日本、イラク戦に向け

キリンチャレンジカップ2017が7日に東京スタジアムで行われ、日本代表とシリア代表が対戦した。

GKは川島永嗣。DFは右から酒井宏樹、吉田麻也、昌子源、長友佑都の並び。アンカーポジションに山口蛍が入り、インサイドハーフの位置に今野泰幸と香川真司。前線には原口元気、久保裕也、大迫勇也という組み合わせになった。

試合は1-1で終了。対シリア戦8連勝中の日本だったが、1983年以来となる2度目のドローとなった。

日本は次戦、13日に2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選でイラク代表と敵地で対戦する。

【スコア】

日本代表 1-1 シリア代

【得点者】

0-1 48分 マルデク・マルドキアン(シリア)

1-1 58分 今野泰幸(日本)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170607-00597518-soccerk-socchttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170607-00597518-soccerk-socc

【日本代表、シリアにドロー「あえて本田と乾に苦言!」W杯アジア予選は大丈夫か??【ハイライト動画】】の続きを読む