スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

2014年10月

W杯を制したドイツ代表の舞台裏に迫った映画の公式映像が公開に!なぜかミュラーは女装(動画あり) | Football Web Magazine 『Qoly』

dae8af02-fcb9-4c9d-92ec-d5b2b5183556

2014年W杯を圧倒的な力で制覇したドイツ代表。2006年以降、主要国際舞台で絶えず上位進出を果たす彼らの原動力は一体何なのだろうか?そんな疑問をお持ちの方にオススメな映画がいよいよ公開される。

ドイツサッカー連盟は現地時間29日、2014年W杯を戦ったチームの舞台裏に迫る映画、『DIE MANNSCHAFT』の公式トレイラー映像を公開した。

"Die Mannschaft"は、日本語で「チーム」を意味する。ドイツ代表のスローガンでもあり、代表チームのユニフォームやプレゼンテーションスーツの首元には"Die National Mannschaft"という文字が刻まれている。チームにとって、それだけ重要な言葉であるというわけだ。

今回公開された映像の中での一番のツッコミ所は、映像終盤で登場するなぜか女装したトーマス・ミュラー。真相は公開されてからのお楽しみだが、ファンの注意をひく要素としてはバッチリのよう。

映画は11月13日から公開される。

全文はソース元で


引用元 : http://qoly.jp/2014/10/30/die-mannschaft-official-trailer

【【動画】女装したドイツ代表ミュラー!?ブラジルW杯を制した裏側に迫った映画が近日公開に◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

Yahoo!ニュース - ポゼッション72%でも遅攻なし。さらに速く、さらに強く。ペップ・バイエルンはどこまで進化するのか? (フットボールチャンネル)

10-31,14 bay

早くもバイエルンの顔となったシャビ・アロンソ ペップ・バイエルンは進化を続けている。 「HSVに対してバイエルンはあまりに強すぎる」としたのは、2014年10月30日付のハンブルクの地元紙ハンブルガー・モルゲンポストである。

ポゼッション72%と依然として高い数値だが…

試合後の記者会見でペップがHSV戦について「速さ」と「深さ」の2点をポイントとしてあげたように、バイエルンはスピードとダイナミズムで相手の背後を陥れようとした。

そこに「遅攻」は見る影も無い。かといってポゼッションを放棄したかというと、そういう訳でもない。試合後のキッカー電子版のデータによれば、ボール支配率はHSVの「28%」に対して、バイエルンは「72%」となっている。依然として高い数値だ。

そして「787本」のパス本数に対して成功率は「86%」とこちらも高い数値を誇った。サッカーの質は変わりつつあるが、データ上は昨季とさほど変わっていない。

10月30日付のシュポルトビルト紙では、ラームがCLグループE第3戦のローマ戦を振り返る上で次のようなコメントを残している。

「僕達は確実に昨季よりも幅が広がっている。僕達は1年以上もペップ・グアルディオラとトレーニングを積んできた。僕達は可変的で、様々なシステムをプレーすることが出来る。選手は誰もがそのことを自然と実践することが出来る」
 
要するにペップ・バイエルンはポゼッション・サッカーのさらなる地平を拓こうとしているのである。それは強く、速く、正確で、美しい。

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141031-00010008-footballc-socc

【【動画】GKノイアーがドリブルで攻撃を組み立て始める!!これがボール支配率72%進化したペップバイエルンか!?◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

Yahoo!ニュース - 本田、得点絡めずも現地記者は擁護「一番安定して計算できる」「他があの出来では活躍は無理な注文」 (フットボールチャンネル)

10-31,14 hon3

本田が一番安定して計算できるアタッカンテなんだろうね」 

現地時間29日、セリエA第9節でカリアリのホームに乗り込んだミラン。1-1の引き分けに終わった。  見事に試合を支配してのドローに持ち込んだ攻撃サッカーの鬼才ゼーマン監督(カリアリ)は「やはり満足だ」と試合後に語ったが、カリアリ番の地元記者も好意的な評価をしていた。  

クチノッタ記者は語る。

「ミランの選手の中には本来の実力を出していない人間がいた。フェルナンド・トーレスにせよエル・シャラウィにせよ要求されるレベルからは随分下のパフォーマンスに終始していた」  

チャンスを作りきれなかった本田についてはどうか。

「たしかに他の選手同様、今日(29日)は良くなかった。ただ今シーズン、全く別の選手になったことは認める。カリアリ戦でも先発のFWでは彼がただ一人90分間使われていた。  トーレスはあんなもの、昨季のケガの後でエル・シャラウィはコンディションを取り戻している最中だし、メネズも好不調の波が激しい。結局のところインザーギにとっては、本田が一番安定して計算できるアタッカンテなんだろうね」

しかし、点に絡めなかったのは本田も同様。しかしブッケーリ記者は「それは個人というよりもチームが良くなかったせいだ」として、次のように語った。

「後方からのパスが遅く、しかも不正確なので相手のDFラインが広がらない。こういう状況では、個人に人が寄りやすくなる。本田は決して一人でスピードを活かして突破していくタイプではないし、なのに『活躍しろ』と言われても無理な注文だよ。インザーギは会見で『チームは成長過程にある』と語っていたが、それはこういうところなんだろう」

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141030-00010010-footballc-socc

【ミラン本田、カリアリ戦採点は低いものの現地記者の信頼は勝ち得た模様!!「他があの出来では活躍は無理な注文」◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

7戦勝ちなしのソシエダ、新監督はモイーズ氏? | ゲキサカ[講談社]

10-31,14 moy

元マンチェスター・ユナイテッド監督のデイビッド・モイーズ氏がソシエダの監督に就任する可能性が浮上した。英紙『ミラー』が報じている。今季1勝3分5敗で17位に低迷するソシエダ。ラジオ局『コペ』によれば、今節・マラガ戦の結果次第ではハゴバ・アラサテ監督が解任され、モイーズ氏が新監督に就任するという。  

今季のソシエダは、EL予選で早々と敗退したほか、リーガでは開幕から9試合を戦い、わずか1勝しか挙げることができていない。8月31日のレアル・マドリー戦で4-2の勝利を手にしたものの、その後は7戦勝ちなし(3分4敗)と苦境が続いている。11月1日に迎えるマラガ戦の結果次第では、監督が解任されるという。  

ソシエダのジョーキン・アペリバイ会長はラジオ局『カデナ・セル』に対し、「私たちが代わりとなる人物を探しているのは事実だ。それはアラサテにも既に話してある」と明言。「これから事態がより難しくなることに備えて、代わりとなる監督を探している」と話した。

全文はソース元で


引用元 : http://web.gekisaka.jp/news/detail/?150515-150515-fl

【元マンUモイーズがレアルの新監督に浮上!?7戦勝ちなしのソシエダ会長は後任探しを認める◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

ヴェンゲル長期政権に幕? A・サンチェスがエジルに苛立ち? 喧噪に包まれるアーセナル | サッカーダイジェストWeb

10-31,14 ars

総額約150億円の大型補強をしながら、3勝5分け1敗の5位とスタートダッシュに失敗したアーセナルの周辺が騒がしい。  

英タブロイド紙が報じているのは、今シーズン終了後の政権交代の可能性で、アーセン・ヴェンゲル監督に代わる後任監督の具体的な名前も伝えている。  

無冠に終わり、かつチャンピオンズ・リーグの出場権(4位以内)も逃した場合、ヴェンゲルは辞任。現在、カルロ・アンチェロッティ監督の下でレアル・マドリーのアシスタントコーチを務めるポール・クレメントに指揮権を譲ることで、ヴェンゲルも合意したという。  

一方、約60億円の移籍金で加入した今シーズンの補強の目玉、アレクシス・サンチェスがチームに対して不満を募らせていると伝えたのは、チリの『ラ・テルセラ』紙だ。チームメイト、とくにメスト・エジルの貢献度の低さに苛立っているという。 

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=6020

【アーセナルに転換期!?ヴェンゲル監督が今季で退任か。後任にはレアルのクレメンスコーチの名前も。一方、サンチェスがエジルに不満??◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

韓国代表ソン・フンミン、またもや相手選手を蹴り一発退場(動画あり) | Football Web Magazine 『Qoly』

B1QTZGnCAAAPC7N

ドイツの強豪バイアー・レヴァークーゼンの中心選手へと成長し、22歳にして韓国における国外組の筆頭格となっているFWソン・フンミン。代表にも定着し、強烈なシュートでゴールを重ねる彼には欧州のビッグクラブも関心を寄せていると報じられている。そんなソン・フンミンは、30日に行われたドイツ国内カップ(DFBポカール)の2回戦、マグデブルク(4部)戦に出場。しかし、このプレーにより・・・一発退場。

自陣中央付近でファールを受けたソン・フンミンは早いリスタートを試みるが、相手選手がこれを妨害。激昂したソンが相手の右足を蹴り報復すると、この様子を目の前で見ていた主審はすぐさまレッドカードを提示した。判定に不服のソンは怒りの感情を爆発させ、ピッチを出てからも監督が制止するほど激しく抗議したが、当然、判定が覆ることはなかった。

ソンが公式戦でレッドカードを受けたのは2010年のプロデビュー以後、今回が初めてのことである。しかし、ハンブルクに所属していた時代には練習中にセルビア代表DFスロボダン・ライコヴィッチと文字通り殴り合いの騒動を起こし、今年7月に行われたマルセイユとのプレシーズンマッチではソンの蹴りから乱闘騒ぎに発展するなど、気の短さがたびたびクローズアップされている。

全文はソース元で


引用元 : http://qoly.jp/2014/10/30/bayer-04-leverkusen-son-heung-min-red-card

【【動画】韓国代表ソン・フンミンが相手選手を蹴り一発退場!!過去にも乱闘騒ぎ、味方との殴り合いなど前科多数・・・◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

ミラン、モントリーヴォが骨折から回復 - Goal.com

10-31,14 milan

ダービーで復帰の可能性も?

ミランは30日、クラブの公式ウェブサイトで、MFリッカルド・モントリーヴォが骨折から回復したと発表した。復帰はまだ先になるが、ミランにとっては朗報だ。

イタリアメディアは、6カ月の離脱と報じていた。 ミランが30日に発表したところによると、モントリーヴォは執刀医の診断を受け、骨折が治ったとの確認がなされたとのこと。今後トレーニングを本格的に開始し、チーム練習へと合流していくことになる。

だが、モントリーヴォが試合に復帰するには、もう少し時間が必要だ。長期離脱していただけに、コンディションを取り戻さなければならない。イタリア『スポーツメディアセット』は、11月23日のミラノダービーで起用可能になるかもしれないと報じている。

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/1867/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2/2014/10/31/5649021/%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%81%8C%E9%AA%A8%E6%8A%98%E3%81%8B%E3%82%89%E5%9B%9E%E5%BE%A9?ICID=HP_BN_2

【【朗報】ミランMFモントリーヴォが骨折から回復。トレーニングを開始しチームに合流へ。インテルとのミラノダービーに出場の可能性も◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

伊紙、本田の守備を評価も採点伸びず「いつもより断続的なプレー」 – サッカーキング

10-31,14 hon

日本代表FW本田圭佑が所属するミランは29日、セリエA第9節でカリアリと対戦。先制を許したミランは、34分にMFジャコモ・ボナヴェントゥーラの鮮やかなロングシュートで同点に追いつき、1-1で引き分けた。  

イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は同試合に出場した各選手のプレーを評価。2試合連続でフル出場した本田には「5.5」の及第点を与え、「いつもよりも断続的なプレー。とても良く走ったが、ディフェンスに関してだけ評価させるのであればそれは良い印ではない」と守備での貢献を認めながらも、結果を求める評価となった。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20141030/246244.html?view=more


Yahoo!ニュース - 辛口復活!? 地元紙はミラン本田のカリアリ戦に平均点以下の採点「一言で言えば……ついてない一夜」 (Soccer Magazine ZONE web)

10-31,14 hon2

今季6得点2アシストと、結果を積み上げてきた本田だが、2試合連続でゴールやアシストという結果は出せず。一試合を通して、高いパフォーマンスは維持できなかったと評している。守備面では1対1の場面で体を張るなど、貢献していたが、背番号「10」の仕事としては満足いかないものだったという。シュートは2本。ドリブル突破は5度トライし、成功は2回。前線への決定的なパスは0本というデータも紹介している。  

ミランではミドルシュートを決めたMFジャコモ・ボナベントゥーラと、ステファン・エルシャラウィが6点で及第点を手にした。本田はこれに次ぐ評価だったが、1トップのフェルナンド・トーレスはさらに低い5点となった。  

一方、「コリエレ・デロ・スポルト」紙は5点と、さらに低い採点をつけた。豊富な運動量が結果に直結しなかったことを挙げ、「空虚に動き回った。落ち着きを保っていたが、時々、デシリオに対して腹を立て、渋い顔をした」と、その寸評は厳しいものとなった。  

最高点はMFナイジェル・デヨングとGKクリスティアン・アッビアーティが最高の6.5点。攻撃陣ではボナべントゥーラが6点。エルシャラウィとジェレミー・メネズは本田と並ぶ5点。トーレスは4.5と落第点だった。  

「ホンダは消えた」と見出しで報じた「トゥット・スポルト」も5点で続いた。「遅い。決定的な発想も少なかった。一言でいえば……ついてない一夜」と辛口の言葉が並んだ。

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141030-00010003-soccermzw-socc

【ミラン本田にイタリア各紙は厳しい評価。しかし、期待値は依然として高い模様◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

内田篤人、シャルケと2018年まで契約延長…満了すれば在籍8季に – サッカーキング

10-31,14 uchi

シャルケは30日、DF内田篤人と2018年6月までの新契約を締結したと発表した。  

今シーズン終了時に契約が満了するため、去就が注目されていた内田。マネージャーのホルスト・ヘルト氏は、「非常に喜ばしいニュースだ。篤人は長期間にわたってレベルの高いプレーを見せてくれる、常に頼りになる選手」とコメントし、内田との契約延長を喜んでいる。  

内田も「シャルケはファンも最高だし、ここ数年間いつも僕のことを支えてくれた特別なクラブ」と語っている。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20141030/246277.html?view=more


【内田篤人がシャルケと2018年まで契約延長!!「ファンも最高で特別なクラブ」◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

マンジュキッチがグアルディオラを批判「僕にフェアではなかった」 – サッカーキング

10-30,14 pep2

昨シーズンまでバイエルンに所属し、今夏にアトレティコ・マドリードへ移籍したクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチが、母国紙『Sportske Novosti』とのインタビューで古巣の指揮官であるジョゼップ・グアルディオラ監督を批判している。28日、ドイツ紙『ビルト』が伝えた。  

同インタビューの中でマンジュキッチは、「この男には失望させられた。グアルディオラは僕にフェアではなかったんだ。僕はバイエルンのためにベストを尽くしたが、それは報われなかった。そういう風に扱われたんだ」と話し、さらに「昨シーズンのDFBポカール決勝で僕をメンバーから外したのはグアルディオラの決断だ。事実を見れば、彼は僕を得点王にさせたくなかったんだよ。僕にとって得点王のタイトルは重要ではない。けれどもそれ(メンバー落ち)は、彼が僕にリスペクトを持っていなかったことを示していた。そして彼は僕にこう言ったんだ。『マリオ、よく聞け。君は私のビジョンに合わない。私は別のFWを必要としている』とね」と続けている。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20141029/245835.html?view=more

【マンジュキッチ「グアルディオラには失望させられた」バイエルン在籍時の監督ペップが敬意を欠いていたと批判◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ