スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

2015年12月

ブンデス強豪のホーム無敗記録を止めた香川の華麗な決勝弾 「最後のワンプレーに懸けていた」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


香川「みんな諦めてたけれどなんとかしなきゃと思っていた」決勝弾でチームを救った試合を語る

後半アディショナルタイムの劇的な決勝点で、ゴールへの熱い思いが結実した。ドルトムントの日本代表MF香川真司は5日のヴォルフスブルク戦後半アディショナルタイムに勝負を決めた。アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンのラストパスから左足でネットを揺らし、チームを2-1の勝利に導いた。リーグでは今季初の途中出場となった香川は「最後のワンプレーに懸けていた」と執念を実らせた。ブンデスリーガ公式サイトが報じている。

11月8日のシャルケ戦以来のゴールで執念実らせる「結果的に自分が最後に(点を)取れましたけど、最後はすごく苦しい試合でした。前半の入りはすごく良かったですけど、その中でポストに(シュートが)2回当たったり、チャンスを決められず流れが変わりつつあった。後半も相手が完璧に主導権を握っていて。なかなかカウンターも決まらず、苦しい試合でした。最後に追いつかれて、あらためて厳しさを感じたんですけど、最後にワンプレーに懸けて、うまくゴールに流し込めたと思います」  

終了間際に激しく動いた激戦を振り返り、香川はこのように語った。決勝弾のシュートについても「ピシュチェクがうまくダイレクトで(クロスを)入れてくれて、ミキ(ムヒタリヤン)もしっかりと折り返してくれて、一連の流れはすごく良かったと思います。イメージ通りに(自分のところにボールが)来た。シュートはすごく集中して、抑えて打つことを意識しました」と振り返り、イメージ通りと自画自賛している。

全文はソース元で

引用元 : ブンデス強豪のホーム無敗記録を止めた香川の華麗な決勝弾 「最後のワンプレーに懸けていた」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【香川「みんな諦めてたけれどなんとかしなきゃと思っていた」決勝弾でチームを救った試合を語る】の続きを読む

ミラン本田に衝撃の「ロシア送還」が急浮上!? 伊紙が1月の移籍先候補に挙げる (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

本田圭佑「ロシアに送還」の可能性!ボアテングの獲得で身代わり放出

1月の移籍市場開幕まで1ヵ月となり、ヨーロッパ各クラブの移籍報道も加熱し始めた。その中で、日本人選手で最も去就が注目されているのがACミランのFW本田圭佑だ。本田自身は、自らチームを出て行くことを望んでいないと発言している上に、冬のマーケットでの移籍には否定的な見解が多かったが、イタリア紙「トゥット・スポルト」は、本田が1月に放出されるという見通しを報じ、まさかのロシア送還の可能性が浮上している。

そのキーマンになるのが、練習参加中の「前任10番」、ガーナ代表FWケビン・プリンス・ボアテングだ。戦力外状態とはいえ、ブンデスリーガのシャルケとの契約下にあるボアテングだが、同紙はミランが500万ユーロ(約7億円)で1月に獲得できるように、シャルケにオファーを出したと報じており、10日間ほどで問題なく受け入れられるだろうとしている。来年1月4日に正式にミランの選手となり、6日の本拠地サンシーロでのボローニャ戦がミラン復帰戦になるとしている。  

そして、ボアテングを復帰させるために誰かを放出する必要があり、その対象を「ブーイングと失望の本田」であると報じている。

「ボアテングに場所を与えるために、ロッカールームから荷物をまとめるのはミランサポーターからブーイングの対象になっている本田だ。この日本人は今やポジション争いに敗れ去り、ミハイロビッチ監督は常に(アレッシオ・)チェルチを起用する。イタリア杯のクロトーネ戦は監督のアイデアを変える大きなチャンスだったが、この10番はその機会を投げ捨てた。この状況は選手にとって好ましいものではない」

「常にプレミアリーグのウェストハムは有力な候補だ。だが、ロシアへ戻すという選択肢も除外されないだろう」  

本田は2010年から13年までロシアのCSKAモスクワに所属していたが、そのロシアリーグへの帰還も検討されているという。本田が17年6月までミランとの契約下にある以上、クラブの意向を全く無視することはできない。


全文はソース元で

引用元 : ミラン本田に衝撃の「ロシア送還」が急浮上!? 伊紙が1月の移籍先候補に挙げる (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【本田圭佑「ロシアに送還」の可能性!ボアテングの獲得で身代わり放出】の続きを読む

ハリル監督、J現状に辛口「リズムかなり遅い。アグレッシブさ足りない」 (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース


ハリル「Jリーグはリズムがかなり遅い。戦う意識も足りない」指摘に反発するファンも「日本代表の方が遅い」

明治安田チャンピオンシップ決勝第2戦(5日、広島-G大阪、Eスタ)サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(63)が前半終了後のハーフタイムに、NHKの中継に登場した。  

G大阪が1点をリードする展開にハリル監督は「まず面白い試合。G大阪はブロックが前に出て意欲的だった」

「広島は守備で満足している。前に行く野心が必要」  

また代表監督としてJリーグに求めることを問われると、「リズムがかなり遅い。アグレッシブさが足りない」と厳しい指摘。欧州のトップクラスのリーグとJリーグの差に「戦う意識と前へのプレー」の2点を挙げた。


全文はソース元で

引用元 : ハリル監督、J現状に辛口「リズムかなり遅い。アグレッシブさ足りない」 (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

【ハリル「Jリーグはリズムがかなり遅い。戦う意識も足りない」指摘に反発するファンも「日本代表の方が遅い」】の続きを読む

宇佐美、欧州挑戦濃厚!連覇“夢散”G大阪、来季はどうなる!? (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース


宇佐美貴史は欧州挑戦すべきか!?複数クラブからオファーの可能性も「わからない」【アンケート実施中】

明治安田チャンピオンシップ決勝第2戦(5日、広島1-1G大阪、Eスタ)年間勝ち点3位で準決勝から勝ち上がったG大阪の2連覇はならなかった。日本代表FW宇佐美貴史(23)にはドイツ1部リーグ・シュツットガルトなど複数クラブからオファーが舞い込むことが5日までに明らかになった。

日本代表にも定着し、J1で自身最多となる19得点を挙げたストライカーが、今冬に2度目となる欧州に挑む可能性が出てきた。連覇を逃した上に、エースの流出となればガンバにとって大ダメージだ。  

いよいよ争奪戦のゴングが鳴る。J1年間優勝こそ逃したものの、今季飛躍を遂げた宇佐美に複数クラブからオファーが舞い込むことが判明した。  

「(来年について)どうなんでしょうね。わからない」  

「信じて使ってもらったのに期待に応えられず申し訳ないし、情けないし、悔しい」。公式戦11戦不発のまま敗れ、ピッチ上に座り込んだまま広島の優勝インタビューを力なく眺めた。  

宇佐美獲得の最有力はドイツ1部リーグのシュツットガルト。11月22日のリーグ最終戦・山形戦では元浦和監督で同クラブのスカウトをつとめるブッフバルト氏がわざわざ大阪を訪れて視察。「最高のサッカー選手だ」とべた褒めした。G大阪がシーズン佳境で戦っていることもあり、まだ正式オファーは出していないが、一段落したこのタイミングに踏み切る可能性が高い。  

他に日本代表MF清武、DF酒井宏の所属するハノーバー、スペインの名門バレンシアに、フランスのマルセイユも獲得に興味を示しているもよう。大争奪戦になりそうだ。  

宇佐美は近日中にG大阪と話し合いの場を持つ。

全文はソース元で

引用元 : 宇佐美、欧州挑戦濃厚!連覇“夢散”G大阪、来季はどうなる!? (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

【宇佐美貴史は欧州挑戦すべきか!?複数クラブからオファーの可能性も「わからない」【アンケート実施中】】の続きを読む

ハリル監督CS制度に疑問呈す 「日本だけ。このシステムで疲労がたまる」 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

JリーグはCS制をやめるべき!?ハリル「疲労がたまる。日本だけしかやっていない」【アンケート募集中】

「Jリーグ・チャンピオンシップ・決勝第2戦、広島1-1G大阪」(5日、エディオンスタジアム広島)  

決勝第2戦が行われ、広島は1-1でG大阪と引き分け、1勝1分けの2戦合計4-3で、2年ぶり3度目のJ1年間王者に輝いた。  

ただ、「良い試合だったことに変わりはないが、両チームとも疲労がたまっていた」と指摘。CSについて「日本だけでしか行われていないシステム。このシステムによって疲労がたまっている」と制度に疑問を投げ掛けた

全文はソース元で

引用元 : ハリル監督CS制度に疑問呈す 「日本だけ。このシステムで疲労がたまる」 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

【JリーグはCS制をやめるべき!?ハリル「疲労がたまる。日本だけしかやっていない」【アンケート募集中】】の続きを読む

35分間の出場で値千金の決勝点を奪った香川 独紙採点は最高タイから及第点まで評価が分かれる (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


英雄になった香川真司、独紙評価は分かれるも”カガワチャント”が敵地で鳴り響く【動画あり】

ドルトムントの日本代表MF香川真司は5日のヴォルフスブルク戦で、今季のリーグ戦では初のベンチスタートとなったが、後半10分から途中出場。同点に追いつかれて迎えた後半アディショナルタイムに、左足で値千金の決勝ゴールを決め、チームに貴重な勝ち点3をもたらした。

「ビルト」紙では、香川はチームトップタイの2点(1が最高、6が最低)。先制点を決めたMFロイス、そのロイスの得点につながるボール奪取や香川の得点をアシストしたムヒタリアン、GKビュルキ、DFベンダー、MFギュンドアンらと並びチーム最高タイとなる評価を下された。リーグ戦15試合目にして初の先発落ちを味わったが、ゴールという結果でその存在感を示した。  

今季2試合目の出場となったDFスボティッチ、DFギンター、DFピスチェク、MFカストロが3点。この日不発に終わったエースFWオーバメヤンと左サイドバックのシュメルツァーが4点で、チームワーストの評価だった。

「ルールナハリヒテン」紙では、「BVB、シンジ・カガワに感謝」の見出しでこの日の結果を紹介すると共に、香川に対して、チーム内3番目の高得点となる2.5点を付けた。ムヒタリアンと2試合連続センターバック起用に応えたベンダーが1.5点で最高。香川との交代でベンチに下がったギュンドアンが2点。GKビュルキ、DFスボティッチ、そして香川が2.5点で続いた。同紙も、最低点は現在ブンデスリーガ得点王のオーバメヤンで4点だった。

全文はソース元で

引用元 : 35分間の出場で値千金の決勝点を奪った香川 独紙採点は最高タイから及第点まで評価が分かれる (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【英雄になった香川真司、独紙評価は分かれるも”カガワチャント”が敵地で鳴り響く【動画あり】】の続きを読む

香川の貴重な決勝ゴールでドルトが劇的勝利…バイエルンとの勝ち点差5に | サッカーキング


香川が劇的”救世主弾”でドルトムントを勝利に導く!今季ホーム無敗のヴォルフスに競り勝つ【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】

ブンデスリーガ第15節が5日に行われ、ヴォルフスブルクと日本代表MF香川真司の所属するドルトムントが対戦した。香川は今シーズンのリーグ戦で初のベンチスタートとなった。  

2位のドルトムントが、3位ヴォルフスブルクのホームに乗り込んでの上位対決。勝ち点「32」のドルトムントは、第13節ハンブルガーSV戦でリーグ戦2敗目を喫したものの、前節シュトゥットガルト戦で4-1の快勝を収め、嫌な流れを断ち切った。今節は、勝ち点差「8」で首位のバイエルンが、ボルシアMGに敗れて今シーズン初黒星を喫したため、2連勝を収めてしっかり勝ち点差を詰めておきたいところ。対して、勝ち点「25」のヴォルフスブルクは、ホームで29試合連続無敗をキープ。前節はアウェーでアウクスブルクとスコアレスドローに終わったが、今節は得意のホームで今シーズン8勝目を狙う。  

試合は、ドルトムントが立ち上がりから積極的にプレスをかけて主導権を握るものの、なかなか得点を奪えない。3分、イルカイ・ギュンドアンがペナルティエリア前中央でのFKで直接狙うがクロスバーに直撃。5分には、ヘンリク・ムヒタリアンの右クロスにスヴェン・ベンダーが合わせるが、これもクロスバーに嫌われた。

ヴォルフスブルクは、8日にチャンピオンズリーグ・グループステージ最終節のマンチェスター・U戦をはさみ、リーグ戦次節でDF酒井高徳の所属するハンブルガーSVと対戦。ドルトムントは、10日にヨーロッパリーグ・グループステージ最終節のPAOK戦をはさみ、リーグ戦次節は日本代表MF長谷部誠の所属するフランクフルトをホームに迎える。

【スコア】
ヴォルフスブルク 1-2 ドルトムント

【得点者】
0-1 32分 マルコ・ロイス(ドルトムント)
1-1 90+1分 リカルド・ロドリゲス(PK)(ヴォルフスブルク)
1-2 90+3分 香川真司(ドルトムント)

全文はソース元で

引用元 : 香川の貴重な決勝ゴールでドルトが劇的勝利…バイエルンとの勝ち点差5に | サッカーキング

【香川が劇的”救世主弾”でドルトムントを勝利に導く!今季ホーム無敗のヴォルフスに競り勝つ【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

ここ2か月で最高の出来を見せたサンプドリア戦。本田の立場は変わるのか? (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース


本田圭佑、ここ最近で1番良いプレー見せるもミランでの立場は・・・

11月28日のセリエA14節、ミランはサンプドリアを4-1で撃破した。9試合連続のベンチスタートとなった本田は、4-0だった80分にチェルチと代わって右サイドハーフとして途中出場。7試合連続の試合終盤投入となった。

このゲームで最大の見せ場は85分。サンプドリアのシルベストレからレジーニへの緩いパスをハーフウェーライン付近でカットし、そのまま前線へダッシュ。こぼれ球を拾ったL・アドリアーノから縦パスをもらい、ペナルティーエリア手前で敵DFと1対1の状況に。ドリブル突破も仕掛けられる状況だったが、中央に走り込んできたフリーのバッカに左足でラストパスを供給。コロンビア代表FWはこれをダイレクトでシュートしたが、GKに弾かれて惜しくもゴールはならなかった。  

攻撃面ではほとんど何もできずに終わっていた過去6試合と比べれば、この日はすでに敗戦濃厚だったサンプドリアが緩かったこともあり、可能性を感じさせるプレーを見せた本田。しかし、スタメンへの返り咲きは容易ではない。

「攻撃ではリスクを負ってでも、相手ディフェンダーを抜きにいかなければいけない。チェルチ、ニアング、ボナベントゥーラにはそれを期待している。とくにチェルチには、ミスをしても怒らないが、トライしなければ怒ると言ってある」

前日会見でそう語っていたミハイロビッチ監督の期待に、攻撃陣はしっかり応えたと言える。戦術的にはSBが守備優先で攻め上がりを自重し、さらにFWやセントラルMFもあまりフォローに寄らず、サイドハーフが敵SBと1対1になる状況を作り出そうという意図がハッキリと見て取れた。
 
その中で右サイドのチェルチは、縦の突破とカットインを織り交ぜた得意のドリブルで幾度となくサンプドリア守備陣を翻弄。一方で左サイドのボナベントゥーラも、敵ディフェンスラインのデッドスペースを突く巧みな動きを見せた。いずれも2ゴールずつに絡み、前者は1アシスト、後者は1ゴールと明確な結果も出している。
 
ライバルがこれだけハイパフォーマンスを見せたうえ、そもそも本田は今のミランのサイドハーフに求められる「1対1の突破力」が高いとは言えない。チェルチとボナベントゥーラが怪我にでも倒れない限り、スタメンの座が巡ってくる可能性は低いだろう。
 
チームのシステムが4-3-3から4-4-2に変わり、ここ2か月では最高のパフォーマンスを見せたとはいえ、ミランで本田が置かれている状況に劇的な変化はない。

文:白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)


全文はソース元で

引用元 : ここ2か月で最高の出来を見せたサンプドリア戦。本田の立場は変わるのか? (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【本田圭佑、ここ最近で1番良いプレー見せるもミランでの立場は・・・】の続きを読む

アーセナル、1試合で3選手が故障…指揮官は「誰にも予測できない」 | サッカーキング


【恒例行事】アーセナルは今年も野戦病院化!3選手が同時負傷でもヴェンゲルは言い訳「誰にも予測できない」

アーセナルは29日に行われたプレミアリーグ第14節で、ノリッジと1-1で引き分けた。試合後、アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督がインタビューに応じている。同日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。  

ヴェンゲル監督は、「我々は故障者を3人も出してしまった。ひざの問題を抱えたカソルラは試合終盤、片足でプレーしていたんだ。サンチェスはハムストリングの負傷、コシェルニーはでん部の問題を抱えている。どの程度の負傷かは分からないが、明日の朝の状態を見る必要がある」と話し、負傷した3選手の状態を気遣った。  

サンチェスは休ませるべきだったのではないかと問われ、「今の我々は前線の選択肢が多くない。(ダニー)ウェルベックも(セオ)ウォルコットも離脱しており、(アレックス・オックスレイド)チェンバレンは復帰したばかりだ。選手たちはサッカーをするためにいる。メディアが休むべきと決めたときに休むためにいるのではない」 

さらに、「検査はしてあって、問題はなかったんだ。選手がいつ負傷するかを科学的に予測することは誰にもできない。今日は彼を休ませたかったが、彼は試合前に問題はない、大丈夫だと言っていたんだよ」
全文はソース元で

引用元 : アーセナル、1試合で3選手が故障…指揮官は「誰にも予測できない」 | サッカーキング

【【恒例行事】アーセナルは今年も野戦病院化!3選手が同時負傷でもヴェンゲルは言い訳「誰にも予測できない」】の続きを読む

戦力外から一転、長友のインテル愛が実を結ぶ クラブが2年の契約延長オファーへ (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


フェニックス長友、インテルとの2年の契約延長へ!戦力外からスタメンへまたも這い上がる

インテルの日本代表DF長友佑都は、今季開幕前にトルコ強豪ガラタサライなどへの放出要員となっていた。親善試合では控え組の攻撃的MFという本職ではないポジションで起用されるなど戦力外状態だったが、不屈の闘志の持ち主はロベルト・マンチーニ監督の信頼を完全に取り戻した。そして、2018年6月まで契約延長というご褒美を手にするという。

今季限りでインテルとの契約が満了となる長友だが、干されてもアッピアーノ・ジェンティーレの練習場で休日返上トレーニングを続けるなど、愚直に貫いてきたインテル愛とプロ意識がついに報われようとしている。  

地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」の番記者、マッテオ・デッラ・ヴィーテ記者は、日本のダイナモに対するインテルの契約延長の動きをこう語っている。

「インテルは長友と1年間の契約延長オプション付きの1年契約を延長する。マンチーニは長友を気に入っているからね」

全文はソース元で

引用元 : 戦力外から一転、長友のインテル愛が実を結ぶ クラブが2年の契約延長オファーへ (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【フェニックス長友、インテルとの2年の契約延長へ!戦力外からスタメンへまたも這い上がる】の続きを読む

このページのトップヘ