スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

マンチェスター・ユナイテッド

シュバイニーの移籍金は約12億円、独5部クラブに約250万円が支払われる (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

シュバインシュタイガーのマンUへの移籍金は約12億円!報道の半額以下

バイエルンからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍を果たしたドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーの移籍金が思わぬ形で判明した。英『スカイスポーツ』が報じている。  

当初、移籍金は1500万ポンド(約28億円)だと伝えられていたが、独紙『ビルト』はその半額に近い650万ポンド(約12億円)だったと報道。真偽のほどが注目されていた。そんななか、バイエルンへ移籍した1998年。シュバイニーが13歳のときに所属していたTSV1860ローゼンハイム(5部相当)が声明を発表。

「シュバインシュタイガーの移籍には900万ユーロ(約12億1600万円)が支払われた」と明らかにし、「我々は2度の分割払いで支払いを受けることになり、顧問費用などを控除した後、我々は1万9000ユーロ(約260万円)を受け取ります。すでに8月に最初の支払いを受けており、我々は最初にプレーしたクラブとして利益を得ることができたことだけでなく、バスティアンの驚くべきキャリアを喜んでいる」とコメントした。  

全文はソース元で

引用元 : シュバイニーの移籍金は約12億円、独5部クラブに約250万円が支払われる (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【シュバインシュタイガーのマンUへの移籍金は約12億円!報道の半額以下】の続きを読む

ファーガソン、若手を使わないファン・ハールに苦言呈す (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

ファーガソンがファン・ハールに苦言!マンUユースの若手を起用しない将来性の無さを危惧

マンチェスター・ユナイテッドの伝説であるサー・アレックス・ファーガソンがファン・ハール監督のやり方に異議を唱えた。 新たに「Leading」という本を出版するアレックス・ファーガソン氏は、マンUの公式Facebookを使って宣伝を行った。

その中で、同氏は若手の教育を重視していたと述べている。これは今夏に大型補強を行ったクラブとファン・ハールのやり方を批判したものであり、『デイリー・スター』が同氏の言葉を紹介している。

マンUは前節のスウォンジー戦にアカデミー出身者を1人も起用しておらず、ベンチにGKサム・ジョンストンとDFバディ・マクネアがベンチに入ったのみであり、スタメンは豪華なメンバーで占められている。 「どんな組織を作るにしても、将来を見据えていかないといけない。私がマンUの指揮官に就任して初めにしたことは、ユースシステムを構築することだった。

すべての試合で先発の11人と7人のベンチプレイヤーが必要で、そのすべての枠をアカデミーから賄うことを考えた。私は常に3年後に完成させたいチームを考えて動く。そのために若手を育て、成長の手助けをし、そして成功への道を用意してあげれば、より簡単に高性能な組織を形成することができるんだよ」

「若手の選手は組織にファンタスティックなスピリットを注入できるし、若手は最初にチャンスを与えてくれた人や指揮官を忘れることはない。そこにクラブや指揮官への忠誠心が生まれるんだ」

全文はソース元で

引用元 : ファーガソン、若手を使わないファン・ハールに苦言呈す (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【ファーガソンがファン・ハールに苦言!マンUユースの若手を起用しない将来性の無さを危惧】の続きを読む

マンU、来年夏にドルトムントFWロイス獲得を検討? ヤヌザイとトレード移籍で (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

マンU、来夏にロイスをヤヌザイとトレードでドルトムントから獲得か

ドルトムントにベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイを貸し出したマンチェスター・ユナイテッドが、今度は反対にドイツ代表FWマルコ・ロイスの獲得を狙っているようだ。6日の英紙『デイリー・スター』が報じている。  

同紙によると、1年間の期限付き移籍で獲得したヤヌザイをドルトムントが気に入った場合、ロイスをトレード要員として差し出すのであればユナイテッド側はヤヌザイを完全移籍で手放しても構わないと考えているようだ。今夏にはアーセナルやチェルシー、マンチェスター・シティなどがロイス獲得に興味を示していたが、来年夏はユナイテッド移籍が本格化するかもしれない。

全文はソース元で

引用元 : マンU、来年夏にドルトムントFWロイス獲得を検討? ヤヌザイとトレード移籍で (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【マンU、来夏にロイスをヤヌザイとトレードでドルトムントから獲得か】の続きを読む

450億円のファン・ハール vs 120億円のモイーズ、マンUでの成績の差は… (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

450億円のファン・ハールと120億円のモイーズではマンUの成績に差はない?

ルイス・ファン・ハール監督は、名門マンチェスター・ユナイテッドのトップに就任してから2シーズン目を迎える。

しかし、英地元紙「メトロ」によると、次節で就任から公式戦51試合目となるファン・ハール監督が勝ち星を逃した場合、現在レアル・ソシエダを率いるデイビット・モイーズ前監督のユナイテッドでの公式戦51試合勝利数と同数で並ぶことになると指摘されている。  

ファン・ハール監督は就任から50試合を消化しており、成績は27勝12分11敗。得点数は81点で、失点数が47点となっている。  

一方、モイーズ監督は、マンUでの51試合で27勝9分15敗という成績だった。得点数は86点で、失点数は54点となっている。

ファン・ハール政権の投資額はモイーズ時代の4倍に  ファン・ハール監督は、モイーズ政権に比べ、失点を7点減らしているものの、得点数も5点減らしている。  

最も顕著な差は支出に表れている。モイーズ前監督時の補強費が総額6700万ポンド(約120億6000万円)に対し、ファン・ハール監督はすでに2億5000万ポンド(約450億円)を費やしている。  

全文はソース元で

引用元 : 450億円のファン・ハール vs 120億円のモイーズ、マンUでの成績の差は… (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【450億円のファン・ハールvs120億円のモイーズではマンUの成績に差はない?】の続きを読む

元マンU監督ファーガソン氏、規律を重んじ過ぎて「優勝逃した」 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース

ファーガソン、マンUでは「規律を重んじすぎてタイトルを逃したかも」

【AFP=時事】

イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)で、監督として数々の栄光を勝ち取ったアレックス・ファーガソン(Alex Ferguson)氏が、今月発売される最新著作のなかで、あまりにも厳格に規律を求めすぎたかもしれないと認めている。 ファーガソン氏が自伝発表、ベッカム氏やルーニーらについて明かす  

ユナイテッドを率いた27年で、並外れた栄光を勝ち取ってきたファーガソン氏は、9月22日に刊行される新作『Leading』の中で、別のやり方をしていれば、さらに多くのタイトルを獲得できていたかもしれないと話している。  

クラブに13回のリーグ優勝などをもたらしたファーガソン氏だが、同氏の政権では同時に、ポール・インス(Paul Ince)氏、デビッド・ベッカム(David Beckham)氏、ロイ・キーン(Roy Keane)氏、ヤープ・スタム(Jaap Stam)氏、ルート・ファンニステルローイ(Ruud van Nistelrooy)氏など、実績十分の選手たちとファーガソン氏との確執が表面化し、その結果、主力選手が同氏の下を離れていった。  

この点について、ファーガソン氏は新作のなかで、「指揮官には、鞭を振るう機会が存分に訪れる。だからこそ、振るう瞬間はしっかり吟味しなくてはならない。全員がメッセージを受け取る前に、やたらと罰を与えてはならないのだ」と話した。

「私は何よりも規律を重んじる。その姿勢のせいで、いくつかのタイトルを逃してきたのかもしれない。しかし、もう一度同じ場面に直面したら、私はまったく同じ行動を取るだろう。なぜなら、規律はほかのすべてに先立つべきであるからだ」  

そしてファン・ニステルローイは、リーグカップ決勝で起用しない旨を言い渡されたことに腹を立て、ファーガソン氏を批判。するとその後はわずか5試合しか先発で起用されず、ユナイテッドでも得点を量産した点取り屋は、結局スペインの強豪レアル・マドリード(Real Madrid)へ売り渡された。

【翻訳編集】 AFPBB News

全文はソース元で

引用元 : 元マンU監督ファーガソン氏、規律を重んじ過ぎて「優勝逃した」 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース

【ファーガソン、マンUでは「規律を重んじすぎてタイトルを逃したかも」】の続きを読む

今夏にユナイテッドを出た選手たちが“鉄のチューリップ”ファン・ハールへ残した言葉 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

マンUを去った選手たちがファン・ハールへ残した言葉

今夏の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドを去った選手たちの多くがルイス・ファン・ハール監督への批判を口にしている。英『デイリー・メール』がその内容を伝えた。  

クラブを去った選手たちはファン・ハール監督へ“捨て台詞”とも取れるコメントを残している。フェネルバフチェへ移籍したファン・ペルシー。オランダ代表では指揮官からの信頼も厚かったが、ユナイテッドでは上手くいかなかった。  

ファン・ペルシーは「彼はオランダ代表監督を務めたとき、『君は3番目のストライカーだ』と言ったんだ。僕は『……わかりました』と言ったよ。でもそこから戦い、1番目のストライカーになり、キャプテンも務めた」と振り返るも、「でもマンチェスター・Uで僕がケガから戻ってきたとき、既に僕はチームのオプションとして考えられていなかった。僕は代表チームの監督としてのルイスも知っているし、今ではクラブの監督としての彼も知っている。そこには差があるんだよ」と語った。  

また、レバークーゼンへ移籍したハビエル・エルナンデスは「僕は幸せな気持ちに戻ることが一番大事だと思ってる。早く幸せをみつけたい」とコメント。移籍は「難しい決断ではなかった」とも話した。  リヨンへ移籍したラファエウも同様にファン・ハール監督を批判。「彼が僕を好きじゃなかったことは知っている。僕がブラジル人だったからかどうかは知らないけどね。ファーガソンが去ったあとは上手くいっていたはずだったのに、この(ファン・ハールへの)監督交代は僕にとって致命的だった」と赤裸々に語った。  

また、わずか1シーズンでユナイテッドを去ることになったディ・マリアは「ファン・ハールに適応することは無理だった」と言い、ファルカオは「僕と彼ではサッカーに関する哲学が少し異なっている」と控えめに話している。

全文はソース元で

引用元 : 今夏にユナイテッドを出た選手たちが“鉄のチューリップ”ファン・ハールへ残した言葉 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【マンUを去った選手たちがファン・ハールへ残した言葉】の続きを読む

マーシャルのマンU移籍で、仏6部のアマチュアクラブに大金「年間予算の4、5年分」 (ISM) - Yahoo!ニュース

マーシャルのマンU移籍でアマチュアクラブに5000万円が入る「年間予算の4、5年分」

現地時間1日に、フランス代表FWアンソニー・マーシャル(19)がモナコ(フランス)からマンチェスターU(イングランド)へ移籍したことで、同選手の古巣であるアマチュアのCOレ・ジュリス(フランス6部)に大金が入ることとなった。  

パリ南部の街レ・ジュリスを拠点とするCOレ・ジュリスは、1977年に設立され、元フランス代表FWティエリ・アンリ氏、DFパトリス・エヴラ(ユヴェントス/イタリア)を輩出したことでも知られている。マーシャルは2001年から2009年まで、このクラブに在籍した。  

マーシャルの移籍金は10代の選手としては史上最高額の3600万ポンド(約66億1000万円)と報じられている。FIFA(国際サッカー連盟)のルールでは、12歳から23歳の誕生日を迎えるまでの選手が移籍した際には、その選手を育てたクラブにいわゆる「育成費」が支払われることになっている。  マーシャルは14歳のときにCOレ・ジュリスからリヨン(フランス)のアカデミーに移籍しているため、COレ・ジュリスは3年分の育成費を手にすることになる。マンUへの移籍金の0.75%にあたる27万ポンド(約5000万円)という見積もりだ。  

COレ・ジュリスのママドゥ・ニアカテ監督は、『AP通信』に対し「我々の年間予算の4、5年分にあたる」「我々はつねに収支のバランスを取るのに苦労しているんだ。この資金があれば現在の職を守ることができるし、設備も新しくできるだろう。ここではこの4年間、ずっと同じボールとトレーニングウェアを使用していたんだ」 

同監督はまた「ティエリは11歳のときに去ったから、我々には何も入らなかった。12歳の誕生日の前にクラブを離れた選手の場合、『育成費』の支払いは適用範囲外だからね。だが、彼はその後、クラブに人工芝のピッチ代を支払ってくれたよ」とアンリ氏について振り返った。  

また、エヴラの「育成費」が3万8000ユーロだったと述べ、「でも、お金だけじゃないんだ。レ・ジュリス出身の選手がマンUのような名門クラブに加入できたことこそ、我々が何より満足していることなんだよ」と、教え子がビッグクラブへ羽ばたいたことを何よりも喜んでいる。  

マーシャルの移籍決定後、COレ・ジュリスには新登録のリクエストが殺到し、多くの子供たちが加入しているという。

(STATS-AP)

全文はソース元で

引用元 : マーシャルのマンU移籍で、仏6部のアマチュアクラブに大金「年間予算の4、5年分」 (ISM) - Yahoo!ニュース

【マーシャルのマンU移籍でアマチュアクラブに5000万円が入る「年間予算の4、5年分」】の続きを読む

選手のイングランド行きを危惧するマテウス氏 「香川の失敗を、すぐ忘れる」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

マテウス、選手のプレミア移籍を危惧「トップ選手の香川も失敗した」

今夏の移籍市場でプレミアリーグのクラブは、史上最高額となる約1600億円の移籍金を費やして選手を獲得した。ブンデスリーガからも何人かがイングランド行きを決めたが、元ドイツ代表のローター・マテウス氏は、これらの移籍は失敗となる可能性が高いと考えているようだ。

「ババのような選手がプレーするかどうかは、チェルシーにとって重要なことではない。アウクスブルクではレギュラーだったが、ジョゼ・モウリーニョのチームでは、多くの選手のうちの1人だ。こうした状況はババ、フィルミーノだけでなく、デ・ブルイネのキャリアも脅かす」

マテウス氏は、ボルシア・ドルトムントからマンチェスター・ユナイテッドに移籍し、2年後にドルトムントに復帰した香川真司を例に挙げている。

「選手たちの代理人は、プレミアリーグからのオファーだけを気にしている。たとえば、香川真司だ。トッププレーヤーとしてドルトムントからユナイテッドに移籍したが、結局は失敗した。代理人たちは、すぐに忘れる。移籍して、預金口座は潤ったかもしれないが、スポーツでは大きな成果とはならない」

全文はソース元で

引用元 : 選手のイングランド行きを危惧するマテウス氏 「香川の失敗を、すぐ忘れる」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【マテウス、選手のプレミア移籍を危惧「トップ選手の香川も失敗した」】の続きを読む

サンチェス氏がファン・ハールを批判 「ひどい悪党だ!」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

ファン・ハールは悪党だ!チチャリートへの態度に同郷のウーゴ・サンチェスが批判

かつてレアル・マドリーやメキシコ代表で活躍した名ストライカーのウーゴ・サンチェス氏が、マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督を痛烈に批判した。怒りの要因は、母国の後輩である「チチャリート」ハビエル・エルナンデスに見せた、ある態度についてだ。

ユナイテッドは8月26日のチャンピオンズリーグ予選プレーオフのセカンドレグ、クラブ・ブルージュ戦で4-0の勝利を収め、2試合合計7-1で本選出場を決めている。この試合で4-0とした後の終盤、ユナイテッドにPKのチャンスがあり、チチャリートがキッカーを務めたが、軸足の左足を滑らせ、右に外してしまった。 このとき、テレビ中継に映し出されたベンチのファン・ハール監督は、隣のライアン・ギッグスコーチに視線を向け、何か言いたげな表情を見せた。これがサンチェス氏は気に入らなかったようで、ESPNのテレビ番組『Futbol Picante』で、次のように批判を繰り広げている。

「私が監督だったら、選手にあんな態度を取ることはできない。私ならチチャリートに拍手を送り、自分を信じるように伝えるだろう。ところが、ファン・ハールがギッグスに見せた態度…。ひどい悪党だ!」

「確かに、チチャリートにとっては悪い試合だった。でも、世界中のどんな選手でもそうなる可能性はある。ファン・ハールは悪党だよ。イングランドの人々は、彼が悪人であり、選手を粗雑に扱う人間であることが分かっただろう」

全文はソース元で

引用元 : サンチェス氏がファン・ハールを批判 「ひどい悪党だ!」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【ファン・ハールは悪党だ!チチャリートへの態度に同郷のウーゴ・サンチェスが批判】の続きを読む

マンUが移籍消滅のデ・ヘアに延長オファー 交渉カードに使うひそかな武器とは (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

マンU、デ・ヘアに出場機会と引き換えに契約延長を要求か!?

マンチェスター・ユナイテッドが、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアに契約延長のオファーを出す可能性が浮上している。レアル・マドリード移籍でクラブ間合意に達したが、移籍市場最終日の登録期限までに必要書類が間に合わず、マンUに急転残留となっていた。スペイン地元紙「AS」が報じている。  

記事によると、2016年夏に契約満了となるデ・ヘアは、来年1月にマンU以外のクラブと仮契約を結ぶことが可能となり、来年夏には移籍金ゼロで移籍することができる。だが、クラブ側は年俸などの条件を上積みし、契約延長のオファーを出す方針だという。  

デ・ヘアは移籍を希望しているが、マンUには契約延長に向けたひそかな武器があるという。それは来年の欧州選手権フランス大会。デ・ヘアは今季、ルイス・ファン・ハール監督と会談を持ち、去就問題が決着するまで試合に使わない方針を伝えられ、今季公式戦で1試合もベンチ入りすらしていない。このまま契約延長に応じず、飼い殺しになれば実戦感覚を失うことになってしまう。欧州選手権のメンバー入りに向けて大きな障害となるかもしれない。

全文はソース元で

引用元 : マンUが移籍消滅のデ・ヘアに延長オファー 交渉カードに使うひそかな武器とは (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【マンU、デ・ヘアに出場機会と引き換えに契約延長を要求か!?】の続きを読む

このページのトップヘ