「代表でゴールを決める苦労は凄まじい」 クラブ&代表で二つの顔を見せるメッシ (GOAL) - Yahoo!ニュース

メッシ「代表でゴールを決める苦労は凄まじい」バルサとは違う環境

現在開催中のコパ・アメリカでもわずか1得点しか決めていないなど、アルゼンチン代表のリオネル・メッシは、再び所属クラブのバルセロナと異なる顔を見せている。

PK戦の末にコロンビアを破り、準決勝へと歩を進めたアルゼンチン代表。明確な決定機を逸するなどして、ノーゴールでその試合を終えたメッシは、「代表でゴールを決める苦労は凄まじい」と終了後につぶやいた。 スペイン『マルカ』は、データによってメッシの発言の事実性を示している。同選手はバルセロナでは482試合411得点と1試合平均0.85点という得点率を記録しているものの、アルゼンチン代表では101試合46得点と得点率は0.45点にとどまっているのだ。

アルゼンチン代表史においては、メッシの得点率を上回る選手が多数存在。ガブリエル・バティストゥータ氏は0.72点(78試合56得点)、エルナン・クレスポ氏は0.54点(64試合35得点)を記録し、そのほかルイス・アルティメ氏0.96点(25試合24得点)、ホセ・サンフィリッポ氏0.75点(29試合22得点)、レオポルド・ルケ氏0.48点(45試合22得点)、マリオ・ケンペス氏0.46点(43試合20得点)も、メッシ以上の得点率を誇っていた。

またメッシを現在アルゼンチン代表でともにプレーする選手と比較しても、バルセロナで得ている名声には程遠い状況だ。セルヒオ・アグエロの得点率は0.44点(64試合28得点)でメッシと0.01点しか変わらず、ゴンサロ・イグアインは0.50点(50試合25得点)とバルセロナFWを上回っている。

ただし、何度もメッシと比較されるディエゴ・マラドーナ氏の得点率は0.37点(91試合34得点)と、こちらはメッシに軍配。

全文はソース元で

引用元 : 「代表でゴールを決める苦労は凄まじい」 クラブ&代表で二つの顔を見せるメッシ (GOAL) - Yahoo!ニュース

みんなの反応


「代表でゴールを決める苦労は凄まじい」
クラブ&代表で二つの顔を見せるメッシ bit.ly/1RIGqjZ pic.twitter.com/r4aXxj6GtI
「代表でゴールを決める苦労は凄まじい」 クラブ&代表で二つの顔を見せるメッシ(GOAL) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150628-…
→これはコパアメリカだからねぇ。まるで存在感のなかったハメスには触れない辺り「マルカ」らしい。
そう、ワールドカップでの優勝を見せて欲しいね!「代表でゴールを決める苦労は凄まじい」 クラブ&代表で二つの顔を見せるメッシ(GOAL) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150628-…
メッシの特典記録が凄まじすぎる。
バルセロナ 482試合、411ゴール
アルゼンチン代表、101試合、46ゴール
これでも代表のゴールが少ないことに
「メッシは二つの顔がある」とメディアにいわれてるんだw
リバウドも当時同じような事を言われていたのを思い出した。 「代表でゴールを決める苦労は凄まじい」 クラブ&代表で二つの顔を見せるメッシ - Goal.com上にコメントしました: fw.to/84lopHH
メッシ全然好きじゃなかったけど、今のアルゼンチン代表のメッシは良いね。
代表でもクラブでも輝くメッシを見られればなんでもいいです()
岡崎って代表ではメッシより得点率良いんだ!すげー笑
メッシがクラブでは多くのタイトルを勝ち取り、代表では勝ち取れないのは周りの選手の差だ。アルゼンチンも無論素晴らしいチームではあるがバルセロナの完成度には及ばない。バルサではメッシのバックアッパーのバックアッパーもレベルが高いのだ。 pic.twitter.com/TC4UG1ntMF
そう今のアルゼンチンは、U-20で2連覇し北京で世界を制した世代がちょうどフル代表の中心になってる
メッシ、アグエロ、ディマリア、マスチェ、ラベッシ、ロメロ、サバレタ、バネガ…
だからこそ、この最強世代でコパアメリカ優勝してほしい! pic.twitter.com/X4JgdbzEKT
メッシはバルサで24ものタイトルを獲った
それは今更ながら驚異的という他ない
しかしフル代表ではまだトロフィーを勝ち取っていない
なんとしてもまず今のコパアメリカ
南米の頂点に立ってその笑顔を見たい

管理人の感想

メッシはバルセロナでも下がって組み立てに関わることは多いけれど、アルゼンチン代表だとFWというよりMF、トップ下の選手の役割をしているみたいに見えます。

かなり低い位置からドリブルで突っかけてチャンスメイクをするのですが、ドリブルと味方とのワンツーの連携がイマイチ噛み合っていないことが多い。ワンツーのパスがズレていることが多いのです。3人目の動きも少ないから年々堅くなってきた守備ブロックを崩すのがかなり難しくなってきている。そんな中でゴールを決めるのは難しいのは当たり前。それでも2試合に1ゴール決めるレベルなのですからやはり恐ろしいですよ。

欧州がサッカーの本場で優秀な南米の選手が欧州でプレーする中で、同じクラブでプレーしていないからドイツやスペインのように連携を取るのは難しい。しかし、守備ブロックを崩すのにはタレント力と同時に連携も同じくらい重要であるため、連携プレーが生まれにくい南米のチームは良いところまで行っても国際大会で優勝できなくなってくるのかもしれませんね。

世界最高の前線を擁するアルゼンチン代表といえど同じことが起きていると思います。それでもメッシが中心となって圧倒的なタレント力でワールドカップを優勝することが出来るのか?そこに注目したいですね。

メッシならあるいは・・・と思わせることが出来る選手ですし。

スパねこ掲示板、回答受付中スレ

【回答受付中】国内組のJリーグの選手は本当にフィジカルを付ける必要があるの??

banner