スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

デイビッド・モイーズ

モイーズ戻ってこい! マンUサポーターからまさかの声が挙がる (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース


モイーズよマンUに帰ってきてくれ!!サポーターからまさかの復帰要請

デイビッド・モイーズがマンチェスター・ユナイテッドの指揮官を解任された時、多くのサポーターが暗黒時代から抜け出せると喜んだことだろう。実際、後任のファン・ハールはチャンピオンズリーグ出場権獲得を実現し、徐々にチームをあるべき位置に戻している。しかし、現在のマンUは深刻な得点力不足に陥っている。

マンUは今季22試合を戦って無得点で終えた試合が6試合、1得点しか奪えなかった試合が6試合ある。スタジアムに駆け付けるサポーターは半分以上の試合で無得点か、1点しか入らない退屈なゲームを見せられている。マンUサポーターの一部はファン・ハールもモイーズと変わらず退屈だと嘆いており、モイーズの帰還を求める声まで挙がっている。

SNS上では

「モイーズ戻ってこい! ファン・ハールはマンUの成長の可能性を殺している」

「ファン・ハールの下ではアウェイで得点を奪うことに苦労していた。でも今ではホームでも得点を奪えないじゃないか! モイーズはここまで悪くなかった」

といったコメントが並んでおり、ファン・ハールの解任を求める声が高まっている。

全文はソース元で

引用元 : モイーズ戻ってこい! マンUサポーターからまさかの声が挙がる (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【モイーズよマンUに帰ってきてくれ!!サポーターからまさかの復帰要請】の続きを読む

ソシエダ、モイーズ後任にサクリスタン招へい 2017年まで契約を結ぶ (GOAL) - Yahoo!ニュース


モイーズ、レアル・ソシエダの監督を解任!後任はエウセビオ

レアル・ソシエダは9日、解任したデイビッド・モイーズ監督の後任として、エウセビオ・サクリスタン氏(51)を招へいしたことを発表した。

同日にモイーズ監督との契約を解消したソシエダは、その発表の数時間後にサクリスタン氏との契約に関して合意に至ったことを発表。新指揮官とは2017年6月までとなる契約を結んだ。

全文はソース元で

引用元 : ソシエダ、モイーズ後任にサクリスタン招へい 2017年まで契約を結ぶ (GOAL) - Yahoo!ニュース

【モイーズ、レアル・ソシエダの監督を解任!後任はエウセビオ】の続きを読む

モイーズ監督の招聘は“消去法”だった? ファーガソン氏が明かす (ISM) - Yahoo!ニュース

ファーガソン、モイーズのマンU監督就任はペップらに断られて”仕方なく”と消去法で選出したと明かす

元マンチェスターU(イングランド)指揮官のアレックス・ファーガソン氏が現地時間21日、書籍『Leading』の出版イベントに出席。自身の後継者として、デイヴィッド・モイーズ監督(現レアル・ソシエダ/スペイン)ではなく、ペップ・グアルディオラ監督(現バイエルン/ドイツ)の招聘を望んでいたことなどを明かした。  

ファーガソン氏は同書の中で「ペップに、他クラブからのオファーを引き受ける前に私に電話してほしいと伝えたが、彼はそれをせず、2013年7月にバイエルンの指揮官に就任した」と当時の経緯を明かしている。  

ファーガソン氏が27年間務めたマンUの指揮官からの退任を発表したのは2013年5月のことだが、妻の姉妹が亡くなったのちの2012年12月には、そのことを決断していたという。(マンUの本拠地)オールド・トラフォードにおける後任者探しは、ファーガソン氏が決断をグレイザー一家に伝えた2013年3月から、水面下で開始された。  

同氏は「ジョゼ・モウリーニョ監督(現チェルシー/イングランド)はチェルシーへの復帰希望を、オーナーのロマン・アブラモヴィッチ氏に伝えたということが明らかになった。カルロ・アンチェロッティ監督はモウリーニョ監督の後任として、レアル・マドリー(スペイン)にいくことも分かった」「また、ユルゲン・クロップ監督はドルトムント(ドイツ)で満足しており、新契約にサインすることも知った。その間、ルイス・ファン・ハール監督はオランダ代表を率いて2014年W杯への準備を進めていた」と綴った。  

結局、マンUは望んでいた候補者と契約することができず、新指揮官にモイーズ監督を指名。


全文はソース元で

引用元 : モイーズ監督の招聘は“消去法”だった? ファーガソン氏が明かす (ISM) - Yahoo!ニュース

【ファーガソン、モイーズのマンU監督就任はペップらに断られて”仕方なく”と消去法で選出したと明かす】の続きを読む

モイーズ、ルーニーをストライカーとして評価も… (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

モイーズ「ルーニーは数年後には中盤でプレーすべき」元教え子を語る

ソシエダを率いるデイビッド・モイーズ監督が、古巣のマンチェスター・ユナイテッドFWウェイン・ルーニーをストライカーとして評価しながらも、今後キャリアを続けていく中でMFに転向する必要が出てくるかもしれないと主張した。  

『スカイスポーツ』によると、モイーズ監督はMFにコンバートすることで、ルーニーのキャリアはより長くなると『BBC』に語ったようだ。

「ルーニーは現時点でイングランド最高のストライカーであり、ゴールを量産し続けるべき」とストライカーとしての能力に疑問を持っていないとしながらも、「ただ、数年経って走れなくなるようなら、MFに転向することも良いだろうし、そちらの方がより能力を活かすことができるだろう」とゆくゆくは中盤でプレーすべきだと話した。

「彼は素晴らしいサッカー選手であり、パスの出し手でもあるんだ。一つ後ろのポジションに入ることも可能だ」

全文はソース元で

引用元 : モイーズ、ルーニーをストライカーとして評価も… (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【モイーズ「ルーニーは数年後には中盤でプレーすべき」元教え子を語る】の続きを読む

イングランド復帰の可能性があったモイーズ 「夏にプレミアからオファーがあった」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

やっぱりモイーズは大人気!プレミアリーグから複数のオファーがあった

レアル・ソシエダを率いるデイビッド・モイーズ監督は、現在もプレミアリーグで評価されているようだ。オフに複数のクラブから就任のオファーがあったことを、本人が明かしている。

そんなモイーズ監督に、プレミアリーグ復帰の可能性があったという。スペイン『El Diario Vasco』のインタビューに答えたモイーズ監督は、いくつかのオファーを受けながらも、ソシエダでの指揮を続けることを決断したと語っている。

「夏にプレミアリーグの多くのクラブからオファーを受けた。でも、ここに残ることに決めたんだ。このクラブのプロジェクトと、私がよく知っている選手たちのことを信じているからね」

「ソシエダのファンは素晴らしい。彼らは、我々が常に上位を争うクラブに加わろうとしていることを知っている。ここでの経験を本当に楽しんでいるよ。クラブとの関係も良く、とても幸せだ」

全文はソース元で

引用元 : イングランド復帰の可能性があったモイーズ 「夏にプレミアからオファーがあった」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【やっぱりモイーズは大人気!プレミアリーグから複数のオファーがあった】の続きを読む

岡崎加入のレスター、監督解任を発表。後任はモイーズ? (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

モイーズ、岡崎が移籍したレスターの後任監督候補に!!

日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティが現地時間の30日、ナイジェル・ピアソン監督の解任を発表した。  

同指揮官は2011年よりチームを指揮。10年ぶりのプレミアリーグ昇格に導いた。2014-2015シーズンは約5ヶ月間にわたって最下位に沈んでいたものの、終盤なんとか挽回して残留を勝ち獲った。  

英紙『テレグラフ』によると、後任監督にはかつてマンチェスター・ユナイテッドで日本代表MF香川真司を指導したレアル・ソシエダ指揮官デイビッド・モイーズ監督が候補に挙がっている。また、バーンリーのショーン・ダイチ監督も候補の1人だ。

全文はソース元で

引用元 : 岡崎加入のレスター、監督解任を発表。後任はモイーズ? (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【モイーズ、岡崎が移籍したレスターの後任監督候補に!!】の続きを読む

モイーズ、スペインでは愛されキャラ? スペイン紙がインタビュー - Goal.com

2-23,15 moy

マンチェスター・ユナイテッドを追われたデイビッド・モイーズ監督だが、スペインでの受けは悪くないようだ。『マルカ』のインタビューに答えている。

そんなイングランド人監督に、スペインメディアも興味津々のようだ。『マルカ』はモイーズ監督に、12の質問をぶつけている。

ホームタウンであるサン・セバスチャンについては、「散歩して考え事をするには完璧だね。食べ物も素晴らしい。特に魚が気に入っている」とご機嫌だ。

ただし、スペイン語はまだよく分からないという。

「今のところ、いくつかの言葉を知っているだけだ。ほとんどがサッカー関連だね。センテンスにして話すことはできないんだ」

その分、心を読むことで対応しようとしている? 好きな本についてはこう語る。

「あまり読書家ではないんだ。心理学やモチベーションに関する本はたくさん読んだよ」

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/73/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3/2015/02/22/9166212/%E3%83%A2%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%A7%E3%81%AF%E6%84%9B%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A9-%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E7%B4%99%E3%81%8C%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC

【モイーズ、スペインでは愛されキャラ?スペイン紙がインタビュー】の続きを読む

リーガとプレミアを比較するモイーズ 「スペインはプレーを止め過ぎる」 - Goal.com

2-22,15 moi

今季途中からレアル・ソシエダを率いるデイビッド・モイーズ監督がスペイン『マルカ』とのインタビューに応じ、リーガエスパニョーラとプレミアリーグの違いを分析している。

元マンチェスター・ユナイテッド監督は、両リーグの異なる部分として、試合日程と開催時間、またレフェリングを挙げた。

「似たようなところもあるが、かなり異なる部分も存在している。似ているのは、選手たちのプロフェッショナルとしての姿勢だね。一方、異なる部分は数多く、例えば試合日程や開催時間だ。ここでは来季がいつから開幕するのか分からないが、イングランドでは11月の時点で知ることができる。それはプレミアの方が良いよ。また、試合開始時間の変更はチームの助けにならない」

「もう一つの異なる部分は、レフェリングだ。ここではプレーを止め過ぎる。何度もファウルと判定され、カードが提示されるんだ。それは審判のせいでもあるし、選手のせいでもある」

リーガの試合枠は12時から22時まで存在している。

「まず言っておきたいのは、私はスペインを変えるためにソシエダにいるわけではないということだ。それを前提として意見を口にさせてもらうが、5~7歳の子供を22時の試合に連れていくことはできない。遅すぎるよ」

「もちろん、我々はテレビの助けを必要としている。が、スタジアムには未来のファンとなる存在が必要なんだ。私の疑問は『我々の子供たちを、どうして22時開始の試合に連れていける?』ということなんだよ」

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/73/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3/2015/02/21/9145772/%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%81%A8%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%82%92%E6%AF%94%E8%BC%83%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%A2%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AF%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%92%E6%AD%A2%E3%82%81%E9%81%8E%E3%81%8E%E3%82%8B

【リーガとプレミアを比較するモイーズ 試合日程、時間、レフェリングを批判】の続きを読む

モイーズ監督にプレミア復帰の可能性が浮上。FA杯大敗のハマーズ幹部が指揮官に不満表す (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

2-19,15 moi

現地14日に行われたFAカップ5回戦でWBAに大敗したウェストハムは、シーズン終了後に契約満了を迎えるサム・アラダイス監督に見切りをつけ、新たな指揮官を探し始めたようだ。  

先週末のFA杯で0-4と再び大敗したアラダイス監督は試合後、毎年冬の移籍市場で補強がうまくいかず、怪我人の多さをカバーできないことが問題だと主張。これをクラブ幹部はフロント批判とみなし、同監督はクラブビジョンを共有できる人物ではないと疑念を抱かれている。  

また試合後には、昨季から続く大敗に対して怒りを表すサポーターが、スタジアムを後にしようとするオーナーを囲い込み、アラダイス監督の更迭を激しい口調で要求。クラブ幹部本人や所属選手たちが SNSで声明を発表しなければならないほど、事態は悪化した。  

英紙『テレグラフ』の記事によれば、昨季途中までマンチェスター・ユナイテッドで指揮を執ったソシエダのデイビッド・モイーズ監督と、現役時代にウェストハムの在籍経験があるベジクタシュのスラベン・ビリッチ監督が候補者リストに挙がっているという。  

ウェストハム幹部は特にエバートン時代のモイーズ監督の手腕を高く評価しており、トップ4を目指したチーム作りに意欲を示している。ソシエダとの契約は2017年夏までだが、アラダイス監督に世界で13番目に高額な年俸を支払うほど資金力があるウェストハムに移る可能性も否定できない。

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150218-00010032-footballc-socc

【モイーズがプレミア復帰の可能性?ウェストハムが指揮官に不満】の続きを読む

Yahoo!ニュース - 退席処分のモイーズ監督、スタンドで女性ファンとお菓子食べる チームは5回戦敗退/国王杯 (ISM)

moyesssss

スペイン国王杯(コパ・デル・レイ)は現地時間14日に5回戦セカンドレグの4試合が行なわれ、レアル・ソシエダはホームでビリャレアルと2対2で引き分け、2試合合計スコア2対3で8強入りを逃した。  

アウェイでのファーストレグを0対1で落としていたソシエダは、27分にドス・サントスのお膳立てからモレーノに先制点を奪われる。前半終了間際にベラのゴールで1対1としたものの、73分にスローインの流れからドス・サントスに追加点を奪われ窮地に立たされる。

その2分後にベラとのコンビネーションからグラネロがネットを揺らすと、終盤は相手に退場者が出て数的優位に立ったが、公式戦ここ13試合無敗のビリャレアルを相手に、試合をひっくり返すまでは至らず。2試合合計2対3で5回戦敗退が決定した。  

なお、この試合終盤には、ソシエダのモイーズ監督が判定への抗議で退席処分を受けた。スタンド送りにされた同監督は、観客席の女性ファンから“cheeto”(チーズ味のスナック菓子)を渡され、それを食べながら試合を観戦する一幕も見せている。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150115-00000010-ism-socc

【退席処分を受けたモイーズ、スタンドで女性ファンとお菓子を食べる】の続きを読む

このページのトップヘ