スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ハリルやりすぎ移籍介入 Jクラブとさらなる関係悪化も (東スポWeb) - Yahoo!ニュース



no title


ロシアW杯アジア最終予選がいよいよ9月に迫る中、日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(64)による“異常介入”が問題化している。国内外にかかわらず代表選手の移籍話に首を突っ込み、所属クラブの意向を無視して各選手にアドバイス。越権行為とも言える過度な口出しぶりに抗議を検討するクラブもあり、代表チームとの間で緊張感が高まっている。  

「決まりかけているものに『それはダメだ』と言ったり、早く海外に行くようにけしかけたり、かと思ったら代表の都合で『今は残ったほうがいい』と言ったり。アドバイスではなく指示になってきており、どこのクラブも、いい顔はしていない」とJクラブ関係者は顔を曇らせる。言うまでもなく選手の移籍はクラブの専権事項で、事情も考え方も各クラブによって全く異なる。それをハリルホジッチ監督は「もし選手がクラブを変えたいなら話をして、私の意見を伝える。日本の選手に興味を持つクラブもあるし、私に何ができるか考えたい」という持論のもと、頭ごなしに自らの意見を押し付けているのだ。  

今夏のタイミングは移籍を模索する選手も多く、キリンカップの合宿を利用して連日のように移籍に関して議論。国内組では若手を中心にFW宇佐美貴史(24=G大阪)、MF小林祐希(24=磐田)、FW浅野拓磨(21=広島)、MF遠藤航(23=浦和)ら、海外組もFW本田圭佑(30=ACミラン)、MF清武弘嗣(26=セビリア)、DF吉田麻也(27=サウサンプトン)、DF酒井宏樹(26=ハノーバー)らに移籍先の選択肢や移籍時期などを意見した。  

そればかりか、クラブに対して自らの案を参考にするよう強く求めるケースも出ており、度を過ぎた言動に激怒するクラブもある。不満を募らせて今後、協会側に抗議する可能性もあり、不穏な空気が漂っている。

全文はソース元で

引用元 : ハリルやりすぎ移籍介入 Jクラブとさらなる関係悪化も (東スポWeb) - Yahoo!ニュース

続きを読む

レヴァンドフスキにリヴァプール移籍の可能性…バイエルン退団検討か (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース


レヴァンドフスキ、クロップとリヴァプールで再タッグを希望か!バイエルン退団を検討と英紙報道レヴァンドフスキ、クロップとリヴァプールで再タッグを希望か!バイエルン退団を検討と英紙報道

バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、同クラブ退団を検討しているようだ。イギリス紙『デイリーメール』が15日に報じている。  

報道によると、レヴァンドフスキはバイエルン側と契約延長に向けた話し合いを続けている一方で、移籍の可能性を模索している。移籍先候補として挙げられているのはリヴァプール。レヴァンドフスキは、ドルトムントで指導を受けたユルゲン・クロップ監督と再びタッグを組むことに興味を示していると報じられた。  

なお今回の報道では、以前からレヴァンドフスキへの関心を持っていると報じられてきたレアル・マドリードへ移籍する可能性も言及されているが、同選手の加入に際してはスター選手が同クラブを退団する必要があるため、実現は難しいとの見通しが記されている。

全文はソース元で

引用元 : レヴァンドフスキにリヴァプール移籍の可能性…バイエルン退団検討か (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

続きを読む

香川はドルトムントの象徴と呼ぶべき選手に! 過去10年のドルトムント・ベスト移籍ランキング夏VerでTOP10に堂々選出 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース


香川真司は大発掘の「理想的モデル」ドルトムントのベスト移籍ランキングTOP10に選出

近年ドルトムントで育った選手がバイエルンに流れるケースが続いているものの、そのたびに穴を的確に埋めてくるドルトムントの補強は目を見張るものがある。特にユルゲン・クロップが率いていた際にはまだブレイクしていない若手選手を安価で獲得し、トップレベルの選手へと成長させるモデルが完璧に出来上がっていた。

そこで米『Breacher Report』は、過去10年間ドルトムントが夏に行った補強で大ヒットした選手をランキング化。ほとんどが最近までドルトムントでプレイしていた選手で構成されており、その中にはセレッソ大阪から引き抜かれた香川真司の名前も入っている。

6位 香川真司(セレッソ大阪→ドルトムント 2010年 35万ユーロ)
5位 イルカイ・ギュンドアン(ニュルンベルク→ドルトムント 2011年 550万ユーロ)
4位 マルコ・ロイス(ボルシアMG→ドルトムント 2012年 1710万ユーロ)
3位 マッツ・フンメルス(バイエルン→ドルトムント 2009年 420万ユーロ)
2位 ピエール・エメリク・オバメヤン(サンテティエンヌ→ドルトムント 2013年 1300万ユーロ)
1位 ロベルト・レヴァンドフスキ(レフ・ポズナン→ドルトムント 2010年 475万ユーロ)

6位に選ばれた香川は、ドルトムントの素晴らしいモデルを象徴する選手として取り上げられている。同メディアは香川を今やブンデスリーガのベストプレイヤーの1人になったと称賛しており、その香川をここまで育て上げたクロップの手腕も高く評価されている。

全文はソース元で

引用元 : 香川はドルトムントの象徴と呼ぶべき選手に! 過去10年のドルトムント・ベスト移籍ランキング夏VerでTOP10に堂々選出 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

続きを読む

アイスランドがC・ロナウドに反論 「だからメッシが常に一歩前にいる」 (GOAL) - Yahoo!ニュース


だからC・ロナウドはメッシに常に負けているんだよ!アイスランドが負け惜しみ批判に反論

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、ユーロ2016初戦を引き分けで終え、アイスランドの戦い方を批判した。だが、アイスランドDFカウリ・アウルナソンはC・ロナウドに反論している。

「彼がバッドルーザーというのは、さらに勝利の味が格別なものになるね。僕らは大西洋の小さな島国だ。その僕らが彼らと引き分けたんだよ」 アルナソンはC・ロナウドが「ファンタスティックな選手」だと称賛しつつ、

「潔い人ではない」と辛らつなコメントを残している。さらには、C・ロナウドのライバルと言われるバルセロナFWリオネル・メッシの名前も出した。

「彼(C・ロナウド)のコメントこそ、メッシが常に彼の一歩前にいる理由だね」

全文はソース元で

引用元 : アイスランドがC・ロナウドに反論 「だからメッシが常に一歩前にいる」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

続きを読む

イニエスタが三たび“翼くん状態”に… スペイン紙がEUROチェコ戦で7人に囲まれる瞬間を激写! (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

イニエスタ、EUROでまた”キャプ翼”状態に!チェコ戦で7人に囲まれる

スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、三たび“翼くん状態”になった。現地時間13日の欧州選手権(EURO)グループリーグ初戦のチェコ戦終盤に殊勲の決勝アシストをマークしたが、7人もの相手に囲まれる写真をスペイン紙「マルカ」が掲載し、過去のイニエスタの写真と大人気サッカー漫画「キャプテン翼」と比較している。

薄氷の展開で勝ち点3を得たスペインだが、中盤に君臨するイニエスタは冷静にゲームをコントロールしきった。対戦相手のチェコも稀代のプレーメーカーに最大級の警戒を払ったが、同紙のカメラマンはこの一戦で決定的瞬間を収めたという。それはイニエスタがペナルティーエリア内に進入した際のこと。ラストパスを許したくないチェコ守備陣はMFトーマス・ロシツキーを含めた計7人でマークし、必死に阻止しようとした。同紙はこの状況に「イニエスタ、キャプテン翼を模倣する」とのタイトルを打った。  

キャプテン翼はスペインでも「オリベル&ベンジ」というタイトルで放映されていて、主人公の大空翼は「オリベル・アトム」という名前でプレー。サッカー少年の憧れとなっている。アニメの有名なワンシーンでは、オリベルこと翼が相手チームのマーカー7人に囲まれるものがあり、チェコ戦のイニエスタが置かれたシチュエーションと似たような状況だった。

そんな「キャプ翼」状態を、イニエスタは過去にも経験している。前回のEURO2012では、グループリーグ初戦のイタリア戦でDFジョルジョ・キエッリーニら5人もの相手マーカーに囲い込まれる写真が全世界に発信され、同第3戦のクロアチア戦でもMFルカ・モドリッチら6人に挟み込まれる写真が話題になった。つまり4年の時を経て、またしても似た構図の写真が撮影されたことになる。

全文はソース元で

引用元 : イニエスタが三たび“翼くん状態”に… スペイン紙がEUROチェコ戦で7人に囲まれる瞬間を激写! (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

続きを読む

香川、清武両選手が東北の子どもたちに笑顔を届ける (チケットぴあ) - Yahoo!ニュース


香川もドルトムントを退団!?「上のクラブへ行って活躍したい」清武と共に東北の子どもたちと触れ合う

香川真司選手と清武弘嗣選手が、『キリンカップサッカー2016』後の束の間のオフを利用して、東北を訪れた。エンターテインメントによって「心の復興支援」を目指す一般社団法人チームスマイルの「アンバサダー」として、被災地の子どもたちの夢の実現を後押しする『“わたしの夢”応援プロジェクト』第2・3弾に参加したのだ。香川選手は6月10日(金)に仙台PITにサプライズゲストとして登場し、仙台に加えて、中継で繋がったいわき、釜石の子どもたちとトークショーを展開。清武選手は6月11日(土)に磐城高校で、小学生へのサッカークリニックを行った。また両日実施された香川選手の専属トレーナー・谷田亮太氏のストレッチクリニックとともに、イベントは好評を博した。

子どもたちにサッカー上達のアドバイスを求められた両雄は以下のように答えた。

「毎日ボールに触れる。継続していくことが上達の近道。(ボールを)止めて・蹴るという基本練習が大事」(香川選手)
「純粋にサッカーを楽しんでもらえれば。あまり深く考えずに、サッカーを楽しむことが一番」(清武選手)

来季に向けて、意気込みも語った。

香川選手は「来季は『ブンデス』、『チャンピオンズリーグ』でどれだけ結果を残せるか。(9月に始まるW杯)最終予選でもしっかり結果を出す」と誓った。続いて「まだまだ満足していないし、もっともっとできると信じている。もっともっと上の選手になり、上のクラブへ行って活躍したいと思っている」と先を見据えた。

サッカークリニック前日に、スペイン・セビージャへの移籍が基本合意に達したと報道された清武選手は「(リーガは)2年後の『W杯』を意識したら最高の舞台。(移籍の決め手は)『CL』に出られること。(香川)真司くん、オカちゃん(岡崎慎司選手)と『CL』を盛り上げていきたい」と前を向く。さらに「空いているなら10番をつけたい。背番号は自分を象徴するもの。(目指す数字は)10・10(10ゴール10アシスト)。Jリーグでもドイツでも、プロになってから目指す数字は変わらない」と具体的な目標を口にした。

全文はソース元で

引用元 : 香川、清武両選手が東北の子どもたちに笑顔を届ける (チケットぴあ) - Yahoo!ニュース

続きを読む

宇佐美、アウクスブルク行きが濃厚に? 現地メディアが報道 (GOAL) - Yahoo!ニュース


宇佐美は海外移籍で決定か!?独紙がアウクスブルクが正式オファーと報道

J1ガンバ大阪に所属する日本代表FW宇佐美貴史はブンデスリーガ再挑戦に向かっているのだろうか。これまで、ドイツでは宇佐美に関する情報は日本メディアの情報として取り上げられてきた。だが、14日付のドイツ『キッカー』による記事では自ら得た情報として伝えられている。

『キッカー』によると、アウクスブルクが宇佐美の移籍先有力候補に躍り出たという。2011年から2013年にかけて2シーズンをバイエルン・ミュンヘンとホッフェンハイムで過ごした日本代表FWのアウクスブルク入りが、具体的に進んでいると報じられている。 しかし、どうやら宇佐美に興味を抱いているのはアウクスブルクだけではなさそうだ。

『キッカー』では、ドイツ他クラブやオランダからも関心が示されているため、アウクスブルク移籍の取引は成立していないと強調されている。それでも、正式な獲得オファーを届けているのは現時点ではアウクスブルクのみで、移籍に現実味が帯びている状況だとされている。

全文はソース元で

引用元 : 宇佐美、アウクスブルク行きが濃厚に? 現地メディアが報道 (GOAL) - Yahoo!ニュース

続きを読む

ミラン残留か移籍か…去就不透明の本田にイングランドの2クラブが関心 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース



no title


ミランに所属する日本代表FW本田圭佑に対して、プレミアリーグの2クラブが関心を持っている。イギリス紙『エクスプレス』が11日に報じた。  

報道によると、本田に関心を示しているのはトッテナムとウェストハム。両クラブは同選手を本田を獲得できるかどうか検討する段階に入っている模様だ。イタリアメディア『Sky』によれば、本田は「自分の去就がどうなるのか、現段階で言うことはできないです」と話しており、去就が不透明となっている。

全文はソース元で

引用元 : ミラン残留か移籍か…去就不透明の本田にイングランドの2クラブが関心 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

続きを読む

長谷部、フランクフルトと1年間の契約延長「チームに貢献したい」 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース


長谷部誠、フランクフルトとの1年間の契約延長を発表!在籍3年目へ

フランクフルトが日本代表MF長谷部誠との契約を1年間延長したことを同クラブ公式HPを通じて発表した。  

同サイトによると、フランクフルトは今月末で契約が満了となる長谷部との契約を、2017年6月30日まで1年間延長した。  

契約延長に際して長谷部は、「僕はフランクフルトでの生活をとても快適に感じているので、契約延長となってとても嬉しいです。過去2年、僕はフランクフルトで多くの経験をしました。今は、新しいシーズンでの目標を達成できるように、チームに貢献したい気持ちです」とコメントを残した。

全文はソース元で

引用元 : 長谷部、フランクフルトと1年間の契約延長「チームに貢献したい」 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

続きを読む

ドルトムントに大打撃! 香川の相棒ロイスが全治6カ月の重傷と判明、年内復帰は絶望か (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


ロイス、全治6ヶ月の重症で今年が終了!香川の肩にドルトムントの未来が

EUROメンバーも落選した“悲劇の天才” 独紙が内転筋の腱断裂と報じる 負傷により欧州選手権(EURO)のメンバー登録から漏れたドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイスは内転筋の腱断裂による重傷であることが判明。6カ月の長期離脱も予測されるなど、ドルトムントに大打撃となっている。独紙「ビルト」が報じた。

ロイスは5月21日に行われたバイエルン・ミュンヘンとのDFBポカール決勝で負傷。EUROまでの回復が見込めず、ヨアヒム・レーブ監督は苦渋の決断の末にロイスをメンバー外とした。14年ブラジル・ワールドカップでも負傷の影響で落選となっていた27歳は、ドルトムントで今季まで同僚だったMFイルカイ・ギュンドアンとともに無念のメジャートーナメント連続欠場となった。  

そのロイスの苦難は長期化しそうだ。負傷は内転筋の腱断裂という重傷で、ケルンスポーツ大学のインゴ・フロブーゼ教授によれば、通常これだけの負傷の場合は「休養期間は6カ月が現実的」とのこと。ロイスは来季の開幕はおろか、2016年中の復帰も困難な状況だという。

彼らの放出に加えて残留確実と見られるロイスが長期離脱となれば、来季は今季とまるで異なったチームでの始動が求められる。2年目を迎えるトーマス・トゥヘル体制のチーム、そしてロイスらと好連携を見せてきた日本代表MF香川真司にとっても、厳しいシーズンの幕開けとなりそうだ。

全文はソース元で

引用元 : ドルトムントに大打撃! 香川の相棒ロイスが全治6カ月の重傷と判明、年内復帰は絶望か (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

続きを読む
banner

このページのトップヘ