スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

2015年10月

武藤バイエルン?独記者が推薦「まるでゲッツェのよう」 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

独記者「バイエルンに武藤がいればゲッツェと共にバルサのサッカーが出来る」

ドイツ1部マインツのFW武藤嘉紀(23)には、王者バイエルンがお似合い?! バイエルン取材歴数十年というスポーツ・ビルト誌のライムント・ヒント記者が5日、コラムを掲載。グアルディオラ監督に武藤獲得を勧めた。  

「私はペップ(グアルディオラ監督)同様、小柄で機敏かつ素晴らしい技術を持つ選手を好む。左サイドにはドリブルキングのリベリ(フランス代表)、才能あふれるドウグラスコスタ(ブラジル代表)がいるが、エレガントな武藤もいれば。武藤はダルムシュタット戦でワントップで出たのを見たが、まるでゲッツェ(ドイツ代表)のようだった」と絶賛した。  

「この2人はさらなるコンビネーションの屋台骨、シャビとイニエスタの生まれ変わりとなり得る。武藤とゲッツェ、さらにチアゴ(スペイン代表)とドウグラスコスタがいれば、ペップは再びかつてのバルサのゲームができる」と断言した。

全文はソース元で

引用元 : 武藤バイエルン?独記者が推薦「まるでゲッツェのよう」 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

【独記者「バイエルンに武藤がいればゲッツェと共にバルサのサッカーが出来る」】の続きを読む

ハリルJに追い風!日本協会、イングランド協会と提携へ (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

日本サッカー協会、イングランド協会と提携!代表戦も

ハリルジャパンに朗報だ。日本サッカー協会がサッカーの母国、イングランド協会と新たにパートナーシップ協定の締結準備を進めていることが29日、分かった。実現すれば代表、育成年代の強化、指導者養成などで協力関係が築かれ、10年5月以来となる日本―イングランド戦が実現する可能性も高まる。18年W杯ロシア大会、20年東京五輪に向けても重要なパイプとなりそうだ。  

日本協会が「サッカーの母国」とタッグを組む。イングランド協会といえば、1863年創設の世界最古のサッカー協会で、国際舞台でも影響力が強い。欧州では、ドイツ、フランス、スペインに続くパートナーシップ協定となるが、これまでは日程など調整がつかず、施設見学などの交流にとどまる部分もあった。関係者は、イングランドとは「従来の協定より、深い関係になるだろう」と明言。各分野で大きな効果が期待できそうだ。  

また、代表チームのマネジメントから育成年代の強化、指導者養成、マーケティング部門など各分野での情報交換が促進される。日本代表とFWルーニー(マンチェスターU)、昨季プレミアリーグ得点ランク2位のFWケイン(トットナム)らを擁するイングランド代表との強化試合も組みやすい。10年5月(1―2)以来の対戦も現実味を帯びてくる。  

日本協会は、モンゴル、シンガポール、イランなど既に、アジア8カ国の協会とも協定を締結している。アジア全体のサッカー発展、普及をテーマとしている。

全文はソース元で

引用元 : ハリルJに追い風!日本協会、イングランド協会と提携へ (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

【日本サッカー協会、イングランド協会と提携!代表戦も】の続きを読む

岡崎 日本人唯一バロンドール候補者に選出 スペイン紙報道 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

岡崎慎司、バロンドール候補者に選出が海外でも話題に!レスターファンも歓喜「リネカー以来」

レスターの日本代表FW岡崎が、世界年間最優秀選手「FIFAバロンドール」の候補に選ばれたと報じられた。スペイン紙ムンド・デポルティーボが2日、独自に入手したとする候補者59人を伝え、岡崎は日本人で唯一リスト入り。

正式な候補者23人はFIFAとフランスフットボール誌の選考で今月中にも発表され、各国代表の監督と主将、各国記者が投票。

全文はソース元で

引用元 : 岡崎 日本人唯一バロンドール候補者に選出 スペイン紙報道 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

【岡崎慎司、バロンドール候補者に選出が海外でも話題に!レスターファンも歓喜「リネカー以来」】の続きを読む

レアルの下部組織の「ピピ」中井卓大が将来期待される5選手に選出! | theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

中井卓大、レアル・マドリードのカンテラ期待の若手5人に選出!【ピピ君プレー集動画】

via:Pipi | centrocampista Alevín A | Real Madrid CF

日本が世界と対等にやり合える時代はいつくるのか。ドルトムントで活躍する香川真司や、ザルツブルクでプレイする南野拓実も驚きの人材だが、さらに下の世代に期待が寄せられている。バルセロナの下部組織に在籍していた久保建英(14)、レアル・マドリードの下部組織に入団した「ピピ」こと中井卓大(11)の2人だ。久保は日本へ帰国する流れとなってしまったが、中井はまだレアルの下部組織に在籍している。

『アス』はレアルのカンテラーノで将来が期待される5選手を紹介し、その中には中井も含まれている。

1人は今季カリム・ベンゼマのバックアッパーになることも期待されたU-19スペイン代表のボルハ・マヨラルだ。主にジネディーヌ・ジダンが率いるカスティージャでプレイしている。同じくカスティージャでプレイするアレイクス・フェバス、ジネディーヌ・ジダンの息子でGKを務めるU-17フランス代表のルカ・ジダン、パウロ・ルバンバ(13)、そして中井だ。この5名の中では中井が最も若く、将来への期待度の高さで選ばれている。

全文はソース元で

引用元 : レアルの下部組織の「ピピ」中井卓大が将来期待される5選手に選出! | theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

【中井卓大、レアル・マドリードのカンテラ期待の若手5人に選出!【ピピ君プレー集動画】】の続きを読む

【日本代表】“ハリルワード”から探るシリア戦の見どころ/テクニック重視なら香川と清武のダブルトップ下も面白い (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

シリア戦、日本代表は香川&清武のダブルトップ下もあり?”最終兵器”南野にも期待

10月1日に、ワールドカップ・アジア2次予選のシリア戦(同8日)、イランとの親善試合(同13日)に向けたメンバー23人が発表された。当日の会見ではハリルホジッチ監督がアウェーで戦う2試合の意義、選手の選考理由などを述べたが、そのなかで興味深かったコメントをヒントにシリア戦の見どころを探ってみた。

●“ハリルワード”1 「南野は現代のフットボールに適応できるアタッカー。ゴール前にしっかり現われる」

<SD編集部の見解>  

得点力アップを睨んで選出された南野について、ハリルホジッチ監督は「数年後には日本代表にとって効果的な選手になる」とも言っている。このコメントから察するに彼の招集は将来的な布石の意味合いが強く、いきなりシリア戦でスタメンを任せるようなことはしないだろう。 ただ、今季ここまでのザルツブルクでの活躍は素晴らしく、その勢いを指揮官が買えば途中出場のチャンスは十分になる。守備を固めてくるだろうシリアに対し、「ゴール前にしっかり現われる」南野はリーサルウェポン(秘密兵器)になれるか、興味深い。

●“ハリルワード”2 「今のところ、ロングボールを前線に放り込むのは我々のアイデンティティではありません」

<SD編集部の見解>  

会見の席でMFのメンバーを発表した際、ハリルホジッチ監督は「テクニックある選手を選んだ」と言った。前回まで呪文のように唱えていた「デュエル(格闘の意)」、「球際の強さ」といったフレーズがすっかり影を潜めたのは、シリア戦ではポゼッション重視のサッカーを展開しようとしているからではないか。  

シリア戦ではクロスよりも「グラウンダーのパス、特に背後へのボールを使いたい」(ハリルホジッチ監督)ということであれば、クロスの名手・太田(FC東京)が落選したのも頷ける部分はある。  

テクニックを最重視するなら、4-1-4-1システムで香川と清武をダブルトップ下に置くのも面白そうだ。ハリルホジッチ監督は清武について「ビルドアップのクオリティが高い」と称賛しており、攻撃的センスも兼備する彼をスタメンに抜擢しても不思議はない。

「火曜日の朝(シリア戦の2日前)に到着する選手もいます。これは私にとって、大きな問題です」

<SD編集部の見解>

ハリルホジッチ監督のコメントを拝借すれば、「シリアはすでに昨日から合宿を始めていて、明日はオマーンと親善試合をする」。今週末のリーグ戦を戦った後に集合する日本代表は、そんなシリアに比べて準備期間が極端に短い。試合2日前の火曜日(10月6日)に合流する選手は、いわばぶっつけ本番で試合に臨むことになる。

これは小さくないハンデで、いくらハリルホジッチ監督がシリアを分析しても、選手のコンディションに大きな問題があれば苦戦を強いられる可能性がある。どこまでフレッシュ(健康体という意味で)なメンバーを送り出せるかは、気になるところだ。

仮に2ボランチを採用するなら、長谷部のパートナー選びに注目したい。ハリルホジッチ監督の見解では、「山口は少し怪我をしていて」、「柴崎は怪我明けでトップパフォーマンスに戻っていない印象」だ。となると、コンディション次第では柏木のサプライズ起用もあるかもしれない。

もっとも、その柏木についても、南野と同じく現体制下で初めて代表活動に加わる(東アジアカップは負傷辞退)点での不安は拭えない。いずれにしても、週末のJリーグでのパフォーマンスがひとつの判断材料になりそうだ。

全文はソース元で

引用元 : 【日本代表】“ハリルワード”から探るシリア戦の見どころ/テクニック重視なら香川と清武のダブルトップ下も面白い (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【シリア戦、日本代表は香川&清武のダブルトップ下もあり?”最終兵器”南野にも期待】の続きを読む

独メディア、”お買い得”武藤の初アシストを絶賛「ワンダフル」 | サッカーキング

ブンデス初アシストの武藤「お値段以上の選手!」独紙がマインツ勝利の貢献を評価【ハイライト動画】

ブンデスリーガ第8節が2日に行われ、日本代表FW武藤嘉紀の所属する12位マインツは、勝ち点差1で9位につけるダルムシュタットに3-2で競り勝った。  

武藤は1トップで7試合連続スタメン入りし、前半24分にはチーム2点目となるMFユヌス・マッリのゴールをアシスト。移籍後初となるアシストをマークした。

スポーツサイト『Sportal.de』は、武藤にチーム4番目タイとなる「3」(最高1点、最低6点)の採点をつけた。採点の数字こそそれほど高くはないが、寸評では「なぜ、マインツのクラブ幹部が武藤のことを紛れもないお買い得選手と位置づけていたのか、日に日に分かってきた」と、武藤の値段以上のパフォーマンスを絶賛し、高評価となっている。  

さらに、「この試合でもありとあらゆるところに姿があった。競り合いにも積極的に挑み、ワンダフルなアシストを決めた。キックの精度がもう少し高ければ、あと2、3回はアシストを決めることができていた」と、1対1にひるむことなくピッチ上を走り回る姿と、記念すべき初アシストを称えた。  

しかし、最後に「後半は他のチームメート同様に、目立つ動きが少なくなり、リードを守ることに徹した」と付け加え、スタミナ切れがマイナス評価につながった模様。  

地元紙『Allgemeine Zeitung』の採点も「3」となり、「序盤は、ダルムシュタットの荒々しいやり方に大苦戦した。だが、試合が進むにつれて調子を上げていった」


全文はソース元で

引用元 : 独メディア、”お買い得”武藤の初アシストを絶賛「ワンダフル」 | サッカーキング

【ブンデス初アシストの武藤「お値段以上の選手!」独紙がマインツ勝利の貢献を評価【ハイライト動画】】の続きを読む

屈辱まみれの敗戦 首位攻防戦で大敗のドルトムント香川に独メディアも最低評価 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

王者バイエルンに大敗した香川らドルトムント選手に独紙が厳しい評価・採点

ドルトムントの日本代表MF香川真司は4日、ブンデスリーガ第8節バイエルン・ミュンヘン戦に先発出場したが本領を発揮できず、独メディアからはチームワースト評価を与えられた。見せ場をつくるどころかボールを触ることさえままならず、後半8分に途中交代でピッチを後にした。独地元メディアからは「危険なシーンを作り出すことはなかった」と、存在感の希薄さを指摘された。チームも1-5で大敗した。  

「WAZ」紙も同様に厳しい採点となっている。香川をはじめ、GKビュルキ、フンメルス、ピシュチェク、ヤヌザイがチームワーストの5点。香川は「バイエルンの守備陣を相手に、危険なシーンを作り出すことはなかった。その結果、試合が再開されてすぐに途中交代となった」と評されている。  

チームトップはバイグル、カストロの3.5点。8試合連続得点のオーバメヤンは、途中出場のロイスらと同じく4.5点で、ワースト2位の評価を下されている。

「ビルト」紙では、ミュラーに決められた先制点と、後半開始早々にレバンドフスキに決められた2つの失点シーンでいとも簡単に相手にかわされるなど、不安定なプレーが目立ったGKビュルキが6点という最低点を付けられた。香川はまたしても5点。ほとんどプレーに絡めなかった上に途中交代で、見るべき点がなかった。同紙はチーム最高がオーバメヤン、バイグルら5選手に与えられた4点と、最も厳しい基準で採点した。香川やフンメルス、途中出場のヤヌザイとロイス含めた7人が5点だった。  

全文はソース元で

引用元 : 屈辱まみれの敗戦 首位攻防戦で大敗のドルトムント香川に独メディアも最低評価 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【王者バイエルンに大敗した香川らドルトムント選手に独紙が厳しい評価・採点】の続きを読む

フルミネンセ退団のロナウジーニョが交通事故…自動車転倒も幸い無傷 | サッカーキング

ロナウジーニョ、車が横転する交通事故も無傷でファンサービス

元ブラジル代表FWロナウジーニョが交通事故を起こしていたことが明らかになった。4日、スペイン紙『スポルト』が報じている。  

事故が起きたのは2日のことで、同選手は母親ミゲリーナさんの誕生日を祝うため、ブラジルのポルトアレグレ市に向かう途中だった。  

ロナウジーニョの兄であり代理人も務めるロベルト・デ・アシス氏によると、同選手の運転する自動車が車輪の問題により均衡を失い車道を逸れ、脇道で転倒した模様。ただ、幸いなことに無傷だったという。


全文はソース元で

引用元 : フルミネンセ退団のロナウジーニョが交通事故…自動車転倒も幸い無傷 | サッカーキング

【ロナウジーニョ、車が横転する交通事故も無傷でファンサービス】の続きを読む

ロジャース解任のリバプール、後任はアンチェロッティかクロップに? (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

リヴァプール、次期監督はクロップかアンチェロッティの贅沢な2択に?

リバプールは4日、ブレンダン・ロジャース監督を解任したと発表した。この日に行われたエバートン戦(1-1)から数時間後の解任劇となった。英『スカイスポーツ』が後任候補について報じている。  

同メディアの情報源によると、リバプールは後任監督の候補として、元ドルトムントのユルゲン・クロップ氏と元レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ氏を挙げているという。代表ウィークに入るため、次節は10月17日のトッテナム戦となる。クラブは「次節までに新たな監督と契約を結ぶ」としており、クロップ氏かアンチェロッティ氏のどちらかと契約を結ぶ意向のようだ。  

また英『スカイスポーツ』の解説を務める元イングランド代表のジェイミー・レドナップ氏は「クロップこそがリバプールの監督にふさわしい」とコメント。

全文はソース元で

引用元 : ロジャース解任のリバプール、後任はアンチェロッティかクロップに? (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【リヴァプール、次期監督はクロップかアンチェロッティの贅沢な2択に?】の続きを読む

ナポリ戦欠場のミラン本田が過激な批判連発 クラブ、監督、メディアをメッタ斬り (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

本田圭佑が遂に不満爆発!ミランの監督、フロント、メディアに警告

ACミランの日本代表MF本田圭佑は、4日の本拠地ナポリ戦で2試合連続の出番なしに終わったが、その試合後に心境を吐き出した。インフルエンザによって3日間発熱のあったという本田は0-4で大敗後、120億円補強にも関わらず結果の出ない現状にクラブの首脳陣、シニシャ・ミハイロビッチ監督、サポーター、イタリアメディアを「誰がやってもダメ」「ナンセンス」などとなで斬りにし、過激なクラブ批判を展開している。

本田はチームに警句を投げかける。

「そうですね。前半は結構いい勝負していて。失点シーンは自分たちのミスから生まれたものだった。その後、どちらかというとナポリの方に勢いがなくなり始めて、同点になるチャンスも何本かあった。そこを決めきれなくて。後半はまったく違った試合になってしまった。個人的にはあんまりというか、問題点が分かりやすくなった。問題点が変わったわけでもないし、問題点が大きくなったというのもないですし。今日の試合でファンや経営陣、選手たちは大きく傷ついて、こういうところで気づく。今日の敗戦、大敗をしっかりと(受け止める)。この敗戦から何かを学ばないと。いつまでたっても再建はほど遠い」

一方で、本田は出場機会を失った理由を把握していないという。そして、チームとイタリアサッカー界に対する怒りをぶちまけた。

「何で出れなくなったか分からない。こういう試合をやっていて出れるチャンスがないのがおかしい。イタリアのメディアの大問題だと思うんですけれど、誰がいい、誰が悪いというのをこういう試合で話すのがナンセンスですよね。ある程度、誰がやってもダメというのは、この3年ぐらいで分かったと思う。そこを今日しっかり学ばないと。(マンチェスター・)シティやパリ・サンジェルマンぐらいお金を使うか、もう少しストラクチャー(構造)の部分で見直していかないといけない。でも、選手が気づいていてもこのチームは変わらない。トップの人間が気づく、経営陣が気づく、監督が気づく。そして、選手たちが気づく。同時にファンたちも気づいていかないと。僕はファンの拍手のタイミングを見ていても、勝つことだけに左右されているファンだなと気づく。内容など見ない。勝てば拍手する」

ミハイロビッチ監督は試合前の記者会見などで、選手の精神的なアプローチ次第で状況は変わると説いていた。だが、本田は指揮官の発言に同意しなかった。

「その時点で、選手に責任があると語っているという時点でナンセンス。100億ぐらい使って選手を試している。トップトップのプレーヤーではないとしても、代表チームの選手が集まっている集団。それでなぜ、彼らが出ている選手が与えられたポジションで生き生きとプレーできないのか、もう少し構造的な問題。評価基準をメディア、ファン、経営陣から大きく変えることができれば、大きく再建につながるのではないかなと思う」

ミランには近年連動性が乏しく、周囲からのサポートも少ない。本田のミランのチーム状況に関する指摘に昨季から大きな変化はない。

「専門的な話になるんで、あれなんですけど、シンプルに言えばヒントは今日のナポリにあると思います。それが分からないようであれば、再建はあと5年 10年かかる。ナポリはサポートが速い? 2年間思っている話。逆にイタリア人に聞きたい。ユーベも危ないでしょ。これでユーベが弱くなったらイタリア危ないですよ。だから、イタリアのメディアにこれを伝えておいて下さい。また散々ぱら僕をたたくでしょうから」

全文はソース元で

引用元 : ナポリ戦欠場のミラン本田が過激な批判連発 クラブ、監督、メディアをメッタ斬り (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【本田圭佑が遂に不満爆発!ミランの監督、フロント、メディアに警告】の続きを読む

このページのトップヘ