データで読むドルトムント。カギ握る香川とフンメルスの“関係性”。新システムの狙いとは? (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

キーは香川真司!データが示す今季のドルトムントでの役割の変化とは?

今季、トーマス・トゥヘル新監督の下、スタートダッシュに成功したドルトムント。その大きな要因に4試合15得点という攻撃がある。この得点力を可能とした背景、そして新システムで大きな役割を果たしているのが香川真司とマッツ・フンメルスだ。

今季就任したトーマス・トゥヘル監督の下、新たなスタートを切ったドルトムント。その出だしはEL3次予選、同プレーオフ、ブンデスリーガの計9試合で9連勝。苦しみ抜いた昨シーズンとは打って変わって抜群の状態を維持している。

では、7シーズン指揮を執ったユルゲン・クロップ前監督の最終年となった昨シーズンとどのように変わったのだろうか? 欧州ビッグクラブを含めた世界中のスカウトも利用している『Wyscout』が集めたデータを用いて分析する。

比較するのは、今季の開幕から4試合と昨季苦戦を強いられていた、ちょうど1年前。9月から11月にかけて香川が先発し、敗戦を喫したシュトゥットガルト戦、HSV戦、ケルン戦、バイエルン戦の4試合だ。
 
まず注目したいのが、各選手の平均ポジション(図1)。90分間でピッチ上のどの位置で主にプレーしていたかを示すデータだが、下から見ていくとSBのポジショニングに大きな違いが見られる。
 
昨季の4試合では、片方のサイドのSBが上がれば片方は下がるといった形でバランスをとりながらプレーしていたことがわかる。しかし、今季は両サイドとも高い位置を保っている。
 
ムヒタリヤンとロイスの両ウイングが中に絞ることがデータで示されていることからも、SBによるサイド攻撃をより重要視しているとうことだろう。

新システム4-1-4-1の狙いは?

そして、なによりも顕著な違いが現れているのが香川真司のポジションだ。
 
しかし、今季の4試合では大きく左に開いてプレーしている。今季からトゥヘル監督が導入したとされている4-1-4-1システムによって、香川のポジショニングが昨季と大きく変化した。
 
とはいえ、スタメン表では香川と隣り合わせで表記されるギュンドアンだが、平均ポジションを見るとより低い位置でプレーしている。むしろ、アンカーとされているヴァイグルにより近い位置取りとなっている。
 
ドルトムントは昨季、オーソドックスな4-2-3-1で戦っていたが、今季は4-1-4-1と4-2-3-1の中間のシステムといえるだろう。
 
そして、香川が左に位置することで中央のスペースをロイスが使うことができる。さらにロイスが中に絞ることで開いた右サイドのスペースにSBのギンターが攻め上がるという形が成り立っている。

キーは香川真司!データが示す今季のドルトムントでの役割の変化とは?

ただ、この香川のポジション変更の最大の利点は他の部分にある。次に参照するデータ(図2)は、パスの流れを示したもの。より多くのパスが行き来した選手間は、より太い線が引かれている。
 
まず、香川がパスを受けた回数を集計すると、昨季の4試合はシュトゥットガルト戦52回、HSV戦39回、ケルン戦44回、バイエルン戦26回。1試合平均40.25回となる。
 
一方で今季の4試合はボルシアMG戦53回、インゴルシュタット戦44回、ヘルタ戦65回、ハノーファー戦54回で平均が54回。1試合につき、13.75回増加している。
 
そして、もう一度パスの流れを示す図に目を向けてみると、最も目を引くのが香川とCBマッツ・フンメルスをつなぐ線だ。
 
近年のサッカーシーンにおいて、相手の組織を崩すためには“1つ飛ばすパス”が重要視されているが、この香川とフンメルスの関係がまさにそれだ。なにより、世界でもトップクラスの攻撃センスを持つこの2人が“1つ飛ばすパス”を成功させれば、相手の組織を崩すのは難しいことではない。

昨季の4試合でフンメルスから香川へ渡ったパス本数はHSV戦7本、ケルン戦6本、バイエルン戦3本(シュトゥットガルト戦はフンメルスが途中出場のため対象外)。平均は5.3本。
 
今季はボルシアMG戦11本、インゴルシュタット戦9本、ヘルタ戦13本、ハノーファー戦13本で平均が11.5本。1試合につき、6.2回も増えている。
 
香川がパスを受けた回数自体が昨季よりも増加しているため、フンメルスからパスを受ける回数が増えることも当然といえる。それでも、パーセンテージで見るとフンメルスからのパスは昨季が13.2%だったのに対して今季は21.3%となっていた。
 
やはり狙いとして、フンメルスから香川へダイレクトにパスを入れる形を取り入れているということ。そして、香川とより近い位置でプレーするムヒタリヤンとシュメルツァーとのトライアングルで左サイドの攻撃を作り上げている。
 
しかし今季は、より開いた位置から攻撃のスターターとなるフンメルスと前線のムヒタリヤンやオーバメヤン、ロイスをつなぐ“中継役”として攻撃を組み立てる役割を担っていると考えられる。
 
今後、以前のような20得点近いゴール数を挙げるようなパフォーマンスはできないかもしれないが、ドルトムントの攻撃の多くは香川を経由すると言われる存在となるかもしれない。

データ提供:Wyscout

海老沢純一

全文はソース元で

引用元 : データで読むドルトムント。カギ握る香川とフンメルスの“関係性”。新システムの狙いとは? (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

みんなの反応


せやんな。これは良記事。 データで読むドルトムント。カギ握る香川とフンメルスの“関係性”。新システムの狙いとは? | フットボールチャンネル | サッカー情報満載! footballchannel.jp/2015/09/16/pos…
こう言う記事にもなるし、自分でも大体の傾向が分かる事を考えると、ペップは既に対策を練ってるんやろなー⁉︎今からバイエルン戦が楽しみ!

データで読むドルトムント。カギ握る香川とフンメルスの“関係性”。新システムの狙いとは? footballchannel.jp/2015/09/16/pos…
こういうデータ分析大好物!^^! 【フットボールチャンネル 】データで読むドルトムント。カギ握る香川とフンメルスの“関係性”。新システムの狙いとは? ow.ly/Sihl0
データで読むドルトムント。カギ握る香川とフンメルスの“関係性”。新システムの狙いとは? zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=2015… #Yahooニュース

珍しくフトチャンが、よく出来た分析を。
なかなか良い記事。/ データで読むドルトムント。カギ握る香川とフンメルスの“関係性”。新システムの狙いとは?- zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=2015…
良い記事 / “データで読むドルトムント。カギ握る香川とフンメルスの“関係性”。新システムの狙いとは? (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース” htn.to/ndyMDm
見ていてワクワクするサッカー。観に行くのが楽しみだ!^^ データで読むドルトムント。カギ握る香川とフンメルスの“関係性”。新システムの狙いとは?(フットボールチャンネル) zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=2015…
こーゆー分析いいよね -- データで読むドルトムント。カギ握る香川とフンメルスの“関係性”。新システムの狙いとは? | フットボールチャンネル | サッカー情報満載! footballchannel.jp/2015/09/16/pos…
データで読むドルトムント。カギ握る香川とフンメルスの“関係性”。新システムの狙いとは?
footballchannel.jp/2015/09/16/pos…
面白い記事 必読!! 読むべし 香川に求められるタスクと昨シーズンとのチームとしての戦い方のちがいがよくわかります。
面白い。カガワの役割の変化がちゃんとデータにあらわれてる。/データで読むドルトムント。カギ握る香川とフンメルスの“関係性”。新システムの狙いとは? フットボールチャンネル zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=2015…
データで読むドルトムント。カギ握る香川とフンメルスの“関係性”。新システムの狙いとは?(フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=2015…

これだけフンメルスの名前並ぶ記事はあんまなさそうなので、フンメルスファンはぜひ
データで読むドルトムント。カギ握る香川とフンメルスの“関係性”。新システムの狙いとは?
footballchannel.jp/2015/09/16/pos… pic.twitter.com/7APCiSX1ia

管理人の感想

試合を見ていてそのままの印象がデータとしても表れているといった感じでしょうか。ただ、ムヒタリアンとロイスが中央に絞ってというのは昨シーズンも同じことなのですよね。むしろ、今シーズンのほうが左右がバランスを取って、どちらかは中央に絞ってどちらかはサイドに開くなどしている。昨シーズンはスタートからサイドの選手が中央に絞り、さらにトップ下がいる状況だから重なっている状況だったのですよね。

スペースを潰し合っていたし、距離感が近すぎたり遠すぎたりした。ここを変えたのが大きな変更点だったと思います。さらに、香川に自由なポジショニングを許したというのも大きかった。スタートはやや左寄りのインサイドハーフとしてプレーすることが多いですが、それは相手がブロックで固める守備をすることが多く、中央にスペースが無いからですね。

右はギュンドアンが少し下がり目であえてスペースを作っている感じ。ロイスが使うこともありますし、香川が右に入るスペースを確保しておいているということでもあるかと。中盤の3人が上手くトライアングルを回転させるかのようにポジショニングをしていると思います。

フンメルスから香川へのパスが多いことも要員だとは思いますが、チーム全体のリズムの変化をつけるために香川がより下がった位置からゲームメイクに参加しているというのが大きな要因でしょう。ボランチ気味でプレーしているということですね。一つ飛ばしたパス自体はそこまで多いわけではないかなと。

長谷部、局部の”ジェントルマンフランクフルト”を露出し「申し訳ない」

マラドーナが整形で”オネエ”に「そして母になる」

ネイマールが見せた”ヒールリフト”に賛否!!相手DFは「エレガントでも効果的でもない」【動画あり】

外国人監督で日本代表は十数年全く進歩しなかったから日本人監督にしろ

C・ロナウドは不要!!レアルファンの50%が支持

ファン・ハール「デ・ヘアはマンUに勝ち点をもたらさない」

夫の貯金でFXやった結果wwwww

サッカー選手の背筋力141kg 一般人の背筋力145.5kg

デブのお前ら痩せたいならデキストリン飲め

このGIF画像が右周りに見える奴は理系の才能ないらしい

【必見】究極に可愛い台湾の女の子の画像wwwwwwwwwwwwwww

【超必見】ビーチバレー界に激カワ19歳!新妖精現るwwwwwwwwwwww

野球は31位… 消費カロリーの高い運動ランキング

【ねこ画像】 道端で目ヤニでフラフラな子猫捕まえたった!!! その2

【ねこ画像】猫が勝手にうち入ってきたんだけど!!!!!

【ねこ画像】生後間もない猫拾った!!!!!

【ねこ画像】【シンクロ率1000%】 息ぴったりな猫さん達の画像集

スパねこ掲示板、回答受付中スレ

【回答受付中】国内組のJリーグの選手は本当にフィジカルを付ける必要があるの??

banner