平凡な得点率だが、香川の中盤を活性化させるプレーぶりは高く評価されている。そして筆者も、これが香川というプレーヤーの生来の姿だと感じる。

そこで重要になるのは、『ギンタールート』だ。

敵陣の左サイドで香川がボールを受けた時、反対側の右SBであるギンターが後方から、斜めにペナルティエリアへ走り抜ける。オフサイドにかからない、ぎりぎりのタイミングで。そこへ香川は、相手DFの頭を越えるダイアゴナル(斜め)の浮き球をぴたりと合わせ、一発のパスでゴール前を陥れる。ドルトムントは、相手チームが引いて守る時、このパターンで何度も得点を重ねた。
 
左サイドでボールを保持した際、右SBはピッチ上で最もボールから遠い、影の薄い存在になる。相手DFも、FWをマークしているため、ギンターへの警戒が薄い。その間隙を縫って死角から飛び出すため、『ギンタールート』は敵の虚を突く。

シンガポール戦で出場が予想される酒井宏が、同サイドの本田とだけではなく、逆サイド側から香川のパスで走り抜けることができれば、ビッグチャンスになるのは間違いない。
 
シンガポール戦で、『ギンタールート』が『ヒロキルート』で再現されることを期待している。
取材・文:清水英斗(サッカーライター)

全文はソース元で

引用元 : 【日本代表】香川にゴールを期待するのはナンセンス。ドルトムントでのプレーを検証し、背番号10の活かし方を探る (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【日本代表で香川にゴールを期待するのは間違っている!!ドルトムントでのプレーから10番の活かしかたは?】の続きを読む

右ひざ負傷の東口、日本代表離脱が決定…仙台GK六反を追加招集 | サッカーキング




no title


JFA(日本サッカー協会)は7日、2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア2次予選のシンガポール代表戦(12日)、カンボジア代表戦(17日)に臨む日本代表メンバーにおいて、ガンバ大阪所属のGK東口順昭に代わって、ベガルタ仙台に所属するGK六反勇治を追加招集することになったと発表した。  

東口は同日行われた2015明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第16節のサンフレッチェ広島戦で右ひざを負傷。担架でピッチを後にし、試合後には病院に向かっていた。

全文はソース元で

引用元 : 右ひざ負傷の東口、日本代表離脱が決定…仙台GK六反を追加招集 | サッカーキング

【東口、右膝負傷で日本代表離脱… 仙台GK六反が追加招集】の続きを読む

このページのトップヘ