スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

2015年01月

アギーレに八百長疑惑の全責任をなすりつけ? (東スポWeb) - Yahoo!ニュース

1-30,15 agi

八百長疑惑で告発された日本代表ハビエル・アギーレ監督(56)が窮地に追い込まれそうだ。現在はスペイン検察当局による告発状がバレンシア裁判所で受理されたかどうか確認されておらず、日本サッカー協会は当面続投の方針を示している。本人もさらなるチームの強化に意欲を見せているが、現地ではアギーレ監督を巡って不穏な動きが出てきている。

スペイン1部サラゴサ時代の八百長疑惑で同国検察庁から告発されたが、バレンシア裁判所による告発受理はこの日までに確認されていない。ただ、現地では受理されているとの報道がある。そうなれば2月に裁判所に出頭する予定で、今後の見通しは極めて不透明だ。それでも、本人はロシアW杯アジア1次予選に向けて「6月からしっかり戦っていきたい」と語るなど今後の指揮に強い意欲を見せている。

しかしそんな思いとは裏腹に、アギーレ監督を巡る状況は今後さらに厳しさを増しそうだ。

「シロかクロかは別にして、アギーレが“スケープゴート”にされる可能性はある。選手側はなんとか責任を逃れようと口裏を合わせている動きが実際にあって、フロントや監督にすべて押しつけようとしていると言われている」とは、スペイン事情に精通するJクラブ関係者。

スペイン検察庁はアギーレ監督のほかサラゴサ幹部や両チームの選手など当該試合の関係者計41人を告発したが、立場によって利害関係が異なり、それぞれがそれぞれの主張を展開している。

そのなかでサラゴサの選手たちは一枚岩になって「選手は誰も何も知らない。クラブと監督に聞いてくれ」などと同じような内容を述べているという。試合で指揮を執ったアギーレ監督をスケープゴートにすることで、疑惑の目を少しでも自分たちからそらせたいとの狙いが垣間見える。

また、当時残留争いをしていたサラゴサはチーム状態が最悪だった。アギーレ監督と選手の対立があったこともあり、そうした遺恨も背景にあるとみられる。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150130-00000023-tospoweb-socc

【アギーレに八百長疑惑の全責任を選手たちがなすりすけ?】の続きを読む

ドルトムント、香川真司がメンバー入り濃厚でギュンドアンは欠場か | サッカーキング

1-30,15 kaga3

日本代表Mf香川真司が所属するドルトムントは、31日に行われるブンデスリーガ第18節のレヴァークーゼン戦で、今シーズン後半の初戦を迎える。ドルトムントを率いるユルゲン・クロップ監督が29日に、負傷者の状況について明かした。日本語版クラブ公式サイトが30日に伝えている。  

ドイツ代表のMFスヴェン・ベンダーとDFエリック・ドゥルム、元同代表MFセバスティアン・ケールがすでに故障で戦列を離れているドルトムントだが、ポーランド代表MFヤクブ・ブワシュチコフスキも欠いて2015年最初の公式戦となるレヴァークーゼン戦に臨まなければならなくなった。  

さらに、ドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンもレヴァークーゼン戦の出場が危ぶまれている。「プレッシャーは与えたくない」と、ユルゲン・クロップ監督はギュンドアンについて語った。同選手は24日のデュッセルドルフ(2部)戦で太ももを痛め、大事を取って途中交代したが、その後はまだ練習でフルメニューをこなしていない。「明日(30日)にはチーム練習に復帰できるという状態だ」と明かしたクロップ監督は、さらに「レヴァークーゼン戦には出られるかわからないが、アウクスブルク戦は間違いなく出場可能になる」とコメントしている。

一方、1日早くチームに合流していた香川はすでにチーム練習を2回こなしており、18名のメンバーに入る見込みだ。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20150130/276428.html

【ドルトムント、香川真司にクロップも好印象。次節レヴァークーゼンメンバー入り濃厚】の続きを読む

マンUがファンに脅し?FA杯再試合のチケットを強引に販売 | サッカーキング

1-30,15 manu

マンチェスター・Uが28日、シーズンチケット保持者に対して4部ケンブリッジ・ユナイテッドとのFA(イングランド協会)カップ4回戦再試合のチケット販売を案内するメールを配信し、その脅しとも取れる内容がファンの反感を買った。翌日のイギリス紙『デイリー・メール』などが報じている。  

マンチェスター・Uは23日に敵地で行われたFAカップ4回戦で、ケンブリッジと0-0で 引き分けたため、急きょ再試合の日程が2月3日にホームに場所を変えて行われる運びとなった。マンチェスター・Uは同試合のチケットの売れ残りを懸念し、シーズンチケット保持者に対して「FAカップ4回戦再試合、ケンブリッジ・ユナイテッド戦のチケット購入期限は今夜(28日)8時まで。このチケットを買わなければ、次回ホームで行われるサンダーランド戦(2月28日)のチケットが発行されなくなるのでご注意を」と警告した。  

シーズンチケット保持者の規約には、「ホームで行われる試合(リーグカップを除く)のチケットを購入しなかった場合、次回ホームで行われる試合のチケットが差し止められる」という規則が含まれている。  

火曜日夜に行われる同試合のチケットは50ポンド(約9000円)という高値が付けられており、チケットホルダー保持者らはSNSなどで不満を爆発。あるファンは、「短い告知で勝手に期限を設定し、巨額のお金を支払っている忠誠的なファンに対して脅すようなメールを送 るのは本当に信じられない。今回が初めてではないし、今後も同じようなことが起こると思う。こうしたメールを受け取るのはうんざりだ。正直、規則に従ってケンブリッジとサンダーランドの試合は観戦しないつもりでいる」と話した。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20150130/276483.html

【マンUがファンに脅し?FA杯再試合のチケットを強引に販売】の続きを読む

AFC加盟国の反乱、「オーストラリアよ出ていけ」 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース

1-30,15 aus

【AFP=時事】アジアサッカー連盟(AFC)からオーストラリアを追い出そうとする思いも寄らぬ動きが30日、明らかとなり、第16回アジアカップ(2015 AFC Asian Cup)決勝へ向け準備を進めるサッカルーズ(Socceroos、オーストラリア代表の愛称)に動揺が広がっている。

AFCのサルマン・アル・ハリファ(Shaikh Salman bin Ebrahim Al Khalifa)会長はアラビア語の日刊紙アル・イティハド(Al Ittihad)に対し、湾岸諸国やその他の国々がオーストラリアに対し不満を持っていると明かした。  

オーストラリア・サッカー連盟(FFA)の最高責任者を務めるデビット・ギャロップ(David Gallop)氏は、数か国がオーストラリアの追放を求めており、正式に問題提起するよう助言されたという同会長の発言に「非常に驚いた」とコメントしている。  

サルマン会長は、「そう、オーストラリアを追放したいという思いが西アジア諸国の中にある兆候がみられるのは事実だ。しかしながら、アジアに継続的にオーストラリアがいることの妥当性に納得していないのは、アラブ諸国だけではないということも承知している」とコメントしている。また、会長はオーストラリアの加入は「実験」であると言及している。  

しかしながら、オーストラリア代表が31日にアジアカップ決勝の韓国代表戦を控える中、AFCの広報担当者はこの報道についてコメントを控えている。  

オーストラリアは2006年にAFCに加盟して以降、2大会連続でW杯とアジアカップに出場し、クラブレベルでも昨年のAFCチャンピオンズリーグ2014(AFC Champions League 2014)で優勝を飾っている。しかしながら、これに対してW杯の出場やその他の名誉を手に入れられない国々からは、不満の声が上がっている。  

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150130-00000039-jij_afp-socc

【「AFCからオーストラリアは出ていけ」中東含む西アジアの反乱】の続きを読む

イラクとの激戦を制したUAEがアジア3位に | フットボールチャンネル | サッカー情報満載!

1-30,15 uae

【UAE 3-2 イラク アジア杯3位決定戦】  

AFCアジアカップの3位決定戦が30日に行われ、3-2でUAEがイラクを破り、アジア3位に輝いた。  タイトル獲得がかかっておらず、消化試合に近いゲームとなってしまったため、両チームともこれまで出場機会の少なかった選手たちを多くピッチへ送り出す。  

試合は序盤からUAEがボールを保持し、イラクがカウンターを狙う形で進んでいく。  

すると16分、UAEはショートカウンターからオマル・アブドゥラフマンが左足アウトサイドで絶妙なラストパス。それをアーメド・ハリルが冷静に流し込んで先制。

今大会5得点目を決めたアリ・マブフートは得点ランキング単独トップに立った。

10人になったイラクはセットプレーで同点を目指すが、UAE守備陣の前に一歩及ばず。最後の最後で力尽きてしまった。

この結果、UAEは1996年大会の2位に次ぐアジア3位という成績で大会を終えることとなった。

全文はソース元で


引用元 : http://www.footballchannel.jp/2015/01/30/post69253/

【日本を下したUAEがイラクを下しアジアカップ3位[スタッツ・ハイライト動画]】の続きを読む

C大阪FWフォルランにプレミアのWBAとハルがオファーか…英紙報道 | サッカーキング

1-30,15 for

セレッソ大阪に所属するウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランに、プレミアリーグのウェスト・ブロムウィッチ(WBA)とハル・シティがレンタル移籍でのオファーを出したと、イギリス紙『デイリーメール』が29日に報じた。  

現在35歳のフォルランは、2002年1月から2004年8月までマンチェスター・Uに所属しており、プレミアリーグを経験。2シーズン半で、リーグ戦63試合に出場し10ゴールを記録していた。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20150130/276322.html

【C大阪フォルランにプレミアのWBAとハル・シティがオファーか】の続きを読む

唯一のリーグ戦全試合出場…長谷部をクラブが評価「最もピッチで躍動した」 | サッカーキング

1-30,15 hase

日本代表MF長谷部誠と同MF乾貴士が所属するフランクフルトは、ブンデスリーガ前半戦をいくつかの観点で振り返り、その中で長谷部を「最もピッチで躍動した選手」として紹介した。クラブ公式HPは、同選手の写真を大きく掲載しながら伝えている。  

長谷部はブンデスリーガの前半戦17試合でチーム唯一全試合にスタメン出場。そのプレー時間は1424分間となっている。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20150129/276069.html

【フランクフルトが長谷部を高評価。「最もピッチで躍動した」唯一リーグ戦全試合出場】の続きを読む

2014年の国際移籍は1万3090件で総額約4780億円が動く…FIFA発表 | サッカーキング

1-30,15 ise

FIFA(国際サッカー連盟)は28日、2014年に発生した国際移籍で総額40億6000万ドル(約4778億7000万円)が動いたと、公式サイト『FIFA.com』で発表した。  

FIFAは、国際移籍において、移籍先と移籍元の両クラブがオンラインで情報を共有するシステム『トランスファー・マッチング・システム(TMS)』を2010年から導入。TMSのデータを元に、国際移籍に関するレポート「グローバル・トランスファー・マーケット2015」を発表した。  

レポートによると、2014年は1万3090件もの国際移籍が締結され、総額40億6000万ドルが移籍市場で動いた。年間総額が40億ドルを超えたのは史上初の事となった。2013年の国際移籍は1万2718件で、総額は39億8000万ドル(約4684億6000万円)。そのため、2014年は件数が2.9パーセント、総額が2.1パーセント増加している。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20150128/275980.html

【2014年の国際移籍は1万3090件で総額約4780億円が動く】の続きを読む

ガゼッタ記者「チェルチとの定位置争いは現時点で本田が有利」 (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

1-29,15 mi

悪夢のようなアジアカップを終えた本田を待つ、新たな悪夢…  

これからもずっと残っていくシーン――。  

アジアカップでのPK失敗を本田圭佑はそう語った。ピッチで起こる悲劇は、時に道理や理論だけでは説明しきれない。そのことを本田は強く感じていただろう。そしてミランに帰ってきてもまた、残念ながら本田はそれを再確認せねばならない。

ワールドカップ、ミラン、そして今回のアジアカップと、本田にとってこの1年は、本当に散々だったと言っていいだろう。できるだけ早く代表チームでの傷心を癒すべくミラノに帰ってきたのであろうが、しかしミランは本田に、これまで以上の混乱を与えることだろう。
 
なぜなら今、ミランにはアレッシオ・チェルチがいる。昨夏からフィリッポ・インザーギ監督が欲しがり、この冬のメルカートでやっと手に入れることができた選手だ。インザーギ監督は、このアタッカーを非常に高く買っている。
 とはいえ、もし未来を見通せる水晶があって、本田がこれほど早くオーストラリアから戻ってくるとあらかじめ分かっていたのなら、ミランは今冬の獲得には動かなかっただろうと言われている。

しかしこの補強をもってしても、ミランの勝利には繋がらなかった。唯一の明るいニュースはコッパ・イタリア戦でサッスオーロに勝利したことぐらいで、リーグ戦では1941年(1月の成績は3分け1敗)以来、これほどひどい年明けはないというくらいの惨状だ。

よって、チェルチ加入のインパクトはそれほど強いものではないが、それでも本田にとって、このイタリア代表FWの存在はあまり歓迎できるものではないだろう。とにかくインザーギ監督はチェルチを高く評価しているし、何より右サイドアタッカーとしてポジションが本田と完全にかぶるのだ。
 
ただ、本田には大きなアドバンテージがある。それは、みずからを犠牲にできる精神だ。本田は守備にも大いに貢献することができる。その点、チェルチにはそういった気持ちが見られず、それが彼の短所でもある。

献身的な姿勢、連係、コンディション…本田が優位な点は多い

両選手を高く評価しているインザーギ監督にとっては、占いでその日のスタメンを決めても問題ない、と言ってもいいぐらいだ。

チェルチには1対1で敵を抜き去る力があり、その動きは予測不可能、さらにスペースに入り込んでシュートを放つことにかけては、天性の素質がある。対する本田は、常に全力を尽くし、プレーのビジョンに優れ、守備においてもその能力と労力を費やすことができる。

それぞれ特徴は異なるが、どちらもインザーギ監督にとっては使える選手だ。もし今後もインザーギ監督がベンチに座り続けることができたらならば、おそらくは毎試合、どちらがプレーするかが話題にされることだろう。

そんなチェルチと本田だが、ひとつ共通した高い能力がある。それはFKやCKといったプレースキックに優れていることだ。本田のいない間は当たり前のようにチェルチが蹴っていたが、本田が帰ってきた今、どっちがキッカーを務めるかも注目されるだろう。もちろん試合の状況によって、ふたりを使い分けるというやり方もあるはずだ。

とにかく、全ては本田自身の今後の頑張りにかかっている。ただチームワークという点においては、本田のほうが有利だろう。本田はチームメイトたちにとって、すでに長いこと共に試合や練習で時間を過ごしてきた仲間であり、気心も知れている。

読者の皆さんもよくご存知のように、開幕直後のアバーテと本田のコンビは息がぴったりで、互いのプレースタイルも性格もすっかり理解しているという感じだった。

現時点での本田のフィジカルコンディションは、チェルチより確実に上だろう。前述の通り、チェルチはマドリーではほとんど使ってもらえなかった。4か月間でプレーした試合は9。それも途中出場が多く、時間に換算するとたったの249分である。

それに比べ、本田は開幕からほとんどレギュラーとしてプレーしてきたし、アジアカップの間も、試合はもちろん、それ以外でも練習は欠かさなかったはずだ。

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150128-00010006-sdigestw-socc

【ガゼッタ記者「チェルチとの定位置争いは現時点では本田が有利」】の続きを読む

ペップ監督バイエルンに今季限りで別れか…ナンバー2と口論報道 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

1-29,15 pep2

サッカードイツ1部リーグ、バイエルン・ミュンヘンのジョセプ・グアルディオラ監督が今季限りでクラブを離れる可能性が27日までに高くなった。ドイツ紙ビルドなどが報じている。  

しかしビルド紙はグラルディオラ監督がサポーター300人を前にしたコメントを掲載。「私にとって、また私の妻、子供たちにとっても大きな挑戦であった。バイエルンを監督できて、本当に幸せな期間だった」と、まるでバイエルン時代を総括するような“別れのコメント”だったとも報じている。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150127-00000064-dal-socc

ペップはバイエルンとの契約延長に興味ナシ?「このクラブの監督になる夢は叶った」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

1-29,15 pep

バイエルン・ミュンヘンのジョゼップ・グアルディオラ監督は、現時点で契約延長の話し合いはしていないようだ。26日の英紙『ガーディアン』が報じている。  

就任初年度の昨季は、ブンデスリーガで史上最速優勝を果たし、DFBポカール(ドイツカップ)も制して2冠を達成したグアルディオラ監督。今季は前半戦を勝ち点45(2位に11差)の無敗で首位ターンしたものの、契約延長はチャンピオンズリーグのタイトル次第だという見方が強い。  

週末のファンクラブイベントに出席した同監督は「それ(契約延長)についてはシーズン終了後にじっくりと話し合う。フットボールの世界では次に何が起こるか分からない」と慎重な姿勢を見せる一方で「バイエルンで働くことは大きなチャレンジだった。このクラブの監督になる夢は叶った」と次なる目標を見据えていることを示唆。  

バイエルンとは2016年の6月まで契約を結んでおり、カール=ハインツ・ルンメニゲCEOは「出来るだけ長くここにいることを望んでいる。彼が望むならばいつまでも残ることができる」としながらも、チャンピオンズリーグの結果が明確でないシーズン途中での話し合いを好まない同監督の考えを尊重した。

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150127-00010001-footballc-socc

【ペップバイエルンは今季限り?ナンバー2と口論、契約延長に興味ナシとの報道】の続きを読む

このページのトップヘ