スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

2015年04月

カシージャス、アーセナル移籍を決意か。既にコンタクト済みとも (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

カシージャス、アーセナルへの移籍を決意か!?既にコンタクト済みとスペインメディア

レアル・マドリーのGKイケル・カシージャスが移籍先をアーセナルに決めたと、スペインのTV『ラ・セクスタ』が28日に伝えている。  同局によればカシージャスはアーセナルと既にコンタクトを取っており、夏にレギュラー待遇で移籍する模様だ。  

5月20日に34歳を迎えるカシージャスが重視しているのは、チームの中心としてプレーすることであり、自身のパフォーマンスを常に監視するサポーターや世論から逃れられることも大きいようだ。

全文はソース元で

引用元 : カシージャス、アーセナル移籍を決意か。既にコンタクト済みとも (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【カシージャス、アーセナルへの移籍を決意か!?既にコンタクト済みとスペインメディア】の続きを読む

クロップ、香川が絡んだ失点場面は「仕方がない」と擁護 バイエルンのPK失敗は「訳が分からない」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

クロップ「PK戦はワケが分からなかった」失点場面はしょうがないとも

ボルシア・ドルトムントは28日、DFBポカール準決勝でバイエルン・ミュンヘンと対戦し、PK戦の末に決勝進出を果たした。ユルゲン・クロップ監督は激戦を振り返り、120分を終えて1-1とタイスコアだったのは妥当だと話した。

「ものすごい試合だったね。前半はバイエルンの方が完全に上回っていた。もっと勇敢にプレーできることを望んでいたよ。でも、我々にとって良い場面から、あの失点が生まれてしまった。カウンターで4対3という状況をつくったが、パスが届かなかったんだ。前に行っていたから、仕方ない」

「ハーフタイムで選手たちに、ここで負けるにしても、堂々と戦うようにと話したんだ。全員がすべてを出し切り、クレイジーなゴールを決めてくれた。それからは数々のチャンスが訪れたが、(マヌエル・)ノイアーにうまくセーブされたね。その時点で、1-1は妥当なスコアだったと思う」

「延長戦では退場者が出たり、クレイジーな展開だった。PK戦では、(相手が)2人も足を滑らしたけど、ピッチに問題があったのかどうか、正直訳が分からなかったよ。いずれにしても、こういう結果となった。我々が決勝に進出したことは、それはそれでOKだろう」

「両者ともタイトルを勝ち獲ろうと意気込んでいるのが明らかだったね。最終的には、我々が決勝に向かうことになったよ。そういうことだ」

全文はソース元で

引用元 : クロップ、香川が絡んだ失点場面は「仕方がない」と擁護 バイエルンのPK失敗は「訳が分からない」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【クロップ「PK戦はワケが分からなかった」失点場面はしょうがないとも】の続きを読む

アーセナルCEO、目標はCLでの成功ではなく「ファンに誇られること」 | サッカーキング

アーセナルCEO「目標はCLでの勝利ではなくファンに誇られること」

アーセナルのCEO(最高経営責任者)を務めるイヴァン・ガジディス氏が、クラブの方針を語っている。28日付のイギリスメディア『BBC』が伝えた。  

今シーズンのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦で、アーセナルはモナコにアウェーゴールの差で敗れ、5年連続となる16強での敗退を喫している。ガジディス会長は「我々の目標は、チャンピオンズリーグで勝利することではなく、ファンに誇られることだ」と、明かしている。  

また、同チームを率いるアーセン・ヴェンゲル監督をワールドクラスの監督と称賛し、「我々にはこの旅が非常に合っている。終点に行き着くことはないだろう」と、いつまでも同じ目標を目指し続けることを口にした。

全文はソース元で

引用元 : アーセナルCEO、目標はCLでの成功ではなく「ファンに誇られること」 | サッカーキング

【アーセナルCEO「目標はCLでの勝利ではなくファンに誇られること」】の続きを読む

【クラブW杯】トヨタ撤退!81年前身第1回大会からのスポンサー外れる (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

トヨタがクラブW杯のスポンサーから撤退 35年間サッカー界に貢献

トヨタ自動車が、毎年12月に開催される6大陸王者と開催国で争うクラブチーム世界一決定戦「クラブW杯」の冠スポンサーから外れたことが28日、分かった。欧州と南米のクラブ王者が“世界一”を競った前身の「トヨタ杯」(第1回=1981年)から35大会連続でスポンサーを務めてきた。2015、16年大会は日本開催が決まっているが、日本に海外サッカーを普及させる役割を終えたと判断。14年大会を最後に契約を満了した。  

歴史あるクラブ世界一決定戦から由緒ある「TOYOTA」の名前が消える。トヨタ自動車広報は、この日「昨年で契約を終えました。応援をいただいたサッカーファンの皆様を始め、夢あふれる大会を支援させていただく機会を与えてくれた関係者に感謝したい」と冠スポンサー契約を終えたことを認めた。15、16年大会は日本開催が発表されているが、主催の国際サッカー連盟(FIFA)サイト内にも「TOYOTA」の文字はない。  

「クラブW杯」との契約を終えたトヨタ自動車は、昨年アジアサッカー連盟(AFC)とパートナー契約を締結。南米最強クラブを決めるリベルタドーレス杯の協賛を続けるなど、別の形でサッカー振興に力を注ぐ。また、3月には国際オリンピック委員会(IOC)とトップパートナー契約を締結。スポーツ支援活動は継続する方針だ。  

日本開催の15、16年大会について、日本協会関係者は「別のスポンサーを探すことになるが、FIFAとしては大変な作業だ」と説明した。決勝戦は前回の日本開催と同様、横浜国際総合競技場を予定。準決勝などで使用していた豊田スタジアムに変わり、長居スタジアムでの開催で調整している。ユベントス、ACミラン、サンパウロなど世界の名門が来日することで、日本でサッカーが注目されるきっかけにもなったビッグイベント。81年から34年続き、日本のファンに親しまれた大会は、新たな形で再出発することになった。

全文はソース元で

引用元 : 【クラブW杯】トヨタ撤退!81年前身第1回大会からのスポンサー外れる (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

【トヨタがクラブW杯のスポンサーから撤退 35年間サッカー界に貢献】の続きを読む

16分間で負傷交代のロッベンは今季絶望…レヴァンドフスキは鼻骨骨折 | サッカーキング

ロッベンは今季絶望、レヴァンドフスキは鼻骨骨折、脳震盪でバイエルンはCLバルサ戦に黄色信号!!

バイエルンは29日、DFBポカール準決勝のドルトムント戦で負傷したオランダ代表FWアリエン・ロッベンが、今シーズンの復帰は絶望になったと、クラブ公式サイトで発表した。  

腹部の筋肉の負傷で離脱していたロッベンは、同試合の68分から途中出場し復帰を果たしていた。しかし、84分にロッベンは相手選手との接触で負傷し、わずか16分間のプレーで交代を強いられていた。クラブの発表によると、同選手は左足のふくらはぎを負傷し、「今シーズンは終了した」と伝えられている。  

また、脳震盪で試合後に病院へ直行したポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは、鼻骨を骨折。離脱期間はさらなる検査が必要として、明かされていない。

全文はソース元で

引用元 : 16分間で負傷交代のロッベンは今季絶望…レヴァンドフスキは鼻骨骨折 | サッカーキング

【ロッベンは今季絶望、レヴァンドフスキは鼻骨骨折、脳震盪でバイエルンはCLバルサ戦に黄色信号!!】の続きを読む

独メディア、失点に絡んだ香川を酷評「パス出しを長く待ち過ぎた」 | サッカーキング

香川のプレーに独紙は最低評価 クロップは「決して悪くなかった」と擁護

DFBポカール準決勝が28日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントはバイエルンと対戦した。

地元メディアは、同試合の採点と寸評を発表。『Westdeutsche Allgemeine』は香川に「5」(最高点1、最低点6)の採点をつけ、以下のように寸評した。

「ドルトムントの攻撃にはためらいが目立ち、考えすぎなところも多く、あまりにもスピードが遅いこともしばしばで、香川も動きが硬かった。頻繁に切り替えを逃し、特にパス出しを長く待ち過ぎた挙句、最悪の選択肢を取ってしまった失点の場面がそうであった」

「その結果、ボールを奪われ、(メディ・)ベナティアのパスから、(ロベルト・)レヴァンドフスキに決められた。他のドルトムント選手と同じように、ボール扱いという点で香川ももっと上手くできたはずだ」  

『Ruhr Nachrichten』も同じく「5」の採点をつけ、

「本紙は、このポカールの激突で香川が中心的役割を担うと予言していたが、その通りになった。もっとも、思っていたのとは反対のものだったが」と皮肉を交えながら、「最初の失点では、絶好のカウンターチャンスにパスの受け手を一つどころか四つ、もしくは六つ見逃した。それに対して、レヴァンドフスキが先制点を決めた。それを除けば、香川は足が棒になるまで走ったが、競り合いに持ち込むことはなかった。あまりにも受け身だった」と記している。

全文はソース元で

引用元 : 独メディア、失点に絡んだ香川を酷評「パス出しを長く待ち過ぎた」 | サッカーキング

【香川のプレーに独紙は最低評価 クロップは「決して悪くなかった」と擁護】の続きを読む

またも日本人天才少年に影響? バルセロナに続いてレアル&アトレティコ・マドリーに1年間の補強禁止処分か (GOAL) - Yahoo!ニュース

中井君にも影響か!?レアルとアトレティコに1年間の補強禁止処分の可能性!!

スペインのラジオ局『カデナ・セール』の有名番組“ラルゲーロ”は、レアル・マドリーとアトレティコ・マドリーが未成年の選手獲得・登録に関する規定に違反したとして、FIFAから補強禁止処分を下される見込みであることを報じた。

“ラルゲーロ”によれば、FIFAはレアル・マドリーとアトレティコの今夏及び、次の冬の移籍市場での補強を禁止する意向であるという。レアル・マドリーは今季にMFマルティン・ウーデガルト、MFマルコ・アセンシオ、MFルーカス・シウバ、DFダニーロの獲得を決めているが、同番組はそれが補強禁止処分を見込んでの動きだったことを報道。一方アトレティコは冬の移籍市場でFWフェルナンド・トーレス、MFカニを引き入れるにとどまっている。

また、この報道を取り上げたスペイン『アス』は、レアル・マドリーの未成年の選手獲得・登録に関する規定に違反したケースとして、1月に報道した記事を改めて紹介。そこに記されているのはT. N.のイニシャル、つまりはレアル・マドリーの下部組織に在籍する日本人の中井卓大くんである。現在11歳の中井くんは、9歳の頃にレアル・マドリー練習場で行われたチャレンジカップに参加したことをきっかけに、レアル・マドリーに加わっていた。

『アス』は当該記事で、レアル・マドリーが中井くんらの12歳以下の4選手の獲得により補強禁止処分を科される可能性を示唆。同記事には中井くんのレアル・マドリー加入の経緯のほか、「選手の両親は少なくとも一人が在籍クラブのある国の居住許可(サッカー関係でなく)を保有し、また両親ともに子供のそばにいなければならない」というFIFAの規則により、中井くんが両親とともにマドリッドで生活していなければならないことが記されている。

全文はソース元で

引用元 : またも日本人天才少年に影響? バルセロナに続いてレアル&アトレティコ・マドリーに1年間の補強禁止処分か (GOAL) - Yahoo!ニュース

【中井君にも影響か!?レアルとアトレティコに1年間の補強禁止処分の可能性!!】の続きを読む

ついに“MSN”がバルサ史上最高の3トップに…今季3人で100得点超え | サッカーキング

バルサの”MSN”が100ゴール達成で史上最高の3トップに!!【ハイライト動画】

28日に行われたリーガ・エスパニョーラ第34節のヘタフェ戦で、ホームのバルセロナは6-0で大勝した。  

今シーズンのバルセロナの最大の武器であるトリデンテ(3トップ)が活躍。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシがPKを含めて2点を決めれば、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスも2点、ブラジル代表FWネイマールも1点を決めた。それぞれの頭文字をとって“MSN”と言われる南米の偉才たちは、3人合計で今シーズンすでに102得点を記録。2008-09シーズンにジョゼップ・グアルディオラ監督が率いたチームのトリデンテ、メッシ、元カメルーン代表FWサミュエル・エトオ、元フランス代表FWティエリ・アンリ氏の3人が持つシーズン公式戦合計100点という記録を更新した。  

恐ろしいのはまだ全試合を消化しておらず、リーガ・エスパニョーラが4試合、チャンピオンズリーグが最低でも2試合、そしてコパ・デル・レイの1試合を残していることだ。つまり得点数はさらに伸びるだろう。またスアレスは今シーズン、開幕から10月下旬まで出場停止だった。それでもシーズン終了を待たずして、過去の記録を更新した。  

メッシは今シーズンこれまでに公式戦で49得点(リーガ・エスパニョーラ38得点・チャンピオンズリーグ8得点・コパ・デル・レイ3得点)、ネイマールは32得点(リーガ・エスパニョーラ20得点・チャンピオンズリーグ6得点・コパ・デル・レイ6得点)、ルイス・スアレスは21得点(リーガ・エスパニョーラ13得点・チャンピオンズリーグ6得点・コパ・デル・レイ2得点)を決めている。

全文はソース元で

引用元 : ついに“MSN”がバルサ史上最高の3トップに…今季3人で100得点超え | サッカーキング

【バルサの”MSN”が100ゴール達成で史上最高の3トップに!!【ハイライト動画】】の続きを読む

ピクシーの功績に勲章…外国人叙勲で旭日小綬章を受章 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

ストイコビッチに旭日小綬章を受賞!!サッカー界、セルビアとの国交に貢献で

ピクシーこと名古屋グランパスの前監督で現役時代も名古屋でプレーしたストイコビッチ氏(50)が、平成27年春の外国人叙勲で旭日小綬章を受章した。  

内閣府によると、外国人叙勲とは、「我が国との友好の増進等について顕著な功労のあった外国人に対して実施する叙勲」で、外務大臣の推薦に基づき選考される。平成27年春の外国人叙勲者はこれまでで最多の85名(うち女性14名)が受賞。ストイコビッチ氏の功労概要は、「日本・セルビア間の相互理解の促進及び我が国のサッカー界の発展に寄与」となっている。

全文はソース元で

引用元 : ピクシーの功績に勲章…外国人叙勲で旭日小綬章を受章 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【ストイコビッチに旭日小綬章を受賞!!サッカー界、セルビアとの国交に貢献で】の続きを読む

アーセナルファンが彼女に”別れ”をかけたクラブ50問テストを突きつける | サッカーキング

アーセナルファンが彼女に別れをかけた難問テストを受けさせる

アーセナルファンの彼氏を持つ女性が、交際の継続をかけて、同クラブに関するテストを受けさせられていたと、イギリス紙『エクスプレス』が27日に報じている。  

彼氏からテストを突きつけられたサスキアさんは、自身のツイッターで、そのペーパーテストの写真とともに「彼氏にアーセナルのテストを受けさせられた」とコメント。  

そのテストは彼氏自作のアーセナルに関する50問で構成されており、「2014年FAカップ決勝ハル戦でのスコアは?」や、ユニフォームの画像とともに「これは現在のホームユニか?アウェーユニか?」などの問題が出されている。  

だが、サスキアさんはこのテストで100点満点中、87点の高得点を獲得し合格。彼氏と別れることを阻止している。

全文はソース元で

引用元 : アーセナルファンが彼女に”別れ”をかけたクラブ50問テストを突きつける | サッカーキング

【アーセナルファンが彼女に別れをかけた難問テストを受けさせる】の続きを読む

このページのトップヘ