スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ボルシア・ドルトムント

ドルト“解体”が止まらない。主将、司令塔、10番、守備の要が退団へ (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース



no title


日本代表FW香川真司が所属するボルシア・ドルトムントの“解体”が止まらない。  

今夏既に主将DFマッツ・フンメルスと司令塔MFイルカイ・ギュンドアンの退団が決定しているドルトムント。フンメルスは宿敵バイエルン・ミュンヘンへ、ギュンドアンはマンチェスター・シティへの移籍が決定している。しかし、さらに2選手の退団が決定的となった。

イタリア『ジャンルカ・ディマルツィオ』は26日、ドルトムントの背番号10番を背負うヘンリク・ムヒタリアンが移籍金3800万ユーロ(約43億円)でマンチェスター・ユナイテッド移籍で基本合意に至ったと報じている。さらには守備の要であるDFネベン・スボティッチは自身のFacbookページにて今年限りでドルトムントを退団する意向を発表した。  

全文はソース元で

引用元 : ドルト“解体”が止まらない。主将、司令塔、10番、守備の要が退団へ (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【クロップのドルトムントは”解体” ムヒタリアン、スボティッチも退団!オーバメヤンも】の続きを読む

ムヒタリアンのマンU移籍が43億円で大筋合意 アシスト王もドルトムントから流出へ (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


ドルトムントのファンタスティック4が解散!ムヒタリアンがマンUへ43億円で移籍

ドルトムントのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンが、マンチェスター・ユナイテッドに3800万ユーロ(約43億円)で移籍することで大筋合意に達したと、イタリア移籍専門サイト「ジャンルカ・ディマルツィオ」が報じている。

ドルトムントは今オフ、若手の逸材を買い漁る一方で、チームの主軸を担ってきた選手を慰留できなかった。主将のドイツ代表DFマッツ・フンメルスが宿敵バイエルンに移籍し、司令塔のドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンはマンチェスター・シティに移籍した。  

そして今季、公式戦23得点32アシストと衝撃の結果を残してきた背番号10がチームを去ることになった。最新のレポートでは、ドルトムントは2017年6月に契約満了となるムヒタリアンを、43億円の移籍金で放出することに大筋で合意。あとは書面上のやり取りを残すのみになっているという。  

ドルトムントはこれまで、契約期間が残り1年となったにもかかわらず、今夏のムヒタリアン放出を拒んできたが、結局は“赤い悪魔”のオファーとムヒタリアン側の揺さぶりに抗うことができなかったようだ。

日本代表MF香川真司にとっては無二の親友ギュンドアン、主将フンメルスに続き、「ファンタスティック4」と呼ばれた攻撃カルテットを組んでいた仲間ムヒタリアンを失うことになる。

全文はソース元で

引用元 : ムヒタリアンのマンU移籍が43億円で大筋合意 アシスト王もドルトムントから流出へ (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ドルトムントのファンタスティック4が解散!ムヒタリアンがマンUへ43億円で移籍】の続きを読む

香川はドルトムントの象徴と呼ぶべき選手に! 過去10年のドルトムント・ベスト移籍ランキング夏VerでTOP10に堂々選出 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース


香川真司は大発掘の「理想的モデル」ドルトムントのベスト移籍ランキングTOP10に選出

近年ドルトムントで育った選手がバイエルンに流れるケースが続いているものの、そのたびに穴を的確に埋めてくるドルトムントの補強は目を見張るものがある。特にユルゲン・クロップが率いていた際にはまだブレイクしていない若手選手を安価で獲得し、トップレベルの選手へと成長させるモデルが完璧に出来上がっていた。

そこで米『Breacher Report』は、過去10年間ドルトムントが夏に行った補強で大ヒットした選手をランキング化。ほとんどが最近までドルトムントでプレイしていた選手で構成されており、その中にはセレッソ大阪から引き抜かれた香川真司の名前も入っている。

6位 香川真司(セレッソ大阪→ドルトムント 2010年 35万ユーロ)
5位 イルカイ・ギュンドアン(ニュルンベルク→ドルトムント 2011年 550万ユーロ)
4位 マルコ・ロイス(ボルシアMG→ドルトムント 2012年 1710万ユーロ)
3位 マッツ・フンメルス(バイエルン→ドルトムント 2009年 420万ユーロ)
2位 ピエール・エメリク・オバメヤン(サンテティエンヌ→ドルトムント 2013年 1300万ユーロ)
1位 ロベルト・レヴァンドフスキ(レフ・ポズナン→ドルトムント 2010年 475万ユーロ)

6位に選ばれた香川は、ドルトムントの素晴らしいモデルを象徴する選手として取り上げられている。同メディアは香川を今やブンデスリーガのベストプレイヤーの1人になったと称賛しており、その香川をここまで育て上げたクロップの手腕も高く評価されている。

全文はソース元で

引用元 : 香川はドルトムントの象徴と呼ぶべき選手に! 過去10年のドルトムント・ベスト移籍ランキング夏VerでTOP10に堂々選出 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【香川真司は大発掘の「理想的モデル」ドルトムントのベスト移籍ランキングTOP10に選出】の続きを読む

ドルトムントに大打撃! 香川の相棒ロイスが全治6カ月の重傷と判明、年内復帰は絶望か (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


ロイス、全治6ヶ月の重症で今年が終了!香川の肩にドルトムントの未来が

EUROメンバーも落選した“悲劇の天才” 独紙が内転筋の腱断裂と報じる 負傷により欧州選手権(EURO)のメンバー登録から漏れたドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイスは内転筋の腱断裂による重傷であることが判明。6カ月の長期離脱も予測されるなど、ドルトムントに大打撃となっている。独紙「ビルト」が報じた。

ロイスは5月21日に行われたバイエルン・ミュンヘンとのDFBポカール決勝で負傷。EUROまでの回復が見込めず、ヨアヒム・レーブ監督は苦渋の決断の末にロイスをメンバー外とした。14年ブラジル・ワールドカップでも負傷の影響で落選となっていた27歳は、ドルトムントで今季まで同僚だったMFイルカイ・ギュンドアンとともに無念のメジャートーナメント連続欠場となった。  

そのロイスの苦難は長期化しそうだ。負傷は内転筋の腱断裂という重傷で、ケルンスポーツ大学のインゴ・フロブーゼ教授によれば、通常これだけの負傷の場合は「休養期間は6カ月が現実的」とのこと。ロイスは来季の開幕はおろか、2016年中の復帰も困難な状況だという。

彼らの放出に加えて残留確実と見られるロイスが長期離脱となれば、来季は今季とまるで異なったチームでの始動が求められる。2年目を迎えるトーマス・トゥヘル体制のチーム、そしてロイスらと好連携を見せてきた日本代表MF香川真司にとっても、厳しいシーズンの幕開けとなりそうだ。

全文はソース元で

引用元 : ドルトムントに大打撃! 香川の相棒ロイスが全治6カ月の重傷と判明、年内復帰は絶望か (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ロイス、全治6ヶ月の重症で今年が終了!香川の肩にドルトムントの未来が】の続きを読む

香川のピークはこれからくる ギュンドアンの穴埋めは“シンジ“に託された (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

香川真司のピークはこれから!来季は中盤の指揮者としてドルトムントの主役に

トーマス・トゥヘルの下で再び輝きを取り戻したドルトムントMF香川真司は、今季13得点と素晴らしい成績を残した。香川は2011-12シーズンに17得点を記録しており、今季はそれに次いで多い得点数だ。

米『Fear The Wall』は香川がチャンスを作り続けていたと高い評価を下しており、何度か途中出場からでもチームの流れを変えることがあったと香川の成長を伝えている。

ただし、見過ごせない点もある。 香川は後半戦に1度ポジションを失いかけたことがあり、出場機会が減ることになった。同メディアは香川とトゥヘルの間に何らかの問題があったのは確実と伝えており、シーズンを通して調子を維持できなかったことは新たな課題と捉えられている。

全文はソース元で

引用元 : 香川のピークはこれからくる ギュンドアンの穴埋めは“シンジ“に託された (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【香川真司のピークはこれから!来季は中盤の指揮者としてドルトムントの主役に】の続きを読む

香川とゲッツェのコンビが復活? ドルト、“チーム解体”危機で買い戻しに動く (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース


香川&ゲッツェのコンビが復活か!?来季のドルトムントは新ファンタスティック4

ボルシア・ドルトムントで再び香川真司とマリオ・ゲッツェのコンビがみられるかもしれない。10日、ドイツ紙『ビルド』が伝えている。  

今夏、主力の大量放出によって“チーム解体”の危機に立たされているドルトムント。既に主将マッツ・フンメルスと司令塔イルカイ・ギュンドアンを放出し、さらに背番号10番のヘンリク・ムヒタリアンにはマンチェスター・ユナイテッドを中心にビッグクラブが魔の手を伸ばしている。  

ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ワツケ社長は、これ以上の主力放出によるチーム崩壊を危惧している。

「私たちのマネージャー、ミヒャエル・ツォルクは非常に素晴らしいプランを持っている。私たちは、リニューアルの真っ只中に現在ある」と話し、オーバメヤンだけはなんとかチームに残したいと考えているようだ。  

バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲ会長は、ゲッツェをディスカウントしてでも放出したいという意思を強調している。

全文はソース元で

引用元 : 香川とゲッツェのコンビが復活? ドルト、“チーム解体”危機で買い戻しに動く (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【香川&ゲッツェのコンビが復活か!?来季のドルトムントは新ファンタスティック4】の続きを読む

ドルトムント“解体”? 主将&司令塔に続き39得点の大エースも退団か (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース


ドルトムントが解体の危機!オーバメヤンとムヒタリアンも退団、移籍が濃厚

ボルシア・ドルトムントのエースFWピエール=エメリク・オーバメヤンは、やはり今夏にも移籍が実現されそうだ。4日、イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。  

オーバメヤンは「私はドルトムントでうまくいっている。だが、クラブと話をする必要がある」と明かした。同選手は先月末にガボン代表監督に「移籍を考えているため、今回は代表選出を見送って欲しい」と伝えている。  

また、今シーズンを振り返り「我々は経験が欠けていた」と語っている。オーバメヤンは今シーズン公式戦49試合に出場し39得点8アシストと絶好調を維持したが、最終的にチームは無冠に終わっている。

全文はソース元で

引用元 : ドルトムント“解体”? 主将&司令塔に続き39得点の大エースも退団か (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【ドルトムントが解体の危機!オーバメヤンとムヒタリアンも退団、移籍が濃厚】の続きを読む

現地ベテラン記者「ゲッツェの復帰と香川の放出はイコールではない」 (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

香川もドルトムントから移籍するのか!?ゲッツェの復帰の影響は…

ヨーロッパリーグ準々決勝でドルトムントがリバプールに敗れた後、ドイツではこんな議論が繰り広げられた。

「この敗戦は、ドルトムントに悪影響を与えるか?」  

あれから2週間、多くのファンが「あの敗戦は良い方向に転がった」と言っている。  

そうした答えを導き出したのは、リバプール戦後のドルトムントが、30節のハンブルク戦、DFBカップ準決勝のヘルタ・ベルリン戦、31節のシュツットガルト戦の3連戦をいずれも3-0で快勝したからだ。私自身、3戦3勝は予想できたが、3試合すべてで完勝を収めるとは思ってもみなかった。  

喜ばしいのは、香川真司がこの3試合のいずれも先発フル出場したことだ。「それぞれの負担を調整しなければならない」という言葉をたびたび口にし、積極的にターンオーバー制を採用するトーマス・トゥヘル監督のやり方を考えれば、予期できなかった。  

それ以上に特筆すべきは、香川がいずれの試合でも素晴らしいパフォーマンスを見せたことだ。とりわけヘルタ・ベルリン戦はマン・オブ・ザ・マッチ級の活躍で、チームを3年連続のDFBカップ決勝に導く立役者となった。バイエルンに5-2で勝った2011-12シーズン以来の優勝をもたらすのは、この男かもしれない。  

フンメルス以外に去就が注目されているのが、イルカイ・ギュンドアンとヘンリク・ムヒタリアンだ。前者は退団が濃厚で、後者は契約延長(17年まで)が有力と言われている。  

では、香川は残留するのか? マリオ・ゲッツェは帰ってくるのか? これらの疑問が5月21日のDFBカップ決勝の前に解決されることはないだろう。いずれにせよ確かなのは、ゲッツェが市場に出れば獲得に動くとヴァツケCEOが宣言している点だ。  

ゲッツェのドルトムント復帰の可能性は低くない。ただし、それは香川の放出とイコールではない。トゥヘル監督のここ数週間の采配から香川に信頼を置いているのは明らかで、その期待に香川はしっかりと応えている。  

ハンブルク戦では、南側のスタンドで香川のチャントが鳴り響いた。サポーターの声援が、上り調子の彼をさらに鼓舞するかもしれない。

文:マルクス・バーク翻訳:円賀貴子

全文はソース元で

引用元 : 現地ベテラン記者「ゲッツェの復帰と香川の放出はイコールではない」 (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【香川もドルトムントから移籍するのか!?ゲッツェの復帰の影響は…】の続きを読む

香川が来季のチーム構想に入れない!? 英紙が来季の現実的な11人で香川の代わりに選出したのは…… (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

香川は来季ドルトムントで構想外!?英紙が主力11人を選出

今季リーグ戦2位と好調を維持しているドルトムントだが、現在の陣容を来季も維持できる可能性は低い。数日前にはDFマッツ・フンメルスがバイエルンへの移籍を希望していることを明かし、その他にもマンチェスター・シティ入りが噂されるMFイルカイ・ギュンドアン、複数のクラブから狙われているヘンリク・ムヒタリアン、FWピエール・エメリク・オバメヤンと主力の流失が続く恐れがある。

そこで英『Squawka』は、主力の一部が退団したことを考えて来季の理想的なイレブンを選出。現在ドルトムントが獲得に興味を示している選手も含め、チーム力を落とさない理想的な11人が選ばれた。

GK: ロマン・ ビュルキ

DF:ソクラティス・パパスタソプーロス、ウカシュ・ピシュチェク、マルセル・シュメルツァー、ニクラス・ズューレ(ホッフェンハイム)

ボランチ:ユリアン・ヴァイグル、マフムード・ダフード(ボルシアMG)

サイドハーフ:マルコ・ロイス、ヘンリク・ムヒタリアン

トップ下:マリオ・ゲッツェ(バイエルン)

FW:ウスマン・デンベレ(レンヌ)

全文はソース元で

引用元 : 香川が来季のチーム構想に入れない!? 英紙が来季の現実的な11人で香川の代わりに選出したのは…… (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【香川は来季ドルトムントで構想外!?英紙が主力11人を選出】の続きを読む

バイエルン会長、DFフンメルスとの接触認めるも「詳細は話さない」 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

フンメルス、バイエルン移籍へ向け交渉中と両クラブが認める

バイエルンの会長を務めるカール・ハインツ・ルンメニゲ氏が、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのドイツ代表DFマッツ・フンメルスと交渉していることを認めた。26日、アメリカメディア『ESPN』が伝えている。  

同メディアによると、ドルトムントの会長を務めるヨアキム・ヴァツケ氏が25日、バイエルンとの接触があることを認めた。フンメルスの価値に見合った金額のオファーが届けば、移籍を容認する意向だという。  

ルンメニゲ氏は「ヴァツケ氏から、マッツ(フンメルス)がバイエルン移籍を考えているという話は聞いているよ」とコメントし、フンメルス本人にバイエルン移籍の意志があることを明かした。  

一方で、フンメルスはドルトムントとの契約を2017年まで残している。同氏は「(両クラブとフンメルスの)3者が関与しているから、今日ここで詳細を話すことはしたくないんだ。我々は契約を考えているけど、ドルトムントと築き上げた関係を壊したくはないよ」と、ドルトムントと接触していることは明言したが、詳細を語るには至らなかった。

全文はソース元で

引用元 : バイエルン会長、DFフンメルスとの接触認めるも「詳細は話さない」 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【フンメルス、バイエルン移籍へ向け交渉中と両クラブが認める】の続きを読む

このページのトップヘ