クロップ監督と決勝へ…香川「チーム全員の気迫と気持ちで勝ち取った勝利」 | サッカーキング

香川、活躍できなかったものの手応えを感じる「チーム全員の気迫と気持ちで勝ち取れた」

28日にDFBポカール準決勝が行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントはバイエルンと対戦。1-1で迎えたPK戦に2-0で勝利し、決勝進出を決めた。  

試合後、記者団のインタビューに応じた香川は、「想像以上に走らされたというか、ボールの取りどころがはっきりしなかったり、取った後もやっぱりなかなか数的優位ではなく雑になり、苦しかったのが本音ですね」と激闘を振り返った。  

バイエルンに先制を許した場面は、香川が最終ラインの裏に抜ける動きを取ったところから生まれた。「すごく悔しかったですけど、あそこで前を向けたらすごくスペースがあったし、ああいうシーンがもっと増えてくればチャンスは増えるなと思っていたので、我慢強くその後もやるようにしました。ただ、そこの精度を高められなかったのは悔しいです」と話し、続けて「バイエルンもすごく強かったですし、この戦いの中でどこまでトップレベルで戦えるか。こういう戦いをしたいなと改めて感じました」と述べた。  

「チームとして良いサッカーではなかったかもしれないけど、チーム全員の気迫と気持ちで勝ち取った勝利だったからすごくうれしかったし、今のチーム状況も含めて決勝にいくことは何より大事だったし、誰が出ようが勝つことが大事だったので、そういう意味では本当にうれしかったです」

試合前はもちろん決勝に絶対にいくっていう気持ちもありましたけど、今のチーム状況を見たら(決勝に)出られるんじゃないかっていう手ごたえもあったので、すごく楽しみにしてました」という。また、「自分もそこまでプレッシャーはなく、楽観的に試合に入れていました。1点目を取った後に相手も攻め手がなくなってきて、チャンスも増えてきましたし、こっちのものかなと思いましたね。すごく今充実してるので、次からまたこの経験を生かしてやっていきたいと思います」

また、今シーズン限りで退任が発表されているユルゲン・クロップ監督に対しては、「最後に優勝していい形で終わればいいと思うし、そのために本当に良かった」と述べた。

全文はソース元で

引用元 : クロップ監督と決勝へ…香川「チーム全員の気迫と気持ちで勝ち取った勝利」 | サッカーキング

みんなの反応


クロップ監督と決勝へ…香川
soccer-king.jp/news/world/ger…
香川は、「想像以上に走らされたというか、ボールの取りどころがはっきりしなかったり、取った後もやっぱりなかなか数的優位ではなく雑になり・・」 pic.twitter.com/3SHKBR2Ghk
おおぉぉ!!!!!!!!!!!

ドルトムントがドイツ杯決勝へ。失点に絡むも香川真司に手応え|Sportiva|World Football sportiva.shueisha.co.jp/clm/wfootball/…
【試合後の香川選手の言葉】クロップ監督と決勝へ…香川「スタッフも含めてチーム全員の気迫と気持ちで勝ち取った勝利」
素敵な言葉ですね!!
トレーナーも重要なチームスタッフの1人です☆
#香川 #サッカー #スポーツ
pic.twitter.com/iuh7YO44FJ"

管理人の感想

やっぱりメンタルが良い状態なのかな。去年までだったら落ち込む方向に行っていると思うのですが、今は結果的にはミスをしたプレーの中でも継続していっても問題のないプレーの判断が冷静にできているようです。

あとは、あまり色々な選択肢を見ずに迷いそうだったら自分でシュートまで持っていくというような選択を取れるようなプレーが出来れば以前のような自信に満ち溢れているプレーに戻ると思います。

まだまだ、考え過ぎですね。

スパねこ掲示板、回答受付中スレ

【回答受付中】国内組のJリーグの選手は本当にフィジカルを付ける必要があるの??

banner