スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

2015年07月

【英国人の視点】岡崎慎司はプレミアで成功するか? 地元記者が分析する期待値と不安 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

岡崎慎司、プレミアでの成功のヒントは”阿部勇樹”!?地元記者の期待と不安

日本代表FW岡崎慎司は、レスター・シティへの移籍を決断した。これまで何人かの日本人選手がプレミアリーグに挑戦してきたが、彼は大きな成功を収められずにいる。岡崎がレスターへ移籍する数年前、阿部勇樹は同クラブでファンから愛される存在となっていた。岡崎は阿部のようにファンから背中を押されるような活躍を見せられるだろうか。


地元紙『レスター・マーキュリー』で“フォクシーズ(レスターの愛称)”の番記者を務めるロブ・ターナー記者は、地元での岡崎への期待値が控えめである一方で、ブンデスリーガでの実績を考慮すれば岡崎はイングランドのプレースタイルに適応すると主張する。

「レスターが一年かけて彼を追っていたことは、ナイジェル・ピアソンから聞いていたので知っていた。彼の得点記録は世間をあっと言わせるものではないが、ハードワークと機動力はピアソンが求めるストライカー像に合致している」
 
しかし、ピアソン監督はもはやレスターの指揮官ではなく、7月13日に元チェルシー監督のクラウディオ・ラニエリ氏が彼の後任に就いた。これが岡崎にどのような影響を与えるかは大きな問題だが、ターナー記者は監督交代が重大な懸念材料になるとは思っていない。

「全所属選手が白紙の状態だと思うし、岡崎は他のプレーヤー同様にトレーニングやプレシーズンマッチの中でラニエリ監督に印象を植え付けなければならない。岡崎がチームからの評価が高いのはピソアン前監督が一年間彼を追っていた事実によって明らかだが、ラニエリ監督が彼をどう評価するかはまだ不確かである」

レスターサポーターのマユール・バジさんは、“修理屋(ラニエリ監督の愛称)”の抜擢は岡崎にとって有益になると考えている。

「たとえ岡崎がピアソン時代の契約選手であっても、イングランドに来たばかりの頃に困難に直面した外国人指揮官のラニエリ監督の方が、より多くのチャンスをもらえると思う。ラニエリ監督は岡崎にとって父親的存在になるだろうし、この土地に腰を落ち着かせる助けになれば、フットボールに集中できる」

「ほとんどのレスターサポーターが『岡崎は本当に必要な選手か?』と感じていると思う。クラブは1月にアンドレイ・クラマリッチと契約したが、プレミアリーグに適応する時間を要している。しかし、彼は非常に才能豊かな選手だ。フォクシーズには既にレオナルド・ウジョア、デイビッド・ニュージェント、さらにジェイミー・ヴァーディーもいる。もちろん、岡崎もイングランドで自らの価値を証明するには時間がかかるだろうからね」
 
バジさんがその問題の解決事例として目を向ける選手が、レスターがチャンピオンシップ(2部)を戦っていた2010年から2012年にチームに所属していた阿部勇樹だ。彼は岡崎と同様に華々しい選手というより安定した力を発揮するタイプであり、チームのために全力でプレーする姿は、サポーターやチームメートから常に正しく評価されるイングランドで戦力として見なされた。バジさんは浦和レッズの現主将の大ファンだった。

「阿部はレスターの中でお気に入りだった選手の一人だ。スヴェン・ゴラン・エリクソン監督は当時ボランチを2人起用することを好み、阿部はDFの前でダーティな仕事に徹していた。ボールの配球も素晴らしく、街にも馴染んでいた。彼はディトマー・ハマンのようなタイプの選手で、決して目立たないがチームの中で重要な選手だった」

ターナー記者もレスター時代の阿部の魅力について良い思い出をもっている。

「勇樹はサポーターの間でかなり人気があったし、専用のチャントも存在していた。彼は勤勉なだけではなく、信じられないほど全員に対して礼儀正しかった。ピアソン前監督がクラブに復帰してからはチームを離れてしまったが、それには理由があったのだと思う」

「体を粉にし、思う存分プレーすること」が、サポーターを味方につけるためのターナー記者からのアドバイスである。「イングランドのファンはいつの時代も100%でプレーする努力家の背中を押してくれるし、最初のうちは得点が少なくても不都合なことはない」
 
バジさんも賛同する。

「はっきり言って、岡崎は得点を獲らなければならないし、リーグのペースについていく必要がある。ファンは彼にチャンスを与えるが、ハードワークやボールに執着する姿を示さなければならない。もちろん、彼自身のために得点することも重要だ」


全文はソース元で

引用元 : 【英国人の視点】岡崎慎司はプレミアで成功するか? 地元記者が分析する期待値と不安 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【岡崎慎司、プレミアでの成功のヒントは”阿部勇樹”!?地元記者の期待と不安】の続きを読む

ドルトムントの番記者が香川を分析…新シーズンは再ブレイクの予感 | サッカーキング

香川真司はもう一度ブンデスのスター選手に!ドルトムントの番記者が語る期待

文=高尾太恵子/通訳=小林幸帆 「まあ、良しとしよう」  

そう言って、2014-15シーズンの香川真司を総括した。ドイツ誌『キッカー』の番記者として20年以上ドルトムントを追い続けるトーマス・ヘンネッケ氏の目に、日本代表の10番はどう映っているのか

ジグナル・イドゥーナに“シンジコール”が響き渡ったあの日、ヘンネッケ氏も「シンジは何も変わらない。以前ドルトムントにいたときのようにグッドパフォーマンスだ!」と胸を躍らせたという。  

2014年9月13日、古巣ドルトムントへ帰還した香川はフライブルク戦に先発出場すると、自らの復帰を祝うゴールを挙げ、約8万人のファン・サポーターからは大歓声が轟いた。ドイツメディアも香川の復帰ゴールを大絶賛。『カガワ祭りだ!』との見出しを付け、こぞって取り上げた。  

しかし、“いい波”は続かなかった。復帰の瞬間に歓喜したヘンネッケ氏だったが、「ユナイテッドから戻ってきたシンジの調子は安定しなかった。試合で50〜60分を過ぎると足が止まり、フィジカルに問題を抱えていることは明らかだった」と冷静に分析する。香川はここから約半年もの間、ゴールから遠ざかることとなる。

「ウインターブレイクが明けた後半戦は、状態が良くなった」  

ようやくトンネルを抜け出したのは、今年3月のハノーファー戦だった。フル出場を果たし、1ゴール1アシストで勝利に貢献した。4月15日には恩師ユルゲン・クロップが退任を表明。この退任騒動も香川の復調に少なからず影響を与えたことだろう。発表から3日後のパーダーボルン戦、続くフランクフルト戦で2試合連続ゴールを挙げ、最終節のブレーメン戦では全得点に絡む活躍で恩師のホーム最終戦に花を添えた。最終的にリーグ戦で5ゴールを記録した香川について、「ユナイテッドではコンスタントに試合に出ることができなかった。実戦を重ねるにつれパフォーマンスも向上し、ゴールやアシストを決めるようになり、我々も『以前のシンジが戻ってきた』と楽観的な雰囲気になったよ」と笑顔を浮かべる。  

そもそも香川に対するドイツメディアの評価は高い。ヘンネッケ氏も「ドルトムントでプレーした2年間は、ドイツの“シューティングスター”だった。運動量が豊富で、見事なパスを出し、シュートもうまい。まだ伸びしろがあるし、再びブンデスリーガのスターになるだけのポテンシャルがある」と本来の能力を認める。  

だが、再ブレイクするためにはトーマス・トゥヘル新監督の信頼を勝ち取るという新たなハードルを乗り越えなければならない。試合中も頻繁にシステム変更をすることで有名な新監督について、「常に同じシステムで戦うクロップとは違う。どのシステムを採用するかによって起用選手は変わってくる。クロップのときは9人くらいの固定選手がいたが、マインツ時代のトゥヘルを見ると試合毎に起用選手を変えるのは当然のことだった。シンジがレギュラーになれるかどうか…答えるのは難しいね」と険しい表情でレギュラー確保の難しさを指摘した。  

実際、トゥヘル監督は試行錯誤を繰り返している。7月上旬のアジアツアーでは香川とマルコ・ロイス、ピエール・エメリク・オーバメヤンとヘンリク・ムヒタリアンのユニットを前後半で使い分けた。17日のボーフム戦では4人を同時に先発起用。21日のルツェルン戦では再び2人ずつに分けて出場させるも、25日のユヴェントス戦では香川以外の3選手を先発で起用し、後半からムヒタリアンに代えて香川を投入した。ポジション争いは激化の様相を呈している。

ヘンネッケ氏は、熾烈なレギュラー争いを予想しながらも「シンジのようなグッドプレーヤーであれば、どの監督の下でも上手くやれるはず。トゥヘルの下でシンジが大きな役割を担うようになると確信している」と再ブレイクを信じてやまない。「もう一度、ブンデスリーガのスタープレーヤーになれる」という言葉からも、期待度の高さがうかがえる。香川の活躍が、昨シーズン7位と低迷したドルトムントを復活へと導く手助けになることは間違いない。ファン・サポーター、そしてドイツメディアまでもがピッチで躍動する香川を待っている。

全文はソース元で

引用元 : ドルトムントの番記者が香川を分析…新シーズンは再ブレイクの予感 | サッカーキング

【香川真司はもう一度ブンデスのスター選手に!ドルトムントの番記者が語る期待】の続きを読む

アトレティコがフィリペ・ルイス獲得で合意と発表…1年ぶりの復帰 | サッカーキング

フィリペ・ルイスがアトレティコに復帰と発表 チェルシーにはわずか1年

via:@Atleti

アトレティコ・マドリードは23日、チェルシーに所属するブラジル代表DFフィリペ・ルイスの獲得で合意に達したことを発表した。  

発表に際してアトレティコのホセ・ルイス・カミネロSD(スポーツ・ディレクター)は、「我々は全員フィリペ・ルイスを知っている。世界最高レベルのウインガー獲得によって、私たちはより強くなる。彼は、このクラブのことやチームの戦い方を熟知しているから、すぐに適応するだろう」と、コメントしている。

全文はソース元で

引用元 : アトレティコがフィリペ・ルイス獲得で合意と発表…1年ぶりの復帰 | サッカーキング

【フィリペ・ルイスがアトレティコに復帰と発表 チェルシーにはわずか1年】の続きを読む

メッシは「ファンタスティック」でCR7は「グッド」? イブラが“一問一答”に挑戦 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

イブラ、ペップを「グッドコーチ」と認めるも・・・ メッシは「エクセレント」自身は・・・

リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウド。この2大スーパースターのどちらが優れているかという議論は今に始まったことではない。  

もう一人のスターであるパリ・サンジェルマンのズラタン・イブラヒモビッチは、彼らをどう思っているのだろうか。米紙『スポーツ・イラストレイテッド』のインタビュー番組に出演したスウェーデン代表ストライカーが“一問一答”に挑戦した。  

司会者の女性は「思い浮かんだことを一言で答えてください」とリクエスト。メッシやC・ロナウド、さらに不仲で知られるバイエルン・ミュンヘンのペップ・グアルディオラ監督などについてイブラヒモビッチは、次のように答えた。

――メッシ 「ファンタスティック」

――C・ロナウド 「グッド」

――グアルディオラ監督 「グッド・コーチ」

――ジョゼ・モウリーニョ監督 「パワー」  

さらに、「ズラタンは?」と自身について聞かれると「アメイジング」と答え、笑顔を見せた。

全文はソース元で

引用元 : メッシは「ファンタスティック」でCR7は「グッド」? イブラが“一問一答”に挑戦 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【イブラ、ペップを「グッドコーチ」と認めるも・・・ メッシは「エクセレント」自身は・・・】の続きを読む

香川真司が選ぶ現役ベストイレブン、バルセロナからメッシら6人選出 | サッカーキング

”リアルマウス”の香川真司が選ぶ現役ベストイレブン!メッシら6人がバルサから選出

ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が、自身が選ぶ現役選手最強イレブンを明らかにした。  

同企画は、エレクトロニック・アーツ株式会社が配信しているFIFA公認モバイルサッカーシミュレーションゲームである『EA SPORTS FIFAワールドクラスサッカー2015』内でのイベントによるもので、香川が監督となり、選んだ選手をユーザーが当てるという内容だった。  

その回答が発表され、香川が選ぶ最強のイレブンが判明。フォーメーションは[4-3-3]となり、2014-15シーズンのチャンピオンズリーグを制したバルセロナから6名が先発に名を連ねた。  

香川の選んだベストイレブンは以下のとおり。

■先発[4-3-3]

▼GK
マヌエル・ノイアー(バイエルン)
▼DF
ダニエウ・アウヴェス(バルセロナ)
ジェラール・ピケ(バルセロナ)
レオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス)
ジョルディ・アルバ(バルセロナ)
▼MF
アルトゥーロ・ビダル(ユヴェントス→バイエルン)
ポール・ポグバ(ユヴェントス)
エデン・アザール(チェルシー)
▼FW
リオネル・メッシ(バルセロナ)
ルイス・スアレス(バルセロナ)
ネイマール(バルセロナ)

■サブ
マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)
ハビエル・マスチェラーノ(バルセロナ)
セルヒオ・ブスケツ(バルセロナ)
アンドレス・イニエスタ(バルセロナ)
アリエン・ロッベン(バイエルン)
クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
カルロス・テベス(ユヴェントス→ボカ・ジュニアーズ)

全文はソース元で

引用元 : 香川真司が選ぶ現役ベストイレブン、バルセロナからメッシら6人選出 | サッカーキング

【”リアルマウス”の香川真司が選ぶ現役ベストイレブン!メッシら6人がバルサから選出】の続きを読む

退団濃厚なインテル長友の“後釜”に、中国のセルヒオ・ラモス急浮上! (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

インテル、”中国のセルヒオ・ラモス”DFチャン・リンペンを長友の後釜に

インテルは27日の国際親善試合インターナショナル・チャンピオンズカップでレアル・マドリードに0-3の完敗を喫し、中国ツアーを終えたが、ロベルト・マンチーニ監督は「中国人選手にとても興味深い存在がいる」と語っている。  

その対象が、中国代表DFチャン・リンペンだ。広州恒大でプレーするストッパーは、185センチの長身でサイドバックをこなす柔軟性を持っている。そのハードなプレーぶりから、「中国のセルヒオ・ラモス」というニックネームを持つほどだ。  

マンチーニ監督は「興味深い選手だよ。将来的に我々と共にあるかどうか、可能性を見てみよう」と獲得を示唆する発言を残している。  

昨季まで広州を率いてきたのがマルチェロ・リッピ、ファビオ・カンナバーロといったイタリア人監督だったということが、チャン獲得への一因になりそうだ。カンナバーロ監督も「チャン・リンペンを含め、広州には他にも3、4人がヨーロッパで問題なくプレーできる」というコメントを語っている。  

チャンと広州の契約は2020年まで残っているが、800万ユーロ(約11億円)の移籍金で獲得可能だとされている。過去にも、インテルのアジア戦略の一環として獲得候補の1人と報じられたこともある。


全文はソース元で

引用元 : 退団濃厚なインテル長友の“後釜”に、中国のセルヒオ・ラモス急浮上! (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【インテル、”中国のセルヒオ・ラモス”DFチャン・リンペンを長友の後釜に】の続きを読む

過去10年の補強で最もお金を使った監督が判明…その額は約1233億円 | サッカーキング

10年間で「1233億円」の補強費を使った監督 伊紙がランキングを発表

サッカー監督の中で、補強に最もお金を使った人物は一体誰なのだろうか?  イタリアメディア『ユーロスポーツ』がそのランキングを紹介している。

1位:ジョゼ・モウリーニョ(チェルシー、インテル、レアル・マドリード)
9億300万ユーロ(約1233億円)

2位:カルロ・アンチェロッティ(ミラン、チェルシー、パリ・サンジェルマン、レアル・マドリード)
8億8100万ユーロ(約1203億円)

3位:ロベルト・マンチーニ(インテル、マンチェスター・C、ガラタサライ)
6億6700万ユーロ(約911億円)

4位:マヌエル・ペジェグリーニ(ビジャレアル、レアル・マドリード、マラガ、マンチェスター・C)
6億4500万ユーロ(約881億円)

5位:アレックス・ファーガソン(マンチェスター・U)
4億6500万ユーロ(約635億円)

6位:アーセン・ヴェンゲル(アーセナル)
4億2800万ユーロ(約585億円)

7位:ジョゼップ・グアルディオラ(バルセロナB、バルセロナ、バイエルン)
3億9100万ユーロ(約534億円)

8位:ディエゴ・シメオネ(ラシン・クラブ、エストゥディアンテス、リーベル・プレート、サン・ロレンソ、カターニア、アトレティコ・マドリード)
2億4600万ユーロ(約336億円)

9位:ルイ・ファン・ハール(AZ、バイエルン、マンチェスター・U)
2億4000万ユーロ(約328億円)

10位:ユルゲン・クロップ(マインツ、ドルトムント)
1億8100万ユーロ(約247億円)

全文はソース元で

引用元 : 過去10年の補強で最もお金を使った監督が判明…その額は約1233億円 | サッカーキング

【10年間で「1233億円」の補強費を使った監督 伊紙がランキングを発表】の続きを読む

語学力は大事! 内田が子どもたちに助言「英語はやっておいたほうがいい」 | サッカーキング

内田篤人「やっぱり子どもの時から英語や中高の勉強をちゃんとしたほうがいい」

シャルケに所属するDF内田篤人が、28日に発売された『サッカーキング・ジュニア』内のインタビューで、子どもたちに英語力の重要性を説いた。  

シャルケですでに5シーズンを過ごした内田だが、当初は海外移籍を考えていなかったという。いろいろな人との出会いの中で「外に出てみようかな」と心境に変化が生まれた。  

いざドイツへと渡ると、言葉の壁を痛感。「ラウール(ゴンサレス)、(マヌエル)ノイアーといったいい選手に囲まれてプレーできましたし、通訳をつけなかったから、もうやるしかなかったです」と当時を振り返る。  中学レベル程度の英語力だった内田は、自身の経験から「やっぱり子どものうちに、特に英語はやっておいたほうがいいですよ。それに中学、高校の勉強をちゃんとやっておけば、たいていはなんとかなるかなと思います」と日頃の学業にしっかりと取り組み、語学を身につけておいたほうがいいと助言した。  

また小学生時代は、「夕飯の時間にお姉ちゃんが迎えに来るまでずーっと遊んでいた」という活発な少年で、宿題が終わると外へと飛び出していたようだ。 「ゲームはしなかったですね。僕、サッカー以外もいろいろやっていて。月曜日に子ども会のソフトボール、火曜日にナイターのサッカー、水曜日にソフトボール、木曜日にサッカー、金曜日にソフトボール、それで土日はサッカーみたいな(笑)」  

全文はソース元で

引用元 : 語学力は大事! 内田が子どもたちに助言「英語はやっておいたほうがいい」 | サッカーキング

【内田篤人「やっぱり子どもの時から英語や中高の勉強をちゃんとしたほうがいい」】の続きを読む

元スペイン代表FW、ドルトムントで香川の同僚に!? (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

ドルトムント、トッテナムFWソルダードを獲得か?香川の同僚に??

昨夏に獲得したFWチーロ・インモービレ、アドリアン・ラモスが期待を裏切ったドルトムントは、新たにトッテナムFWロベルト・ソルダードの獲得を狙っているようだ。

すでにインモービレをEL王者のセビージャへ放出したドルトムントは、後釜にソルダードを狙っているという。トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督も同FWを戦力外と捉えており、今夏の放出リストに入っている。『SPORT MEDIASET』によると、ドルトムントは同FW獲得へ1200万ユーロを準備しているようだ。

全文はソース元で

引用元 : 元スペイン代表FW、ドルトムントで香川の同僚に!? (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【ドルトムント、トッテナムFWソルダードを獲得か?香川の同僚に??】の続きを読む

ドラクスラー、ユヴェントス行きが消滅 シャルケが拒否 (GOAL) - Yahoo!ニュース

ドラクスラー、ユーヴェへ移籍せず!シャルケがオファーを拒否

シャルケMFユリアン・ドラクスラーがこの夏にユヴェントスへ移籍する可能性が消えた。シャルケのホルスト・ヘルトSD(スポーツディレクター)は27日、イタリア王者からのオファーを断ったことを明かし、交渉を続けないと明言している。

ユヴェントスはシャルケの許可を得て、ドラクスラーと代理人のロジャー・ヴィットマン氏と交渉。すでに選手側とは条件面で合意に至ったとされ、クラブ間交渉の行方が注目されていたところである。そして、シャルケの結論は、ユヴェントスとの交渉を打ち切るというものだった。

ヘルトSDは27日、次のように語った。ドイツ『レヴィア・シュポルト』などが伝えている。

「今日の午後、ユヴェントスからオファーが届いたよ。それを見たが、断ることにした。これでこの話は終わりだ。これ以上の交渉には応じないとユヴェントスにも話した。ユリアン・ドラクスラーは我々の下に残る」

選手の反応について「ユリアンは落胆していなかった」とヘルトSDは述べ、「関心を抱かれたことを彼は光栄に思っている。我々はこの件について、とにかく誠意を持って検討したんだ」と説明している。

全文はソース元で

引用元 : ドラクスラー、ユヴェントス行きが消滅 シャルケが拒否 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【ドラクスラー、ユーヴェへ移籍せず!シャルケがオファーを拒否】の続きを読む

このページのトップヘ