スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

2014年12月

Yahoo!ニュース - 世界一リッチなドリームチームは「総額1087億円」 (東スポWeb)

12-30,14 ro2

英メディア「メトロ」が25日、ヨーロッパサッカー市場における、移籍市場で価値の高いベストイレブンを発表。“世界一リッチ”なドリームチームを作り出した。  

サッカーシーンがある意味、一番盛り上がる「移籍市場」。多くのメディアからスクープや“飛ばし”の情報が流れ、サポーターもチームの補強戦略に一喜一憂する。今回「メトロ」は欧州サッカーの専門サイト「トランスファー・マーケット」のデータを参考に、今“市場価値の高い選手”たちのベストイレブン選出した。フォーメーションは4?3?3を使用している。

(※1ポンド=187円で計算)

【GK】

マヌエル・ノイアー(28=バイエルン・ミュンヘン)市場価値=3500万ポンド(65・4億円)

【DF】

フィリップ・ラーム(31=バイエルン・ミュンヘン)市場価値=2640ポンド(約49・4億円)

エリアカン・マンガラ(23=マンチェスター・シティ)市場価値=3080万ポンド(約57・6億円)

チアゴ・シウバ(30=パリ・サンジェルマン)市場価値=3520万ポンド(約65・8億円)

ダビド・アラバ(22=バイエルン・ミュンヘン)市場価値=3080万ポンド(約57・6億円)

【MF】

ポール・ポグバ(21=ユベントス)市場価値=3980万ポンド(74・4億円)

ルカ・モドリッチ(29=レアル・マドリード)市場価値=4880万ポンド(約91・3億円)

ハメス・ロドリゲス(23=レアル・マドリード)市場価値=5280万ポンド(約98・7億円)

【FW】

クリスチアーノ・ロナウド(29=レアル・マドリード)市場価値=1億560万ポンド(約197・5億円)

リオネル・メッシ(27=バルセロナ)市場価値=1億560万ポンド(約197・5億円)

ガレス・ベイル(25=レアル・マドリード)市場価値=7040万ポンド(約131・6億円)

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141230-00000005-tospoweb-socc

【世界一リッチなドリームチームは「総額1087億円」ロナウド、メッシ、ノイアーらが選抜◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

アジア杯連覇に挑む本田圭佑「どういう精神状態で入るか楽しみ」 – サッカーキング

12-30,14 hon2

日本代表は30日、来年1月9日からオーストラリアで開催されるアジアカップに向けた国内合宿2日目の練習を実施。午前中にフィジカルテスト、午後は約90分間のトレーニングを行った。  

日本代表にとっては、アジアカップは連覇のかかる大会。前回大会でMVPに輝いたMF本田圭佑だが、「前回と同じ調整でいいのか、変えないといけないのか。そこも手探り」と口にする。

「チャンピオンと呼ばれる組織はどうやって維持しているのか。そういうことを自分なりに考えて、そういう人達を参考にしながら、オリジナリティや日本代表らしさを入れていきながら、結果としてそういうこと(連覇)が達成できれば理想」と語った。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20141230/263496.html

【本田「前提としてアジア杯は簡単ではない」日本代表国内合宿2日目インタビュー、練習風景動画◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

Yahoo!ニュース - イブラヒモビッチがローマ移籍希望か。今季末に新天地へ (フットボールチャンネル)

12-30,14 ib

パリ・サンジェルマンのFWイブラヒモピッチが、セリエAローマへの移籍を希望しているとみられている。30日付の伊紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じた。同紙ではイブラヒモビッチの友人であり、スウェーデン日刊紙の記者である人物のインタビューを掲載している。  

それによるとイブラヒモビッチは来年34歳になり、サッカー選手としてのキャリアを終えるクラブについて考え始めている。2012年夏にACミランから移籍しプレーしているPSGは、それにふさわしくないと感じているのだという。代理人のミーノ・ライオラ氏は、ローマのサバティーニGMと連絡を取っているものの、ローマ側は現状況では移籍話にブレーキをかけている状態で、交渉が進むのは今季終了後ではないかといわれている。

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141230-00010016-footballc-socc

【イブラヒモビッチがローマに移籍希望か。来季セリエA復帰に向けてクラブと代理人が交渉中との報道◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

Yahoo!ニュース - 宇佐美 来年こそ代表へ!自ら分析「献身性、運動量が足りない」 (スポニチアネックス)

image01

via:http://www2.gamba-osaka.net/club/player39.html


G大阪のFW宇佐美貴史(22)が29日、MBSラジオ「上泉雄一のええなぁ!」(月~金、前10・30)にゲスト出演し、来年の目標に日本代表入りを掲げた。  

アジア杯に選出されなかったことについては「献身性や運動量を求める監督。そこが足りないと思うし、成長するために必要なことを教えてくれていると思っている」と冷静。ACLなどで過密日程となる15年シーズンへ向け「それだけアピールするチャンスが多いということ。来年こそは、必ず呼ばれたい」と意気込んだ。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141230-00000074-spnannex-socc

【宇佐美貴史「献身性、運動量が足りない」日本代表招集に向けて自ら分析◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

ハーフナー・マイクがコルドバと契約解除…日本への復帰が実現か – サッカーキング

12-30,14 ha

コルドバは30日、同クラブに所属する日本人FWハーフナー・マイクと合意のもと契約を解除したことを、クラブ公式HP上で発表している。  

ハーフナーは2014年7月に、オランダのフィテッセからコルドバへ完全移籍を果たした。獲得を決めたのは元フィテッセ監督のアルベルト・フェレール監督で、両者は直接の指導関係にあったわけではないが、フェレール監督はフィテッセ時代のハーフナーを評価していた。しかし、そのフェレール監督が10月に解任され、ミロスラヴ・ジュキッチ監督が就任すると、ハーフナーはベンチ外の日々が続くようになり、日本への復帰などが噂されていた。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20141230/263534.html

【ハーフナー・マイクがコルドバと契約解除。Jリーグ復帰の可能性◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

バルサ、ヘディングでの得点割合が倍増…弱点克服へ空中戦強化 – サッカーキング

12-30,14 bar

バルセロナの歴史において、重要な意味を持つヘディングシュートは多い。最近でいえば、2008-2009シーズンのチャンピオンズリーグ決勝、マンチェスター・U戦でのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの得点が挙げられる。しかし、近年のバルセロナはヘディングからの得点数が極端に少なかった。  

2012-2013シーズン、バルセロナはリーガ・エスパニョーラで勝ち点100を獲得し、111得点を奪った。しかし、ヘディングからの得点はわずかに5。全体の4.5パーセントと驚くほど低い数字だった。また、ヘラルド・マルティーノ前監督が指揮を執った昨シーズンも、全100得点のうちヘディングからのものは6つだけだった。  

今シーズン、バルセロナの空中戦は改善されつつある。公式戦で68得点を挙げているが、ヘディングでのゴールは9つ。割合にすると約13パーセントで、昨シーズンの2倍、一昨シーズン前の3倍を占める。リーガ・エスパニョーラに限定すると、全55得点のうち6得点をヘディングから記録。全体の約11パーセントだ。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20141230/263365.html

【バルセロナ、ヘディングでの得点割合が倍増。空中戦強化で弱点克服へ◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

ブンデスのゴールチャンス演出家12人に清武が選ばれる…独誌選定 – サッカーキング

12-30,14 bun

ドイツ誌『キッカー』のオンライン版は、ブンデスリーガ前半戦におけるチャンスメークで輝いたプレーヤーを選出し、ハノーファーに所属する日本代表MF清武弘嗣が選ばれた。  

得点者は常にフォーカスを浴びるが、その裏には完璧にチャンスを演出している選手たちがいるとして、ブンデスリーガが誇るチャンスメーカーをランキング形式で紹介した。  

リーグ屈指の演出家が揃う中、清武は12位にランクイン。生み出したチャンス数は30回で、アシスト数は3となっている。セットプレーからのチャンスメークが多いが、流れの中で違いを生み出すことが出来れば、後半戦はさらなる上位に名を連ねることも可能だろう。

■ブンデスリーガ・チャンスメークランキング(チャンス数/アシスト数)
1位 ケヴィン・デ・ブライネ(ヴォルフスブルク)59 10
2位 ズラトコ・ユヌゾヴィッチ(ブレーメン)43 7
3位 ヨハネス・ガイス(マインツ)40 2
4位 アリエン・ロッベン(バイエルン)38 3
5位 マルコ・ヴランチッチ(パーダーボルン 37 1
6位 マックス・クルーゼ(ボルシアMG)37 4
7位 ハカン・チャルハノール(レヴァークーゼン)37 4
8位 ハリル・アルティントップ(アウクスブルク)36 4
9位 ロベルト・フィルミーノ(ホッフェンハイム)34 6
10位 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)34 3
11位 カリム・ベララビ(レヴァークーゼン)32 4
12位 清武弘嗣(ハノーファー)30 3

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20141230/263374.html

【ブンデスのゴールチャンス演出家12人に清武が選出。一位はデ・ブライネ◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

C・ロナウドがグローブ賞を受賞「トロフィーを手にできて幸せ」 – サッカーキング

12-30,14 rona

ドバイで29日、グローブ・サッカー・アワードの授賞式が行われ、レアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、2014年の最優秀選手に選ばれた。スペイン紙『マルカ』が伝えている。  

C・ロナウドは「新たなトロフィーを手にできて、とても幸せだよ。チームメートや監督、会長に捧げたい。投票してくれた人たち全てに感謝している」とコメント。さらに、多くの称賛を受けることがプレッシャーになるか問われた同選手は「答えはフットボールで示したい。ピッチ内外で模範となれるように努力していく」と述べた。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20141230/263375.html

【クリスティアーノ・ロナウドがグローブ賞受賞「ピッチ内外で模範となれるように」◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

サーチナ|日韓のサッカー代表選手 「中国との差」は数字で納得?=中国メディア

12-30,14 ja

中国メディアの新浪体育は23日、2015年オーストラリアで開催されるAFCアジアカップに向けて中国代表メンバーが決定したことを伝えつつ、「選手の評価額や海外でプレーする選手の人数から見た場合、中国代表を日本代表や韓国代表と比べると大きな差がある」と論じる記事を掲載した。  

記事は、移籍金などを紹介するドイツの情報サイト「トランスファー・マルクト」の情報を引用し、中国代表23人の評価額は合わせて計1172万5000ユーロ(約17億2137万円)と紹介、1人あたりで計算すると51万ユーロ(約7487万円)だと伝えた。  

一方、韓国代表の評価額は計4790万ユーロ(約70億3229万円)で、1人あたり208万3000ユーロ(約3億580万円)になると紹介。続けて日本代表の評価額は計8740万ユーロ(約128億3140万円)、1人あたり380万ユーロ(約5億5788万円)になるとしたうえで、中国代表の評価額は韓国代表の4分の1にすぎず、さらに日本代表の8分の1にすぎないと伝えた。  

また、日本代表MFでドイツ・ドルトムントに所属する香川真司について「評価額は1500万ユーロ(約22億218万円)とされている」と紹介、中国代表でもっとも評価額が高い選手として100万ユーロ(約1億4600万円)の武磊などを挙げ、「香川1人で武磊15人分だ」と指摘。中国代表でもっとも高く評価されている武磊は日本でもっとも高く評価されている香川の15分の1の価値しかないと紹介した。

全文はソース元で


引用元 : http://news.searchina.net/id/1555220?page=1

【日本代表128億円、韓国代表70億円、中国代表17億円。各国サッカー代表選手23人合わせた評価額◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

アギーレ監督、内田の不参加に「選手にとって一番いい選択をした」 | ゲキサカ[講談社]

12-30,14 agi

日本代表のハビエル・アギーレ監督は合宿初日となった29日の練習後、報道陣の取材に応じ、前日28日にアジア杯不参加が発表されたDF内田篤人(シャルケ)の状況について説明した。

「チームに多くのものをもたらしてくれる選手なので残念だが、選手の健康を考えれば、こうせざるを得なかった」。11月の代表合宿でアギーレジャパンに初招集された内田だが、ブラジルW杯で悪化した右膝の状態は完治しておらず、クラブでもテーピングを付けたまま強行出場を続けていた。

「代表のドクターからも、シャルケのドクターからも、休養を与えたほうがいいという助言を受けたので、選手にとって一番いい選択をした」。代表、クラブ両方のドクターの意見を受け入れ、選手の入れ替えを決断したアギーレ監督。代わってセンターバックであるDF植田直通(鹿島)を追加招集した理由については「3バックというオプションもある」と語った。

全文はソース元で


引用元 : http://web.gekisaka.jp/news/detail/?154522-154522-fl

【アギーレ、内田のアジア杯不参加に理解「選手にとって1番いい選択をした」本番は3-4-3スタートの可能性も◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ