スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

香川真司

ブンデス強豪のホーム無敗記録を止めた香川の華麗な決勝弾 「最後のワンプレーに懸けていた」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


香川「みんな諦めてたけれどなんとかしなきゃと思っていた」決勝弾でチームを救った試合を語る

後半アディショナルタイムの劇的な決勝点で、ゴールへの熱い思いが結実した。ドルトムントの日本代表MF香川真司は5日のヴォルフスブルク戦後半アディショナルタイムに勝負を決めた。アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンのラストパスから左足でネットを揺らし、チームを2-1の勝利に導いた。リーグでは今季初の途中出場となった香川は「最後のワンプレーに懸けていた」と執念を実らせた。ブンデスリーガ公式サイトが報じている。

11月8日のシャルケ戦以来のゴールで執念実らせる「結果的に自分が最後に(点を)取れましたけど、最後はすごく苦しい試合でした。前半の入りはすごく良かったですけど、その中でポストに(シュートが)2回当たったり、チャンスを決められず流れが変わりつつあった。後半も相手が完璧に主導権を握っていて。なかなかカウンターも決まらず、苦しい試合でした。最後に追いつかれて、あらためて厳しさを感じたんですけど、最後にワンプレーに懸けて、うまくゴールに流し込めたと思います」  

終了間際に激しく動いた激戦を振り返り、香川はこのように語った。決勝弾のシュートについても「ピシュチェクがうまくダイレクトで(クロスを)入れてくれて、ミキ(ムヒタリヤン)もしっかりと折り返してくれて、一連の流れはすごく良かったと思います。イメージ通りに(自分のところにボールが)来た。シュートはすごく集中して、抑えて打つことを意識しました」と振り返り、イメージ通りと自画自賛している。

全文はソース元で

引用元 : ブンデス強豪のホーム無敗記録を止めた香川の華麗な決勝弾 「最後のワンプレーに懸けていた」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【香川「みんな諦めてたけれどなんとかしなきゃと思っていた」決勝弾でチームを救った試合を語る】の続きを読む

35分間の出場で値千金の決勝点を奪った香川 独紙採点は最高タイから及第点まで評価が分かれる (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


英雄になった香川真司、独紙評価は分かれるも”カガワチャント”が敵地で鳴り響く【動画あり】

ドルトムントの日本代表MF香川真司は5日のヴォルフスブルク戦で、今季のリーグ戦では初のベンチスタートとなったが、後半10分から途中出場。同点に追いつかれて迎えた後半アディショナルタイムに、左足で値千金の決勝ゴールを決め、チームに貴重な勝ち点3をもたらした。

「ビルト」紙では、香川はチームトップタイの2点(1が最高、6が最低)。先制点を決めたMFロイス、そのロイスの得点につながるボール奪取や香川の得点をアシストしたムヒタリアン、GKビュルキ、DFベンダー、MFギュンドアンらと並びチーム最高タイとなる評価を下された。リーグ戦15試合目にして初の先発落ちを味わったが、ゴールという結果でその存在感を示した。  

今季2試合目の出場となったDFスボティッチ、DFギンター、DFピスチェク、MFカストロが3点。この日不発に終わったエースFWオーバメヤンと左サイドバックのシュメルツァーが4点で、チームワーストの評価だった。

「ルールナハリヒテン」紙では、「BVB、シンジ・カガワに感謝」の見出しでこの日の結果を紹介すると共に、香川に対して、チーム内3番目の高得点となる2.5点を付けた。ムヒタリアンと2試合連続センターバック起用に応えたベンダーが1.5点で最高。香川との交代でベンチに下がったギュンドアンが2点。GKビュルキ、DFスボティッチ、そして香川が2.5点で続いた。同紙も、最低点は現在ブンデスリーガ得点王のオーバメヤンで4点だった。

全文はソース元で

引用元 : 35分間の出場で値千金の決勝点を奪った香川 独紙採点は最高タイから及第点まで評価が分かれる (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【英雄になった香川真司、独紙評価は分かれるも”カガワチャント”が敵地で鳴り響く【動画あり】】の続きを読む

香川がより活きるのはロイスではなく… (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース


香川がより活きるのはロイスとムヒタリアンのどちら!?左サイドに置く選手は・・・

ついにその時が訪れてしまった。11月20日のハンブルク戦(ブンデスリーガ13節)でドルトムントが、今シーズンのブンデスリーガ初黒星(1-3)を喫したのだ。

正確に言えば、バイエルン戦(ブンデスリーガ8節)に続いて2敗目だが、リーグの水準を遥かに超えた戦力値を誇る絶対王者相手の敗戦は度外視していい。  実際、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOはハンブルク戦の3日後に開かれた株主総会で、「現在のブンデスリーガでは2位が現実的で、我々にとって最高の順位」と言っていた。  

ロイスが故障明けでコンディションが今ひとつだった影響もあったのだろうが、左ウイングにヘンリク・ムヒタリアンが入った時(ハンブルク戦は右ウイング)のほうが、香川がより活きると私は思う。  

事実、香川がムヒタリアンの近くまで動いて相手を引きつけ、右サイドでフリーになったSBのマティアス・ギンターにパスを送るパターンは、多くの試合で機能してきた。ハンブルク戦も基本的なプランは同じだったものの、その攻撃の型は鳴りを潜めた。  

敗北の理由として、パリで起きたテロ事件の影響を挙げるメディアも少なくない。ドイツ代表に招集され、試合の開催地パリに遠征したマッツ・フンメルス、イルカイ・ギュンドアン、ギンターの3人は、テロを間近で経験したからである。  

正直に言って私は、その影響はほとんどなかったと思う。今回の敗戦は単なる“偶発的な事故”で、シュツットガルト戦ではこれまでと同様の好パフォーマンスを見せてくれると信じている。  

文:マルクス・バーク翻訳:円賀貴子

全文はソース元で

引用元 : 香川がより活きるのはロイスではなく… (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【香川がより活きるのはロイスとムヒタリアンのどちら!?左サイドに置く選手は・・・】の続きを読む

ELに臨むドルトムント、香川、ロイス、オーバメヤンが遠征メンバー外に | サッカーキング



no title


ドルトムントは26日にヨーロッパリーグ・グループステージ第5節でFCクラスノダール(ロシア)とのアウェーゲームに臨む。この試合に向けた遠征メンバーから日本代表MF香川真司を含む主力3選手が招集外となったことを、25日にクラブ公式サイトが伝えている。  

同サイトは香川のほか、ドイツ代表MFマルコ・ロイス、ガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンの3選手がチームに帯同しないことを発表。また、韓国代表DFパク・チュホ、トルコ代表MFヌリ・シャヒン、ドイツ代表DFエリック・ドゥルムも招集外となった。

全文はソース元で

引用元 : ELに臨むドルトムント、香川、ロイス、オーバメヤンが遠征メンバー外に | サッカーキング

【香川、ロイス、オーバメヤンら招集外に ドルトムントが主力を温存してELへ】の続きを読む

中村俊輔「香川はやることが多すぎる」…日本代表・背番号10を生かすアドバイス | サッカーキング


中村俊輔の分析に納得の声「香川は日本代表ではやることが多すぎる」長友佑都「周りの個のレベルが足りていない」

1月のアジアカップでベスト8敗退に終わったことを皮切りに、試練の続いた2015年の日本代表。年内最終戦となった11月17日の2018年ロシア・ワールドカップ アジア2次予選のカンボジア戦(プノンペン)も引いた相手に苦しみ続け、オウンゴールと本田圭佑(ミラン)の得点で2-0と辛勝。後味の悪さを残してしまった。  

では、なぜ香川は代表で輝けないのか。  

この疑問は、アルベルト・ザッケローニ監督時代から日本代表が抱える大命題といっても過言ではない。その要因をチームメートの長友佑都(インテル)は「僕ら(代表選手の)一人ひとりがドルトムントの個々のレベルに達していないのが、正直なところ。ドルトムントの選手たちは個人能力がすごく高くて、1人でマークをはがす能力があったり、フリーになったり、数的優位を作ったりすることができる。真司を代表で生かしきれないのは、僕ら周りの責任でもある。彼自身もギャップがあって難しいと思います」と主観と客観を交えながら分析した。  

香川に10番を託した俊輔も、長友の発言に自身の思いを重ね合わせていた。

「ドルトムントだと、香川の周りにいるダブルボランチや前線の3人の誰かの近くに寄ってきて、ポンポンポンってボールが回るし、ゴールまで一気に持っていける。その連動性はちょっとレベルが高すぎる」  

「代表での香川はやらなきゃいけないことが多すぎる」  

「香川は『点を取らなきゃいけない』って考えるだけじゃなくて、『ゲームも作らなきゃいけない』と思って、チームの土台の部分も頑張って作っている。だから目立たない試合もあるし、得点が入らない試合も出てきちゃう。俺なんかはゲームを組み立てて支配するタイプだったから、『まあまあ動いて、アシストして、FKで目立ってるな』って評価になる。俺がたくさんの得点に絡めたのも、ボランチや周りの選手がいいパスをくれたり、1つ2つ手前の仕事を他の選手がやってくれたから。それで俺は自分のプレーに専念できた。だけど、香川はそうじゃない。やらなきゃいけないことが多すぎて、はるかにプレーの難易度が高くなってると思う」  

「今の代表って1トップでしょ。俺がやってた時は2トップだったから、自分がボールをもらってパッと顔を上げて前を見た時は2トップを生かせばよかった。今だとサイドに1人、前に1人しかいないから、得点をダイレクトにお膳立てできるチャンスはどうしても減る。香川も近くの誰かと連動しようとしてるんだけど、2人だけの関係で終わってることが多いように見える」  

「それでも香川はすでに代表で23点取ってるでしょ。この数字に彼の活躍ぶりが表れている。そのことは忘れちゃいけない」

「日本代表が一番難しいのは、アジアと戦う時は相手が引いてくるのに、ワールドカップ本大会になると真逆になること。結果として、自分たちの力ををすべて出そうとして惨敗するか、岡田(武史=現FC今治代表)さんの時のように、しっかり引きつつカウンターを狙う攻撃を有効的に使うしかない。その方向づけをするのはやっぱり(日本サッカー)協会だと思う」と彼は今後に向けて重要な提言をしてくれた。

全文はソース元で

引用元 : 中村俊輔「香川はやることが多すぎる」…日本代表・背番号10を生かすアドバイス | サッカーキング

【中村俊輔の分析に納得の声「香川は日本代表ではやることが多すぎる」長友佑都「周りの個のレベルが足りていない」】の続きを読む

【独占インタビュー】香川真司、“親友”のプレーに感嘆「ギュンドアンのプレーを勉強」 | サッカーキング


香川のリアルマウス炸裂「丸岡は今のままじゃ僕を超えることは無理かな」ドルトムントのチームメイトを語る

ブンデスリーガ第12節終了時点まで全試合に出場して3得点、チームトップタイの5アシストと、今シーズン好調のドルトムントの爆発的な攻撃陣の一翼を担う香川真司。  

短期集中の全5回でお送りする連載第4回のテーマは『同僚やチーム』について。特に仲良しとして知られているドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンとの関係や、チームの雰囲気、夏に実施したジャパンツアーのときの思い出を振り返ってくれている。

―――好調なチームの雰囲気や同僚についてお聞かせください。ドルトムントは選手同士の仲が良い印象があります。香川選手も、特にギュンドアンとはSNSで写真も定期的にあがっていて、親しい関係がうかがえます。彼とのエピソードはありますか? 『サッカーキング』のニコ生に出演してもらったときの数字が歴代1位になるなど、日本でもすごく人気があるんです。

香川 本当ですか! それはうれしいですね。

―――彼はどんなキャラクターですか?

香川 誰に対しても優しいです。あとは、自分をすごく持っていますね。それはサッカーに対してもそうですし、プライベートがマイペースなところからもうかがえます。人に操られないキャラクターですけど、冗談も言いますよ。

―――節々に感じますか?

香川 サッカーにおいては、自分に対して相当な自信を持っています。だからこそどんな状況でも自分のプレーがブレないと感じますね。

―――低い位置でリスキーなプレーをしないですし、すごく落ち着きがあります。

香川 そうですね。積極性など、肝が据わっています。

―――(元バルセロナの)シャビと似ていますね。

香川 バルセロナでもやれる雰囲気はありますし、実際、評価もとても高いと思います。

―――香川選手から見ても精度は高いですか?

香川 インサイドのキックやトラップは特にうまいです。

―――丸岡満選手(1996年1月生まれ)はアドナン・ヤヌザイ(1995年2月生まれ)と年齢が近いので「刺激になる」と言っていました。

香川 彼(丸岡選手)はもっと刺激を得て、その刺激を行動に移さないとダメです。刺激があり過ぎる環境にいるわけですから、それをモノにできる行動をちゃんとしないとダメですね。

―――「香川真司を超える」と言っていました。

香川 現状を見ているとキツイかな(笑)。

―――先輩からの叱咤激励ですね。今夏にはジャパンツアーがありました。その時に日本についてチームメートが口にした印象に残っている言葉はありますか?

香川 「本当にお前はベッカムだな」って(笑)。

―――日本の特長については、みんな何か言ってました?

香川 2泊しか滞在できませんでしたけど、みんな、寿司は大好きですね。海外での寿司はロール巻きみたいなイメージだと思いますけど、そういう“勘違いの寿司”がみんな好きです。むしろ、“本物の寿司”はあまり好きじゃないと思います(苦笑)。

全文はソース元で

引用元 : 【独占インタビュー】香川真司、“親友”のプレーに感嘆「ギュンドアンのプレーを勉強」 | サッカーキング

【香川のリアルマウス炸裂「丸岡は今のままじゃ僕を超えることは無理かな」ドルトムントのチームメイトを語る】の続きを読む

【独占インタビュー】香川真司が語る海外組との関係「清武と一緒にプレーすれば、より活きる」 | サッカーキング


日本代表で清武とのコンビを期待される香川「一緒にプレーできればより活きる」海外生活を語る

ブンデスリーガ第12節終了時点まで全試合に出場して3得点、チームトップタイの5アシストと、今シーズン好調のドルトムントの爆発的な攻撃陣の一翼を担う香川真司。  

短期集中の全5回でお送りする連載第一回のテーマは『海外組』について。同じドイツや欧州各国で活躍する日本人選手との日ごろの交流について話してくれた。

●インタビュー=岩本義弘

―――ドイツでプレーしている日本人選手についてお聞きします。ドイツ語が一番うまい選手は誰ですか?

香川 長谷部(誠)さんだと思います。他の選手もそう感じていると思います。

―――一番真面目だからですか? 香川 多分そうだと思います。性格ですね(笑)。

―――中村俊輔選手は、イタリア時代は一度もなかったのに、スペインに移籍した時に初めて言葉が話せないことを批判されたと言っていました。「ピッチで結果を出せれば関係ない」と。

香川 そうですね。もちろんピッチで結果を出すための一つの方法として、言語は大事だと思います。

―――丸岡満選手はどうですか?

香川 僕と同じか、少しうまいくらいですね。

―――海外組で一番電話がかかってくる選手と、一番電話する選手を教えてください。

香川 キヨ(清武弘嗣)が一番多いですね。それ以外はほとんどないです。

―――清武選手は今もすごく近しい存在ですか?

香川 ゴールを決めたらメールをくれますし、他愛もない電話もします。でも頻度は高くないですよ。海外組同士のLINEのグループはいくつかあるみたいですけど、僕はそこに入っていないです。

―――今の日本代表で、清武選手と同じピッチに立つことはなかなかありませんが、一緒にがっちり組んでプレーすれば、力が増すと思っています。香川選手はどう感じますか?

香川 自分たちはプレーの感覚が近いものがあるので、一緒にプレーすれば、より活きるとは僕も思っています。でもそこは監督の考えがあることなので。

―――香川選手のようなプレースタイルの選手にとって、感覚が合うことは非常に大事だと思います。

香川 コンビネーションを大切にするプレースタイルの選手には一番大事なことですね。

全文はソース元で

引用元 : 【独占インタビュー】香川真司が語る海外組との関係「清武と一緒にプレーすれば、より活きる」 | サッカーキング

【日本代表で清武とのコンビを期待される香川「一緒にプレーできればより活きる」海外生活を語る】の続きを読む

香川よどうか無事で! 独紙がドルトムント指揮官を悩ませる問題を紹介 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース


 

トゥヘルは香川が心配!ドルトムントに無事帰ってきてと懸念する日本代表リスクとは?

ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督を現在最も悩ませていることは、ドイツから遠く離れたアジアの地にいる香川真司のことかもしれない。

独『キッカー』は14日、「28000km! トゥヘルは香川のことで心配を抱える」という見出しの記事を掲載。代表ウィーク中に10人の主力を各国代表チームに送り出しているドルトムントだが、その中でも香川の移動距離、時差、そして疲労が大きな問題になると見ている。

ドルトムントの代表ウィーク明け最初の試合は20日のハンブルガー戦となるが、代表選手が揃うのは18日になると見られており、2日間しか準備の時間が充てられない状況だ。香川は17日の夜にカンボジア戦を戦ってからドイツに戻るが、1週間半で28000kmの飛行機移動は選手にとって大きな負担となる。

同紙は香川がドルトムントの中で欠かすことができない重要選手であることを成績つきで紹介。今季19試合に出場して7ゴール7アシストを記録し、先日のシャルケとの「ルール・ダービー」で先制ゴールを挙げたことに触れ、香川の疲労がトゥヘル監督にとって気がかりな問題である根拠を具体的に示している。

全文はソース元で

引用元 : 香川よどうか無事で! 独紙がドルトムント指揮官を悩ませる問題を紹介 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【トゥヘルは香川が心配!ドルトムントに無事帰ってきてと懸念する日本代表リスクとは?】の続きを読む

【現地取材】ドルトムント・サポーターの“KAGAWA評” (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース


再びドルトムントのアイドルとなった香川真司の現地サポーター評価は・・・

11月8日、シャルケとの伝統のルール・ダービー(ブンデスリーガ12節)で値千金の先制ゴールを決め、ドルトムントを3-2の勝利に導いたのが、香川真司だ。

この日本人MFをドルトムント・サポーターはどう見ているのか。本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクで取材を慣行した――。

「昨シーズンはあまり調子が良くなかったけど、今はすっかり元のシンジに戻ったね。彼をマンチェスター・ユナイテッドから復帰させたフロントの決断は、正しかったと思う」(30代・男性)

「シンジは最高さ!! 最近は動きがよりシャープになったし、ゴールもしっかり決めている。彼はルール・ダービーで必ず何かをやってくれる。まさにシャルケ戦のスペシャリストだね」(60代・男性)

「ドルトムントはルール地方で最高のチームだ。そこにシンジというエクセレントな選手が来てくれたことを、改めて誇りに思うよ。今日も見事なゴールを決めてくれた」(50代・男性)

「シンジは俺にとって特別な選手だ。彼が初めてのダービー(2010年9月20日のブンデスリーガ4節)で2ゴールを決めた時のことは、今でも忘れられないよ。そのときの写真は財布に入れて、今でも大事に持ち歩いているんだ」(20代・男性)

「今のシンジは非の打ち所がない。コンディションがどんどん上がっているね。この調子を最後まで維持してもらいたい」(30代・男性)

「今日もゴールを決めてくれたし、スーパーな選手。ヘディングで決めたのは、ちょっと意外だったわ」(20代・女性)

なにしろ、今シーズンはここまでドルトムント復帰1年目の昨シーズン(公式戦39試合で6得点・10アシスト)を明らかに上回る活躍(19試合の段階で7得点・8アシスト)を見せているからだ。  

取材・文:高橋泰裕(ワールドサッカーダイジェスト現地特派)協力:円賀貴子

全文はソース元で

引用元 : 【現地取材】ドルトムント・サポーターの“KAGAWA評” (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【再びドルトムントのアイドルとなった香川真司の現地サポーター評価は・・・】の続きを読む

【日本代表】香川にゴールを期待するのはナンセンス。ドルトムントでのプレーを検証し、背番号10の活かし方を探る (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース


 

日本代表で香川にゴールを期待するのは間違っている!!ドルトムントでのプレーから10番の活かしかたは?

11月8日に行なわれたドルトムント対シャルケのルールダービーで、香川は先制ゴールを挙げ、3-2の勝利に貢献した。ヘディングで決めたこと自体も珍しいが、その内容も、相手DFに競り勝って頭で叩き込むという、香川らしからぬパワフルなゴールだった。

「香川、最近調子いいね」  

しかし、この評価は、半分正しく、半分は間違っている。  

昨季の後半戦、少なくとも今年1月のアジアカップの時点で、すでに香川のコンディションは上向き、プレーの質も高かった。そして今季は、トゥヘル監督が指揮するドルトムントの戦術にバッチリかみ合い、好調が“絶好調”になった。そんな状況である。  

首を傾げるのは、「香川はゴールを決めてナンボ」と思い込むひとだろう。だが、それはもう過去の話。すでに香川の評価軸は変わった。  

ドルトムントでは、ゴールゲッターではなく、状況をガラッと一変させるパサー、魔法使いとして新境地を切り開いた。ブンデスリーガ12試合で3ゴールという平凡な得点率だが、香川の中盤を活性化させるプレーぶりは高く評価されている。そして筆者も、これが香川というプレーヤーの生来の姿だと感じる。

そこで重要になるのは、『ギンタールート』だ。

敵陣の左サイドで香川がボールを受けた時、反対側の右SBであるギンターが後方から、斜めにペナルティエリアへ走り抜ける。オフサイドにかからない、ぎりぎりのタイミングで。そこへ香川は、相手DFの頭を越えるダイアゴナル(斜め)の浮き球をぴたりと合わせ、一発のパスでゴール前を陥れる。ドルトムントは、相手チームが引いて守る時、このパターンで何度も得点を重ねた。
 
左サイドでボールを保持した際、右SBはピッチ上で最もボールから遠い、影の薄い存在になる。相手DFも、FWをマークしているため、ギンターへの警戒が薄い。その間隙を縫って死角から飛び出すため、『ギンタールート』は敵の虚を突く。

シンガポール戦で出場が予想される酒井宏が、同サイドの本田とだけではなく、逆サイド側から香川のパスで走り抜けることができれば、ビッグチャンスになるのは間違いない。
 
シンガポール戦で、『ギンタールート』が『ヒロキルート』で再現されることを期待している。
取材・文:清水英斗(サッカーライター)

全文はソース元で

引用元 : 【日本代表】香川にゴールを期待するのはナンセンス。ドルトムントでのプレーを検証し、背番号10の活かし方を探る (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【日本代表で香川にゴールを期待するのは間違っている!!ドルトムントでのプレーから10番の活かしかたは?】の続きを読む

このページのトップヘ