スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

マンチェスター・ユナイテッド

英国で高まる香川再評価の声! 9割のサポーターが早すぎたドルトムント復帰を後悔

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151030-00010006-soccermzw-socc

【実に91%も!香川真司をマンUから放出するのは間違っていたとの声】の続きを読む

C・ロナウドはマンUに必要か? 不要との見方も (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

マンUにC・ロナウドは不要!?英紙がいくつかの疑問点を掲載

今季終了後にレアル・マドリード退団の可能性も報じられているクリスティアーノ・ロナウドには、PSGやMLSのクラブ、そして古巣のマンチェスター・ユナイテッドも獲得に乗り出すと伝えられている。しかしマンUにロナウド本当に必要なのか、『デイリー・ミラー』はいくつかの疑問を投げかけている。

1.1億ポンドは払いすぎではないか

ロナウドがレアルを退団することになったとしても、獲得には大金が必要になる。マンUもそれは覚悟のうえだが、2月で31歳になる選手にしては高額すぎる。

2.若手の成長を妨げる

メンフィス・デパイやアンソニー・マルシアルといった若手アタッカーが注目を集める今のマンUにロナウドが加入すれば、当然No1の座はロナウドが持っていくことになる。ポジション的にもデパイやマルシアルが外れる可能性も出てくるため、若手の発展に悪影響を与えるかもしれない。

3.システムに合わない

ロナウドが加入すれば、チームの哲学は大きく変わる。ロナウドはシーズンに40~50ゴールは約束してくれるはずだが、ロナウドがプレイしやすい環境を整える必要がある。ロナウドがチームに入るのではなく、チームがロナウドに入るような印象になる。果たしてそれはファン・ハールの哲学に合っているのだろうか。


全文はソース元で

引用元 : C・ロナウドはマンUに必要か? 不要との見方も (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【マンUにC・ロナウドは不要!?英紙がいくつかの疑問点を掲載】の続きを読む

モイーズ監督の招聘は“消去法”だった? ファーガソン氏が明かす (ISM) - Yahoo!ニュース

ファーガソン、モイーズのマンU監督就任はペップらに断られて”仕方なく”と消去法で選出したと明かす

元マンチェスターU(イングランド)指揮官のアレックス・ファーガソン氏が現地時間21日、書籍『Leading』の出版イベントに出席。自身の後継者として、デイヴィッド・モイーズ監督(現レアル・ソシエダ/スペイン)ではなく、ペップ・グアルディオラ監督(現バイエルン/ドイツ)の招聘を望んでいたことなどを明かした。  

ファーガソン氏は同書の中で「ペップに、他クラブからのオファーを引き受ける前に私に電話してほしいと伝えたが、彼はそれをせず、2013年7月にバイエルンの指揮官に就任した」と当時の経緯を明かしている。  

ファーガソン氏が27年間務めたマンUの指揮官からの退任を発表したのは2013年5月のことだが、妻の姉妹が亡くなったのちの2012年12月には、そのことを決断していたという。(マンUの本拠地)オールド・トラフォードにおける後任者探しは、ファーガソン氏が決断をグレイザー一家に伝えた2013年3月から、水面下で開始された。  

同氏は「ジョゼ・モウリーニョ監督(現チェルシー/イングランド)はチェルシーへの復帰希望を、オーナーのロマン・アブラモヴィッチ氏に伝えたということが明らかになった。カルロ・アンチェロッティ監督はモウリーニョ監督の後任として、レアル・マドリー(スペイン)にいくことも分かった」「また、ユルゲン・クロップ監督はドルトムント(ドイツ)で満足しており、新契約にサインすることも知った。その間、ルイス・ファン・ハール監督はオランダ代表を率いて2014年W杯への準備を進めていた」と綴った。  

結局、マンUは望んでいた候補者と契約することができず、新指揮官にモイーズ監督を指名。


全文はソース元で

引用元 : モイーズ監督の招聘は“消去法”だった? ファーガソン氏が明かす (ISM) - Yahoo!ニュース

【ファーガソン、モイーズのマンU監督就任はペップらに断られて”仕方なく”と消去法で選出したと明かす】の続きを読む

ファーガソン氏、27年間のマンU指導で「ワールドクラスは4名だけ」 (ISM) - Yahoo!ニュース

ファーガソン、ルーニーとベッカムはワールドクラスと認めず?27年間のマンU指揮で4名だけ

元マンチェスターU(イングランド)指揮官のアレックス・ファーガソン氏が現地時間21日、書籍『Leading』の出版イベントに出席。自身が指導した選手の中で「ワールドクラス」と呼べる選手は、4人だけだと述べた。  

ファーガソン氏は1986年からマンUで指揮をとり、38の主要タイトルをクラブにもたらし、2013年に勇退。その間、多くのスター選手を指導してきたが、その中でも真の「ワールドクラス」と呼べるのは、元フランス代表FWエリック・カントナ氏、元ウェールズ代表MFライアン・ギグス氏、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(現レアル・マドリー/スペイン)、元イングランド代表MFポール・スコールズ氏の4名だとした。

全文はソース元で

引用元 : ファーガソン氏、27年間のマンU指導で「ワールドクラスは4名だけ」 (ISM) - Yahoo!ニュース

【ファーガソン、ルーニーとベッカムはワールドクラスと認めず?27年間のマンU指揮で4名だけ】の続きを読む

ファーガソン引退の真実 赤い悪魔と別れを告げた本当の理由とは (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

ファーガソン、マンUの指揮官を引退した理由を明かす

マンチェスター・ユナイテッド前監督のサー・アレックス・ファーガソン氏が、オールド・トラフォードに別れを告げた本当の理由を明かした。英地元紙「デイリー・テレグラフ」が報じている。

リーグ優勝を果たした2012-13シーズンを最後に引退。現役から身を引いた理由として、当時は「可能な限り最高のチーム状態で後任に引き継がせるため」と語っていた。  

「正直、私はもっと続けるつもりだったんだ。だが、ある日の夜、私は偶然、テレビを見ていた妻を眺めていた。しかし、彼女はテレビから視線を逸らし、部屋の天井を虚しそうに見上げていた。その時に気づいたんだ。私は、彼女を孤独にさせていたことに」  

自著「牽引 マネジメントの芸術」の出版に際して、インタビューに応じた名将はこう語った。キャシー夫人は双子だった。姉妹のブリジット・ロバートソンさんが2012年10月に亡くなったことでキャシーさんは孤独感を強めていたという。

全文はソース元で

引用元 : ファーガソン引退の真実 赤い悪魔と別れを告げた本当の理由とは (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ファーガソン、マンUの指揮官を引退した理由を明かす】の続きを読む

ファン・ハール監督が内紛否定会見 「選手とは最高の関係だ」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

ファン・ハール、ルーニーとキャリックと緊急会談もマンU内の内紛は否定

マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督がチーム内の内紛報道について、ついに口を開いた。ロッカールームで選手と緊急会談を持ったことを明らかにしたものの、選手との関係は「最高」と力説している。ESPNが報じている。

「キャプテンであるルーニーとキャリックが私のところにやってきた。ドレッシングルームに活気がないと、私に話してくれた。彼らは私を助けたかったのだよ。そこから、状況に注視した。彼らは私に忠告してくれたので、キャプテンとは会話を持たなかった。私はドレッシングルームに向かい、選手と会談を持った」  

指揮官は記者会見でそう語ったという。地元紙は、指揮官が練習であまりに厳格な規律を求めるが故に、チームの攻撃面が硬直化したことに選手は不満を持ったとリポートしていた。

「多くの要素について話し合ったが、書かれたようなことではない。ファンは毎週、『ルイス・ファン・ハールの軍隊』と絶叫しているから、彼らは私にとても満足しているし、選手も私にとても満足している。何人かの選手は今週新聞に書かれていたことで謝りにきたんだ」  

「選手とは最高の関係だ。君たちメディアは、監督のところに来る選手が何人いるのか考えた方がいいかもね。監督としてのキャリアで、ドレッシングルームの雰囲気について何か言いに来る選手はそこまで多くいなかった。自分を信頼していることが分かったからすごくポジティブなんだ」

全文はソース元で

引用元 : ファン・ハール監督が内紛否定会見 「選手とは最高の関係だ」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ファン・ハールがルーニーとキャリックと緊急会談もマンU内の内紛は否定】の続きを読む

ファン・ハール監督が弱気発言!? プレミア制覇に早くも“白旗” (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

ファン・ハールの早すぎる”白旗”「今季は優勝ムリ!2、3位が現実的」マンUのプレミア制覇は来季と語る

マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督がリーグ制覇に白旗を上げていると、英地元紙「デイリー・メール」が報じている。  

しかし、ファン・ハール監督は12日のリバプール戦に向けた記者会見で、今季の優勝に早くも“白旗”を上げたという。

「優勝? それはない。3位か2位が現実的だ。来シーズンに優勝できることを期待している」 リバプール戦には自信「週末の試合には勝つことができる」  

それでも週末に控える宿敵リバプールとのナショナル・ダービーに関しては、名将らしい強気な姿勢を示した。

「前節(スウォンジー戦)の敗戦は私の責任だ。すまなかった。ただ、心配はしないでくれ。週末の試合には勝つことができる」

全文はソース元で

引用元 : ファン・ハール監督が弱気発言!? プレミア制覇に早くも“白旗” (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ファン・ハールの早すぎる”白旗”「今季は優勝ムリ!2、3位が現実的」マンUのプレミア制覇は来季と語る】の続きを読む

ユナイテッドに内紛発生!? ベテラン選手たちがファン・ハール監督の指導法に抗議か (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

遂にファン・ハールとマンU選手間で衝突か?ベテラン選手が指導に抗議

マンチェスター・ユナイテッドで複数のベテランの選手がルイス・ファン・ハール監督の指導法に対して抗議する内紛状態に陥っていたと、英地元紙「ザ・タイムズ」が報じている。  

規律と戦術面の遵守に厳格なオランダ人指揮官は、自分の哲学にそぐわない選手を起用しないほどに徹底しているが、ベテランの複数選手はファン・ハール監督が練習で命じる戦術に「創造性と柔軟性が欠けている」と主張。このオランダ人指揮官の練習方針が、選手のパフォーマンスに悪影響を与えていると選手は考え、攻撃面での自由を求めたという。すでに内紛は数週間に発生し、ロッカールームでは会議が行われているという。  

GKについても、レアル・マドリードとの移籍交渉に発展したスペイン代表ダビド・デヘアをベンチ外にする措置を取ったほか、ビクトール・バルデスについては昨季にU-21チームでのプレーを指令。その指示に従わなかったとして、トップチームのロッカールームから居場所をなくし、クラブハウスで食事を共にすることも禁じたとされている。バルデスは自身のSNSにU-21チームのロッカールームに自身がいる写真を掲載し、「敬意?」というタイトルでアップロード。物議をかもしていた。

全文はソース元で

引用元 : ユナイテッドに内紛発生!? ベテラン選手たちがファン・ハール監督の指導法に抗議か (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【遂にマンUでファン・ハールと選手が衝突か?ベテラン選手が指導に抗議】の続きを読む

デ・ヘアがユナイテッドと新たに4年契約締結!!「ユナイテッドは特別なクラブ」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

マンU、ダビド・デ・ヘアと4年の契約延長を発表!【動画あり】

via:@ManUtd_JP

マンチェスター・ユナイテッドは11日、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアと新たに2019年までの4年契約を結んだことを発表した。1年の延長オプションも付いている。  

デ・ヘアは今夏、レアル・マドリーへの移籍が目前に迫ったが、手続きに不備があり、移籍はかなわなかった。モチベーションなども心配されたが、24歳GKは契約延長を決断した。  

クラブ公式サイトにはデ・ヘアとルイス・ファン・ハール監督のコメントが掲載されている。

■デ・ヘアのコメント

「ユナイテッドでのキャリアで、新たなチャプターを始められることに興奮している。ファンタスティックなファンの前で、素晴らしいシーズンを楽しんできた。マンチェスター・ユナイテッドは特別なクラブで、僕のキャリア発展のためにもオールド・トラッフォードは理想的な場所だ。この夏は難しいこともあったが、気持ちを切り替えて、チームの成長と、成功のために力を尽くすことに集中している」

全文はソース元で

引用元 : デ・ヘアがユナイテッドと新たに4年契約締結!!「ユナイテッドは特別なクラブ」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【マンU、ダビド・デ・ヘアと4年の契約延長を発表!【動画あり】】の続きを読む

マンU、S・ラモス騒動の復讐完了?レアル移籍“未遂”デ・ヘアと大型契約延長へ (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

レアルが完全なる敗北に?マンUがデ・ヘアと大型契約延長へ

今夏レアル・マドリー移籍が破談したダビド・デ・ヘアが、一転してマンチェスター・ユナイテッドとの大型契約延長に近づいている。10日、イギリス『トークスポーツ』が報じた。  

移籍まであと一歩のところまで近づいた同選手だが、一転してユナイテッドと5年間の契約延長に向かっているようだ。  

デ・ヘアの代理人であるジョルジュ・メンデスは既にマンチェスター入りしているとのこと。新契約では同選手は週給20万ポンド(約3700万円)となる予定で、移籍金も今夏合意に至った2900万ポンド(約54億円)から5000万ポンド(約93億円)へと跳ね上がるとみられている。これは、GKの移籍金としては途方も無い金額だ。  

マドリーにとっては、完全なる敗北といっていいだろう。デ・ヘア移籍が破談に終わった上に、同クラブはユナイテッドに対して移籍金740万ポンド(約14億円)を支払わなければいけない義務を負い、さらには同選手の獲得は事実上不可能となりかけている。  

全文はソース元で

引用元 : マンU、S・ラモス騒動の復讐完了?レアル移籍“未遂”デ・ヘアと大型契約延長へ (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【レアルが完全なる敗北に?マンUがデ・ヘアと大型契約延長へ】の続きを読む

このページのトップヘ