スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

2015年07月

レアル、ベンゼマ売却を決断か。アーセナルの77億円オファー受け入れへ (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

ベンゼマがアーセナルへ移籍!?レアルが77億円のオファーを受け入れたと報道

レアル・マドリーに所属するフランス代表のFWカリム・ベンゼマが、今夏にアーセナルに加入する可能性が高まってきた。  

英紙『メトロ』によると、マドリーはアーセナルが提示する移籍金4000万ポンド(約77億円)のオファーを受け入れる構えだと報じられている。ベンゼマ獲得を熱望するアーセン・ヴェンゲル監督は、3130万ポンド(約60億円)のオファーを拒否されたため、移籍金を増額して話し合いを進めていたようだ。  

同選手は先日、自身のインスタグラムで「過去を水に流す」という意味深なコメントを載せ、wengerland(ヴェンゲルランド)というアカウントをフォローし、移籍をほのめかす行動が話題となった。  

ベンゼマはマドリーとの契約を2019年まで残しているため、同選手の代理人は「移籍は1000%ない」という主旨の発言をしている。記事によれば、マドリーはベンゼマの後釜にドルトムントのFWマルコ・ロイスを獲得する意思があるという。

全文はソース元で

引用元 : レアル、ベンゼマ売却を決断か。アーセナルの77億円オファー受け入れへ (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【ベンゼマがアーセナルへ移籍!?レアルが77億円のオファーを受け入れたと報道】の続きを読む

バルサでの日々を振り返るシャビ「いつかペップはバルサに戻る」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

シャビ「ペップはいつかバルサに戻ると思うよ」17年間を振り返る

バルセロナからアルサッド(カタール)へ移籍したMFシャビ・エルナンデスがクラブ公式サイトのインタビューに応じた。アルサッドは26日から8月9日までオーストリア・カプルーンでキャンプを行っており、シャビは25日にチームへ合流したばかり。  

約17年間プレーしたバルセロナに別れを告げ、カタールのクラブへ入団を決めたシャビ。バルサでの長い時間を振り返ると、「バルセロナでプレーすることは僕の夢だった。そしてその夢を果たしたんだ。そこで望んでいた全てのタイトルを獲得し、チームやファンに貢献できたことは誇りに思っているよ」と語った。  

バルサ時代の最高の瞬間は、そこで得た大きな声援やファンとのお別れイベントだという。最悪の瞬間については、「2002年から2004年の間だね」と語った。当時のバルサは無冠が続いており、2003-2004シーズンには5季連続の無冠に終わっていた。  

また、シャビはかつての恩師であるジョゼップ・グアルディオラ監督(バイエルン)をキャリアで最も影響力のある人物だったと明かすと、「僕はバルサでペップとの成功の日々を楽しんだんだ。いつの日にか彼が再びバルサに戻る日がやってくると思っているよ」と語った。

全文はソース元で

引用元 : バルサでの日々を振り返るシャビ「いつかペップはバルサに戻る」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【シャビ「ペップはいつかバルサに戻ると思うよ」17年間を振り返る】の続きを読む

武藤、ラツィオ戦で先制アシスト「かなり良かった」 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

武藤、アシストしたラツィオ戦に満足「かなり良かった」

<練習試合:マインツ3-0ラツィオ>◇29日◇マインツ  

マインツの日本代表FW武藤嘉紀(23)が、先制アシストした。

試合も3-0の快勝を旧本拠地で収めた。武藤は試合後、充実した表情で「かなり良かったんじゃないかなと思います。相手も結構良いメンバーで来てましたし、自分自身今日はアシストできたんで。けどまだまだ質のところもこだわりたいですし。ボール受ける回数だったり、体を張る回数を徐々に増やしていければいいかなと思います」と手応えを口にした。
 
自身がゴールを決めるよりも、チームが勝つために確実なプレーを選択する姿勢は、東京時代から変わらない。「角度が少なかったですし、明らかに中のほうがどフリーで、自分が打つよりも可能性があった。ゴールは欲しかったですけど、パスのほうが確率は高かったと思ったので」。



全文はソース元で

引用元 : 武藤、ラツィオ戦で先制アシスト「かなり良かった」 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

【武藤、アシストしたラツィオ戦に満足「かなり良かった」】の続きを読む

ファン・ハール、デ・ヘアは「好ましくない状況」 ディ・マリアは「どこにいるか知らない」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

ディ・マリアが行方不明に!移籍は近いとPSG監督

マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督は、GKダビド・デ・ヘアのレアル・マドリー移籍をめぐる状況が両クラブにとって好ましくないものだとコメントしている。

この夏を通してマドリーへの移籍の可能性が取りざたされてきたデ・ヘアだが、両クラブの交渉は進展せず。結局ユナイテッドに合流した守護神は先日のバルセロナ戦に続いて、28日のパリ・サンジェルマン(PSG)戦にも出場した。

ファン・ハール監督が試合後に次のように述べたとして、イギリス複数メディアが伝えている。

「我々はダビド・デ・ヘアに関して好ましくない状況を抱えている。我々にとってもそうだし、彼がおそらく行きたいと望んでいるクラブにとってもそうだ」

一方で、ユナイテッドからPSGへの移籍に迫っていると見られるMFアンヘル・ディ・マリアは、依然としてどちらのチームにも合流はしていない。 ファン・ハール監督はディ・マリアの現在の居場所について「分からない」とコメント。記者に対して「君が知っているんじゃないか?」と尋ね、知らないと答えられると、「私も知らないよ」と返している。

全文はソース元で

引用元 : ファン・ハール、デ・ヘアは「好ましくない状況」 ディ・マリアは「どこにいるか知らない」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【ディ・マリアが行方不明に!移籍は近いとPSG監督】の続きを読む

元バルサ久保建英が4戦連発! U15代表はタイ遠征4連勝で有終の美を飾る (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

久保建英、U-15日本代表で4戦連発!タイ遠征でU-18ら相手に4連勝

U-15日本代表は29日、U-18 SCG ムアントン・ユナイテッドに5-1で快勝し、4連勝でタイ遠征を締めくくった。元バルセロナユースでFC東京U-15むさしに所属するFW久保建英(14)は、4試合連続ゴールを挙げ、チームの勝利に貢献した。  

U-15日本代表は、今回の遠征でU-16タイ代表、U-18バンコクグラスFC、U-18チョンブリFC、そしてU-18 SCG ムアントン・ユナイテッド相手に4連勝し、急成長する東南アジアの新興国チームに力の差を見せつけた。なお、同代表の次回遠征は、8月下旬に国内でのトレーニングキャンプを予定している。

全文はソース元で

引用元 : 元バルサ久保建英が4戦連発! U15代表はタイ遠征4連勝で有終の美を飾る (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【久保建英、U-15日本代表で4戦連発!タイ遠征でU-18ら相手に4連勝】の続きを読む

香川途中出場のドルトムントが1-0でヴォルフスベルガーを下す/EL予選3回戦1stLeg | サッカーキング

香川が途中出場のドルトムント EL3回戦1stレグ1-0辛勝【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】

ヨーロッパリーグ予選3回戦ファーストレグが30日に行われ、日本代表MF香川真司とMF丸岡満が所属するドルトムントはヴォルフスベルガーと対戦した。  

ドルトムントは25日に行われたユヴェントスとの親善試合で2-0の完勝を収めるなど、充実したプレシーズンを過ごしてきた。一方のヴォルフスベルガーは、同予選2回戦でシャフティオール・ソリゴルスク(ベラルーシ)を2戦合計3-0で下し3回戦へと駒を進めてきた。  

この試合最初のシュートはドルトムント。2分、右サイドからウカシュ・ピシュチェクがクロスを上げ、中央でピエール・エメリク・オーバメヤンが頭で合わせたが枠の上に外れる。  

引いて守るヴォルフスベルガーに対し、なかなかシュートまで持ち込めない時間が続いていたドルトムントだが、16分に試合を動かす。ピッチ中央でボールを持ったオーバメヤンがDFの裏に抜けだしたヘンリク・ムヒタリアンにスルーパスを通すと、パスを受けたムヒタリアンはGKと一対一になりかけたところでエリア中央に走り込んだヨナス・ホフマンにラストパス。これをホフマンが右足で難なくゴールに流し込んだ。

66分、攻め込まれる時間が増えたドルトムントは先制点を決めたホフマンに代えて香川真司を投入する。
 
追いつきたいヴォルフスベルガーは70分、右CKからタデイ・トルディナが強烈なヘディングシュートを放ったが、ムヒタリアンに頭で弾き返され同点とはならない。
 

後半はヴォルフスベルガーが主導権を握りチャンスの数でも上回ったが最後まで同点ゴールを奪えず、逃げ切ったドルトムントが敵地で1-0の勝利を収めた。
 
セカンドレグは8月6日にドルトムントの本拠地ヴェストファーレン・シュタディオンで行われる。

【スコア】
ヴォルフスベルガー 0-1 ドルトムント
【得点者】
16分 0-1 ヨナス・ホフマン(ドルトムント)

全文はソース元で

引用元 : 香川途中出場のドルトムントが1-0でヴォルフスベルガーを下す/EL予選3回戦1stLeg | サッカーキング

【香川が途中出場のドルトムント EL3回戦1stレグ1-0辛勝【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

移籍金は最大約55億円…ユーヴェ、ビダルの売買で約43億円の利益 | サッカーキング

ユヴェントス、ビダルの移籍金最大約55億円獲得 約47億円の利益に

ユヴェントスは28日、バイエルンに加入したチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルの移籍金を、クラブ公式サイトで発表した。  

バイエルン側は、移籍金を公表しなかったもののの、ユヴェントスは、3700万ユーロ(約51億6000万円)で2年の支払期間があると発表。さらに成績次第では最大300万ユーロ(約4億1000万円)がボーナスとして上乗せさせられるため、合計で最大4000万ユーロ(約54億7000万円)になる可能性があるという。  

なお、ユヴェントスはビダルに関して、加入時と今回の移籍にかかった金額の差額として、3170万ユーロ(約43億3000万円)の利益を得たとも発表している。

全文はソース元で

引用元 : 移籍金は最大約55億円…ユーヴェ、ビダルの売買で約43億円の利益 | サッカーキング

【ユヴェントス、ビダルの移籍金最大約55億円獲得 約47億円の利益に】の続きを読む

EL予選を迎えるドルトムント、予想先発では香川が外れる (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

香川はベンチか?ドルトムントEL予選スタメン予想

30日にヨーロッパ・リーグ3次予選ボルフスベルガーAC(オーストリア1部)との一戦を迎えるドルトムント。 昨シーズンは序盤で躓いたもののなんとか7位に滑り込み、EL出場圏内に入り込んだ。しかし本戦までの道のりは長く、プレーオフを前にした3次予選からの戦いとなった。

この試合ではSBエリック・ドゥルムとCBネベン・スボティッチが負傷により欠場すると見られている。なお、「キッカー」紙によるドルトムントの先発予想は以下の通り。
GK
ビュルキ
DF
ピシュチェク、パパスタソプーロス、フンメルス、シュメルツァー
MF
ギュンドアン、ヴァイグル
カンプル、ロイス、ムヒタリアン
FW
オバメヤン



全文はソース元で

引用元 : EL予選を迎えるドルトムント、予想先発では香川が外れる (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【香川はベンチか?ドルトムントEL予選スタメン予想】の続きを読む

本田出場のミラン、レアルに執念のドロー。16歳GK奮闘も、惜しくもPK戦で敗れる (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

本田が後半出場のミラン、レアル相手にPK戦で惜しくも敗れる【タッチ集&ハイライト動画】

本田は後半からプレイ 30日に行われたインターナショナル・チャンピオンズ・カップで、ACミランとレアル・マドリードが対戦した。 ミランは、4-2-3-1を採用。ワントップにはフランス人若手FWニアンが入り、トップ下にはスペイン人MFスソが入った。

前半はスコアレスで終了。これまでの疲労もあって、両チームパスミスが多く、シュートの数も限られていた印象だ。
後半頭から両者大幅にメンバーを入れ替える。レアルはDFセルヒオ・ラモス、MFクロースらを送り込んだ。ミランは本田圭佑が登場。新加入のFWバッカとFWアドリアーノも投入された。

この逸機以降はレアルが完全にペースを掌握。次々とチャンスを作りミランゴールに迫るが、最後のところでミランも体を張った守備で粘りを見せる。

結局スコアは動くことなく、後半も終了。勝敗はPK戦へ。


先行のレアルはFWハメス・ロドリゲス、DFマルセロ、MFカゼミロと成功。ミランは3人目のバッカが失敗。その後レアルはDFセルヒオ・ラモスが成功。外せば負けが決まる4人目でFW本田だったが、FW本田は落ち着いて蹴り込み、ネットを揺らした。すると、次のレアルMFクロースが失敗。その後ミランはFWアドリアーノが決め、サドンデスへ。結局11人目のキーパーまで回り、ミランの16歳にしてトップチームでプレーするGKドンナルンマがハズし、レアルが勝利を収めた。

[スコア]
ミラン0:0レアル・マドリード(PK9:10)

全文はソース元で

引用元 : 本田出場のミラン、レアルに執念のドロー。16歳GK奮闘も、惜しくもPK戦で敗れる (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【本田が後半出場のミラン、レアル相手にPK戦で惜しくも敗れる【タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

「本田圭佑が再びミランで影響力を発揮する理由」

本田圭佑は再びミランで影響力を発揮する!その理由とは

via:Why Keisuke Honda Can Be an Influential Player Again at AC Milan | Bleacher Report

7月20日、『Bleacher Report』はアンソニー・ロポポロ氏のコラム「なぜ本田圭佑はミランで再び影響力を発揮できるのか」を掲載した。

「夏のマーケットで流れる多くの噂の中で、彼は忘れられた男になった。しかし本田圭佑はまだミランに多くのものをもたらすことが出来る。そして最終的にブレイクするだけの準備は全て整った。
我々はこの29歳の日本人スターから、オフシーズンにほとんど言葉を聞いていない。『Japan Times』で「ミランに残ってポジションを争う」という欲望を聞いただけだ。

その戦いは、ステファン・エル・シャラウィがモナコに移籍したことによって少し楽になった。さらに重要なのは、シニシャ・ミハイロヴィッチ監督がトップ下を可能にする4-3-1-2の形成を好んでいることだ」

彼は全てをこなしたが、しかし攻撃的MFではなかった。最初はカカ、その次はメネズ。彼が自然な役割を引き受ける機会を得られれば、本田は爆発し、両サイドにパスを供給し、プレーを作り出す。
本田は昨季のローマ戦で2つのゴールを演出した。突然彼は自由になった。自由に動き回る権利を与えられ、守備のギャップを突いていった。彼は楽しんでいるように見えた。

いま、本田にとってはミハイロヴィッチの元でポジションを守る最後のチャンスがある。監督は努力家を評価する男だ。それは簡単に言えば本田のことだ。

攻撃陣には選択肢がいっぱいだ。アレッシオ・チェルチ、スソ、ルイス・アドリアーノ、カルロス・バッカ、アレッサンドロ・マトリ、アキム・マストゥール。しかし、彼らは適切な支援を必要としている。そして、本田はそれを正確に届けることが出来る。

最後に、攻撃陣には本物のターゲットマンが何人かいる。偽9番を使う実験を行っていたフィリッポ・インザーギ監督は解任された。それとともに、インスピレーションの源が必要になってくるわけだ。
バッカやアドリアーノのような男は、ペナルティエリアの中でよりよく働ける。本田のような選手が提供できる支援に頼ることになる。彼は最も経験があり、そしておそらくトップ下に戻ることが最も好ましい。彼は結局10番なのだ」


全文はソース元で

引用元 : 「本田圭佑が再びミランで影響力を発揮する理由」

【本田圭佑は再びミランで影響力を発揮する!その理由とは】の続きを読む

このページのトップヘ