スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

2015年02月

ACL初戦、日本勢1分3敗で未勝利スタート…G大阪と鹿島はホームで敗戦 | サッカーキング

2-25,15 acl

AFCチャンピオンズリーグのグループステージ第1節が24日と25日に開催された。  

2008年に優勝したガンバ大阪以来となるアジア制覇を目指す日本勢は今大会、G大阪、浦和レッズ、鹿島アントラーズ、柏レイソルの4チームが出場となった。  

昨季、国内三冠を成し遂げたG大阪は開幕節でホームに中国の広州富力を迎えたが、前後半に1失点ずつを喫し、内容は押し込みながらも完封負けで黒星スタート。  

2007年の同大会王者である浦和はアウェーで韓国の水原三星戦。前半終了間際に森脇良太の得点で先制したが、後半は劣勢に。56分に同点弾を許すと、試合終了間際の87分に逆転弾を喫し1-2で敗戦した。  

鹿島はホームで前回大会王者のウェスタン・シドニー・ワンダラーズと対戦。1-1で迎えた86分、サンフレッチェ広島からW・シドニーに移籍した高萩洋次郎が値千金の決勝弾。アディショナルタイムにも失点し、1-3でホームでの大会初戦を落とした。  

プレーオフを勝ち上がって本戦出場となった柏は、韓国で全北現代と対戦となったが、劣勢の展開の中、相手の攻撃をしのぎ切り、0-0で試合を終え、勝ち点1を持ち帰ることに成功した。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/acl/20150225/285071.html

【ACL初戦、日本勢は1分3敗で未勝利スタート G大阪と鹿島はホームで敗戦[ハイライト動画]】の続きを読む

香川もウイルス性急性胃腸炎か? ダービー出場が微妙に (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

2-25,15 kaga3

チャンピオンズリーグ(CL)ベスト16の1stレグが現地時間24日に開催され、MF香川真司の所属するボルシア・ドルトムントはアウェイでユベントスと対戦して1-2で敗れている。  FWマルコ・ロイスのアウェイゴールで2ndレグに望みをつないだドルトムント。この試合でリーグ戦3連勝に貢献した香川はベンチ入りしたものの出場は無かった。  

25日のドイツ紙『キッカー』をはじめ各メディアでは、香川をはじめとするMFケヴィン・カンプル、DFネベン・ズボティッチの3選手がウイルス性胃腸炎に感染している疑いあると報じている。  

すでに24日のドイツ紙『ビルド』では、カンプルが重度の胃腸炎であることを報道。さらには帰りの飛行機にチームと共に乗れるかも不明と言われていた。  

カンプル自身は『インスタグラム』を通じて「だいぶ良くなったよ。心配はない」と回復をアピールしていたものの、28日に行われるダービーへの出場は微妙な状況となっている。  

25日同紙では帰りの空港の模様を紹介。全員が無事に飛行機に乗り込んだようだが、香川、ベンチ外だったズボティッチ、そしてカンプルの3選手はマスクをつけて搭乗。胃腸炎だったことが明かされている。そして座席もチームと離れた場所となっていたようだ。

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150225-00010039-footballc-socc

【香川もウイルス性急性胃腸炎に感染か?ダービー出場が微妙に】の続きを読む

遠藤保仁「みんなは、なんで日本代表に悲観的なの?」 (webスポルティーバ) - Yahoo!ニュース

2-25,15 endo

日本代表 遠藤保仁インタビュー(1)

「アギーレ監督、解任」――衝撃的なニュースが駆け巡ったのは、ガンバ大阪が宮崎キャンプに出発する前日の夕方だった。日本代表の主力である遠藤保仁は、冷静な口調でこう語った。

「残念だよね。オレは好きな監督だった。(選手の自主性を重んじる)ザッケローニ監督やジーコ監督と違って、トルシエ監督に近い感じ。よく怒るけど、いいプレイをすると褒めてくれる。練習は、メリハリが利いていて、新鮮だった。日本人のメンタリティーをより理解すれば、日本代表にとって、すごくいい監督になると思っていたんだけどね……。(八百長疑惑の)裁判で、最終的に”クロ”の判決が出たのなら仕方がないけど、その前の段階で解任っていうのは、個人的にはもったいないな、と思っている」

「敗因? う~ん……簡単に言うと、点が取れなかっただけ。チャンスは作っていたけど、シュートを決められなかったからね。
 一方で、失点したことを(問題視されて)いろいろと言われたけれど、グループリーグ3試合は無失点だったでしょ。守備に関しては、大きな問題はなかった。UAE戦に許した先制点は、やや集中力が欠けていて、マーク(の受け渡し)をミスしたことが原因。確かにそれは、オレたちの不注意だけど、結局相手はそのゴールシーンと、最初にカウンターで1回くらいしかチャンスがなかった。逆に、オレらは60%以上、ボールを支配していた。それって、ほぼ攻めっぱなしの状態だからね。それでも負けてしまうときが、サッカーにはあるんですよ」

「オレだって、ショックはあるよ。でも、負けたショックで言えば、ブラジルW杯のときのほうがはるかに大きかった。あの(充実した)メンバーで、自信を持って挑んだにもかかわらず、何もできずに終わってしまったからね。
 それで今回、アジアでも負けて『日本は大丈夫か?』と、みんな思っているかもしれない。(メディアなどでも)『アジアの勢力図が変わった』とか言われているけど、オレはまったくそう思っていない。前回(2011年アジアカップ)優勝したときは、(グループリーグから)どの試合も僅差の勝利だった。それが今回は、UAEにはPK戦で負けたけど、すべての試合で相手を圧倒していたからね。(日本が)これほどの戦いをしたアジアカップって、最近はなかったと思う。だから、オレは(日本代表の現状に)なんら心配はしていない。『なんで、そんなに悲観してんの?』って思う」

「オレは、なんとも思っていない。中東の各国が成長しているのは理解しているし、これからはアジア各国で力のある帰化選手が増えてくるんだろうな、とは思う。でも、(今回のアジアカップで)評判の高かったイラクやUAEと対戦したけど、どちらの試合もオレらが圧倒していた。日本は、相手にほとんど隙を与えなかった。もちろん、日本代表は勝たなければいけないし、結果がすべて。だから、負けた批判は受け止めるけど、今、自分たちが考えなければいけないのは、成長する他国のことじゃない。自分たちの個の力や決定力を高めることでしょ。それは、下のカテゴリーも一緒だと思うよ」
 
UAE戦では、35本のシュートを放って、奪ったゴールは1点のみ。日本の「決定力不足」が大きくクローズアップされた。この課題を克服するためには、どうすべきだろうか。

「決定力を高めるのに、特効薬はないよ。でも、リラックスした状況でシュートを打てるようになれば、入る確率は高くなるんで、そのためのやり方はあるよね。例えば、練習の中でもいかに実際のゲームと同じような状況を作れるか。ただシュートを外したとか、決めたとか、一喜一憂しているようではダメ。10本シュートを打って、3本入らなかったら『次の試合は出場させないよ』って言われたら、みんな真剣にやるでしょ。そのくらいの厳しさをもってやらないといけない。だって、国際試合でシュートを決めれば、人生が変わるんだから」

「UAE戦では、チャンスを決め切れなかったね。あと、ドリブルしてあっさり獲られたり、バックパスを簡単に奪われたり、ハッとするようなミスがたまにあって、それで(見ている側の香川の)印象が悪かったのかもしれない。でも、PKは運もあるし、仕方がないこと。それに、真司はオカちゃん(岡崎)と同じくらい、よく走っていたし、点にも絡んでいた。(2列目の)インサイドハーフで一緒に並んでプレイしたけど、やりづらさはなかった。まあ、真司ぐらいの選手であれば、今の自分がどういう状態なのか、よくわかっていると思う。自分の思いどおりにいかないことのほうが多くて、実際に悩んでいるかもしれないけど、オレはみんなが言うほど、悪いとは思っていなかった。真司がいたから、あれだけチャンスを作れた、というのもあるからね」

「武藤にしろ、岳にしろ、いきなり『代表の中心でやりなさい』と言われても難しいって。オレだって、代表でコンスタントに試合に出るようになって、自分らしくプレイできるようになるまで、1年近くかかっているからね。だから、彼らのことも、今はそっとしておいてあげたほうがいい。野放しにして、好きなようにやらせるのがいい。そうして、彼ら自身が(代表で)何をすべきかを自覚して、それをクラブに戻って自分のモノにしていけば、自然と成長していくよ。まあ、これからも『若手を使え!』って周りは言うだろうけど、W杯予選は難しい。W杯予選は勝たなければいけないから、監督は絶対的に信頼する選手を使いたくなる。そこに(新たな選手が)入っていくのは、そう簡単なことじゃない」

「ブラジルW杯のときよりも、どういう状況になっても慌てず、どっしりと戦える感じになってきたね。それは、W杯を経験したことが大きいと思う。戦術的な消化というか、吸収力も早くなった。アギーレ監督になって、システムが4-3-3になったけど、短時間でうまく攻撃を組み立てられるようになったし、コンビネーションもよかった。W杯とほぼ同じメンバーだったんで、当たり前と言えばそうなんだけど、それでも質は上がっていると思うよ。次、どういう監督になるのかわからないし、どういう選手が選ばれるかわからないけど、W杯メンバーをはじめ、今回のアジアカップを戦った選手たちには、まだまだ伸びしろがあると、オレは思っている」

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150225-00010000-sportiva-socc

【遠藤保仁「みんなは、なんで日本代表に悲観的なの?」】の続きを読む

日本代表新監督候補 渦中の3人を直撃 (東スポWeb) - Yahoo!ニュース

2-25,15 take

【武田修宏の直言!!】Jリーグの開幕に先駆けて19日に行われた「キックオフカンファレンス」で、日本代表監督の候補に名前の挙がった指揮官に心境を聞いてみた。まずは今季からJ1神戸を指揮するネルシーニョ監督(64)にあいさつすると「いつもテレビで見ているよ。武田がもう少しやせていればオファーを出したのに…」と笑顔で答えてくれた。  

かねて日本代表監督にふさわしいと思っている指導者。日本でも数々のタイトルを獲得し、若手育成面などの手腕も申し分ない。「次の代表監督はネルシーニョさんだね」と伝えると「ないね。ハハハ」と受け流されてしまった。そこで「ではどんな指揮官が合うのか」と質問してみた。  

すると、腕組みしながらしばらく真剣に考え込み「日本人は性格上、論理的な作戦は信じてやる実行力がある。規律を重んじる人種なので日本代表の監督には戦略家が向いている。個人的に思うのは日本人は頭がいいのでクリエーティブなプレーを求めてしまい、強豪と戦うときは小さくなってしまうんだ。成熟すればもっとやれる」。現役の外国人監督として、日本サッカーを冷静に見ているし、その分析力には改めて感心させられた。  

日本人で代表監督候補にも挙がった広島の森保一監督(46)は「うれしいけど(G大阪の長谷川)健太さんもいますから。日本人(監督)として毎年試される」。再びタイトルを取って2020年の東京五輪代表監督を狙ってほしいよ。  

最後に清水東高(静岡)の先輩でG大阪の長谷川監督(49)にも代表監督問題について聞くと「まったくオファーがないので」とマジメ。それでも2年連続の3冠となれば今後の有力候補になるのは間違いない。やっぱり日本代表監督にはJリーグ経験者が最適とは思っているから、今年の活躍を期待したいね。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150225-00000013-tospoweb-socc

【武田修宏が日本代表新監督候補 渦中の3人を直撃!?】の続きを読む

ザック元監督「香川はよくやっている」 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

2-25,15 kaga2

<欧州CL:ユベントス2-1ドルトムント>◇決勝トーナメント1回戦◇24日◇トリノ  

MF香川真司については試合前、「ドルトムントでここのところ、とてもよくやっている。今日も活躍するだろう」と期待していたが、前半にDF2人が負傷し、後半開始の時点で交代枠2つを使ったこともあり、先発を外れた香川に出番は回ってこなかった。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150225-00000011-nksports-socc

【ザッケローニ「香川はドルトムントでよくやっている」】の続きを読む

チェルシーが伊得点王イカルディ獲得に自信。移籍金は40億超か (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

2-25,15 che

イングランド・プレミアリーグのチェルシーは、インテルのFWマウロ・イカルディ獲得に向けて既にクラブ側と何度も話し合いを進めているようだ。  

イカルディは2013年7月に移籍金1600万ユーロ(約21億6000万円)でサンプドリアからインテルに加入。契約は2018年6月末までだが、今季はリーグ24節終了時点でユベントスのFWカルロス・テベスと並ぶ14ゴールの活躍を見せているため、クラブはシーズン中の契約延長を目指している。  

英紙『メトロ』によれば、チェルシーは22歳のアルゼンチン代表の成長を18ヶ月のあいだスカウティングしており、獲得に向けて2200万ポンド(約40億円)以上の移籍金を用意していると見られる。

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150224-00010027-footballc-socc

【チェルシーがセリエA得点王イカルディ獲得40億円超を用意か】の続きを読む

ベッカム長男ブルックリンが今季限りでアーセナルユース退団か | サッカーキング

2-25,15 be

元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカム氏の長男であるブルックリン・ベッカムが、今シーズン限りでアーセナルユースを退団する模様だと、イギリス紙『デイリーメール』が23日に報じた。  

ブルックリンはアーセナルの下部組織に所属しており、最近では15歳でU-18チームに初招集されていた。以前にはプロ契約が結ばれるのではないかとの報道もあったが、同紙は今シーズン限りでの退団を見込んでいる。  

同紙によると、アーセナルユースのコーチ陣がブルックリンと同じポジションには、より良い選手が揃っていると判断したため、クラブは手放す決断をした模様。コーチ陣はブルックリンが他のクラブでプロを目指すことは可能だと評価しているが、同選手の去就は未定だと伝えられている。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20150224/284425.html

【ベッカム長男のブルックリンが今季限りでアーセナルユース退団か】の続きを読む

ドルト敗れる 香川出番なし「切り替える」 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

2-25,15 kaga

<欧州CL:ユベントス2-1ドルトムント>◇決勝トーナメント1回戦◇24日◇トリノ

第1戦が行われ、MF香川真司が所属するドルトムント(ドイツ)はアウェーでユベントス(イタリア)に1-2で敗れた。  

香川はベンチ入りしたが、出場機会はなく、試合後に「1-1で前半を終えられたら自分たちのペースで試合ができたと思う。切り替えて次の試合(シャルケとのルールダービー)に向けてしっかり準備したい。欧州CLも次はホーム。自力はあるので頑張りたい」とコメントした。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150225-00000006-nksports-socc

【CLユヴェントス戦で出番なしに不満?香川「シャルケ戦へ切り替える」】の続きを読む

ハリル・ジャパン発足へ…近日中に最終交渉で2月中にも仮契約へ (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

jfa

日本サッカー協会が、日本代表の次期監督として最優先で交渉を進めるボスニア・ヘルツェゴビナ出身のバヒド・ハリルホジッチ氏(62)=前アルジェリア代表監督=の“争奪戦”が同協会に有利になったことが24日、分かった。同氏に代表監督就任のオファーを出していたエジプト協会が撤退したことが判明。ライバルとの競合が避けられる見通しとなった。日本協会の霜田正浩技術委員長(48)は、25日にも大仁邦弥会長(70)と会談し、正式オファーに向けて契約の細部を確認する。  

「エジプトは、ハリルホジッチ氏との交渉をあきらめたと聞いている」  

東欧のサッカー事情に詳しい関係者が明言した。エジプト協会は昨年11月に同国代表のガリブ前監督を解任。ハリルホジッチ氏と接触していたが、コートジボワール代表のルナール監督ら5人の最終候補に残さなかったという。潤沢な資金力を誇る最大のライバルの撤退で、強い“追い風”が吹いてきた形だ。  

さらにフランス紙「ラ・ボワ・デュノール」はこの日、同国リーグ2部・バランシエンヌの監督オファーに対してハリルホジッチ氏が「日曜日(22日)に断りの連絡を入れた」と報じた。名将が拠点を置くフランスの名門(1913年創立)との交渉も決裂し、同紙は「海外で新しい冒険を始めるようだ」としている。  

一方、日本協会側も動きを加速する。22日の臨時技術委員会では、候補者の絞り込みを実施。ハリルホジッチ氏と最優先で交渉することで一致したもよう。25日にインド出張から帰国する大仁会長が、霜田委員長と正式オファーに向けた詳細の承認のため会談する予定だ。  

霜田委員長は近日中に再渡欧し、フランス国内で最終交渉を開始。ハリルホジッチ氏は現在、フリーで、順調なら今月中の仮契約も視野に入る。  

ただ、相手は百戦錬磨。下交渉で好感触を得ているが、年俸など条件面でまだ隔たりがあるとする関係者もいる。また、ハリルホジッチ氏はチームのビジョンを重視する指導者としても知られ、地元メディアには強豪クラブでの指揮に色気もみせている。予断を許さない。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150225-00000502-sanspo-socc

【ハリル・ジャパン誕生へ 近日中にハリルホジッチと交渉で2月中にも仮契約へ】の続きを読む

“怪物”ロナウド氏が現役復帰へ本格始動…厳しいダイエット進行中 | サッカーキング

2-25,15 rona

2011年に現役引退をした元ブラジル代表FWロナウド氏が復帰に向けてダイエットを進めているようだ。ブラジル紙『ランス』の報道を22日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。  

現在38歳のロナウド氏は先日、NASL(北米サッカーリーグ、アメリカ2部相当)のフォートローダーデール・ストライカーズの共同オーナーに就任。来年1月には同クラブで現役復帰したいという希望を既に表明していた。  

同氏は「前に言ったとおり、現役に復帰することになりそうだ。でも、かなり先のことになりそうだね。プレーオフの頃になるだろう」

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20150223/284039.html

【”怪物”ロナウドが現役復帰へ本格始動 厳しいダイエットを進行中】の続きを読む

このページのトップヘ